怒涛の2週間でした。
長崎プロジェクト→ジャパンフレネフェスティバル→野沢温泉スキー場!

● 1日目(3月11日)

新幹線に乗車した途端に、「新幹線の切符がないよ・・・」と、約2名・・・。
いくら探してもない。
車掌さんに訳を話すと、「降車駅の駅員次第ですかねえ・・・」

半ばあきらめていると、「あった~!」
弁当を捨てたビニール袋の中にありました。
何で?Why?

P3112535_R.JPG
この袋の中に・・・。

野沢温泉スキー場、低い所は雨。1500m以上の地点は、雪混じりの強風!

P3112536_R.JPG
P3112537_R.JPG
P3112538.JPG










29年通っている野沢ビューホテル♪
さあ!着替えてスキー場へ!

P3112539_R.JPG
P3112540_R.JPG
P3112541_R.JPG










こんな感じ・・・。
お子様は、スキースクールへ(^^♪

P3112542_R.JPG
P3112543_R.JPG
人がいない!
空いている!

P3112544_R.JPG
P3112545_R.JPG
P3112546_R.JPG










最近、外国人が多い野沢温泉スキー場、夕食はぼくらの他に老外国人夫婦のみ。
外国人のほとんどは、夕食を外で取ります。

P3112547_R.JPG
亮輔差し入れ、いなばの白うさぎ饅頭(^^♪
外国人老夫婦にも差し入れ。

● 二日目(3月12日)

昨日とうってかわって、快晴無風!
絶好のスキー日和です。

P3122550_R.JPG
P3122549_R.JPG
P3122552_R.JPG










ゴンドラリフトで上ノ平パラダイスゲレンデへ(^^♪

P3122555_R.JPG
P3122556_R.JPG
P3122557_R.JPG










P3122558_R.JPG
スキーでは、やっぱりこれですね(^^♪

P3122559_R.JPG
P3122560_R.JPG
それにしても、体力がなくなったことを痛切に感じる。
午前中は、かなり滑れるのだが、午後は足が動かず、スキー板をさばき切れない・・・。

ちいぼうに見守られながら、林間コースを滑りました。





 三日目(3月13日)

各自、自由行動。
お土産を買ったり、外湯につかったり・・・。
滑ったのは、OBドラゴンのみ・・・。

P3132561_R.JPG
P3132562_R.JPG

これにて、2018年度は終了!
みなさん、疲れたお顔(笑)

楽しい春休みを(^^♪
ジャパンフレネ、気がつけば、20年も経ってしまった・・・。

26歳で教員になり、公立小学校3年・明星学園小中学校6年・自由の森学園中高等学校14年・フリースクールジャパンフレネ20年・・・。転がる石のように、動いてから考えることの連続。

しかし、感慨はあまりない。未来を見つめて行動あるのみ・・・。

● ジャパンフレネフェスティバル、スタート!

たった五日間の練習と準備だったけれど、何とか形にしたね♪

P3082496_R.JPG
長崎プロジェクト、『長崎のジャガイモ』の発表!京子ちゃん♪

P3082497_R.JPG


発表を真剣に見ています。







大きな袋を肩に下げ(^^♪
『いなばの白うさぎ』の始まり!

P3092507_R.JPG
実は黒うさぎが皮をむかれ、赤裸になり、ガマの穂をつけて白くなりました。白うさぎと見えたのは、ウサギ型の宇宙人だったというパロディーなんです。

P3092508_R.JPG
皮をむかれる黒うさぎ・・・。

オオナムヂ(大国主)は、双子だったという設定。


P3092509_R.JPG










P3092512_R.JPG
P3092513_R.JPG
P3092515_R.JPG










P3092517_R.JPG
みんな、頑張ったね(^^♪


ゲストは、OB亮輔と夏太郎ママ(^^♪ めでたく終了15分!
それにしても、OBドラゴンにカメラマンをお願いしたのだけれど、写真が全然ない。
これで20周年記念かよ!(笑)

 1ファミリー1芸 大パーティー!

フェスティバル終了後は、恒例一人一品持ち寄りパーティー(^^♪

P3092518_R.JPG
P3092519_R.JPG
P3092520_R.JPG










参加者40名以上!
こんなにたくさん、フレネスペースによく入ったものだ!

P3092523_R.JPG
P3092522_R.JPG
P3092524_R.JPG










あれも食べたい!これも食べたい!
これこれ、イクラばっかり取らないでね(笑)

P3092525_R.JPG
P3092526_R.JPG
P3092528_R.JPG










夏太郎ママの手拍子ゲームの後は、広和とあやなのアクロバット対決!

P3092530_R.JPG
P3092531_R.JPG
P3092532_R.JPG










りんちゃんのチェロ      そらと麻衣子ママのウクレレ 太一のクイズ 左は女の子(笑)

この他、たくさんの出し物があったのに、写真がない!

P3092534_R.JPG
最後は亮輔制作の映画『勝沼の大冒険』!
ワロタ!
大盛り上がり、あっという間の20年でした。

長崎プロジェクトから帰り、代休を1日だけ取り、後は3月9日(土)のフェスティバルの準備。
今年は、フレネ20周年という節目だけれど、何のアニバーサリー的行事もなし・・・。
ただ、前を見るのみ、じっと手を見る・・・。

● 長崎プロジェクトのお土産

カステラをどっかに忘れてきたと言っていたヒロカズ。
じつは、整理した時、金太郎のリュックに紛れ込んでいました♪
良かったね♪
「みんなで食べようか?」
一瞬考えたけれど、「ママに買ってきたから、持って帰るよ」
やっぱり、パパよりママ?(笑)

P2262419_R.JPG
長崎名物、カステラ!美味しい!

これもお土産です。石炭もあるよ!

P2262418_R.JPG
P2262426_R.JPG










● フェスティバルで何をやりたいか?何をやるか?

何で長崎に行ったのか?を確認してから、フェスティバルの内容を決める。

P2262415_R.JPG
26聖人記念館でもいただいた『焼き場の少年』の写真を読むことから、長崎プロジェクトがスタートした。

「プロジェクトの発表できる?」
「みんなで感想を言えば」
「私、ジャガイモの発表をします」
「鍵盤ハーモニカやります」
「群読は、新しいものにチャレンジしようね」


P2262428_R.JPG
P2262431_R.JPG










P2262430_R.JPG
P2262433_R.JPG
P2272436_R.JPG










こんな風にあれこれ決まっていきましたが、とにもかくにも時間がない!実質5日間!
忙しすぎて、劇の脚本もできていない!

● 練習あるのみ・・・

P2282467_R.JPG
劇は『いなばの白うさぎ』のパロディー!
がんばって、書きました♪木幡、偉い!
早速、台本読みです。
練習!練習!また練習!

P3162563.JPG
P3042472_R.JPG










● 合間の科学実験

練習の合間に科学実験。憩いのひとときです♪

P2282447_R.JPG
P2282458_R.JPG
P2282456_R.JPG










空気と圧力の実験に大笑い(^^♪

● そして、また練習!残り5日間

合唱・群読・劇、レポート発表の数々に展示・・・。

P3052477_R.JPG
P3052479_R.JPG
P3062487_R.JPG










谷川俊太郎の作品を読む    いきなり立ちげいこ      合唱の指導もせにゃならぬ

P3052483_R.JPG
P3062488_R.JPG
P3062489_R.JPG










閘門式運河の模型作り!フレネはアトリエだ!道具は何でもある♪ 展示作品も協力して(^^♪

P3162564_R.JPG
京子ちゃんのジャガイモレポート第一稿!完成!

P3082496_R.JPG
P3082495_R.JPG
P3082497_R.JPG










最後の練習です。
短時間でみんな頑張ったね♪
2月21日(木)~24日(木)まで行われた長崎プロジェクト・・・。
帰京後のジャパンフレネフェスティバルの準備のため、報告が遅れてしまいました。
明日からは、ミニ飛ぶ教室in野沢温泉スキー場・・・。
ここに一気にアップします。

● まず、おさらい

なんで長崎に行くことになったのか?

P9200106_R.JPG
P9200105_R.JPG
写真集『トランクの中の日本』にある写真・・・。直立不動の少年、いつ・どこで・誰が・何を・どうしたか・・・。写真を読む授業。長崎原爆直後、弟を背負って焼き場に立つ少年。

ここから、長崎行きが決定!


PB151185_R.JPG
そして、ムンクの絵から絵本作家長谷川集平さんにつながる・・・。
バックキャスティング的授業に発展!

P2212236_R.JPG
P2212238_R.JPG













そんなこんなで、長崎へ!この間の詳細は、ブログ『お~い仲間たち』をご覧ください。

● 第1日目(21日) 長谷川集平さんとの交流

『長谷川君きらいや』からスタートし、長谷川集平さんの絵本の読み聞かせを何冊やったろう?
あれも訊きたい、これも訊きたい・・・。
ずうずうしくも長谷川さんのお宅を大人数で訪問♪
長谷川さんにお会いできて、みんな大感激!

P2212247_R.JPG
P2212260_R.JPG
P2212248_R.JPG










「作品の中のテレビから流れてくるのは、どうして音楽なんですか?」
「絵本の中のトリゴラスは災害の象徴ですか?」
「長谷川君きらいやの長谷川君は、長谷川さん自身ですか?」
「映画を観る場面で観客が無表情なのは、何故ですか?」
「どうして絵本作家になったのですか?」

いろんな質問に丁寧に答えてくれる長谷川さんでした。

P2212259_R.JPG
P2212257_R.JPG
P2212254_R.JPG










あっという間の1時間(^^♪

P2212268_R.JPG
P2212271_R.JPG
P2212270_R.JPG










特別大サービスで歌まで歌ってくれた長谷川さんでした♪♪♪

P2212273_R.JPG
P2212276_R.JPG
P2212278_R.JPG










そして、新地中華街京華園でお食事会!

P2212280_R.JPG
P2212283_R.JPG
P2212285_R.JPG










これでもか!と、出てくるお料理の数々・・・。
余りはドラゴンが持ち帰り、三日間、ホテルで中華三昧(笑)

P2212288_R.JPG
P2212287_R.JPG
P2212289_R.JPG










長谷川さん、ありがとうございました(^^♪

P2212291_R.JPG
P2212293_R.JPG
P2212292_R.JPG










宿泊は、ルークプラザホテル。お部屋広々、いいホテル♪

● 第2日目(22日) 馬鈴薯研究室→原城跡

マイクロバスをチャーターして、雲仙市にある馬鈴薯研究室&南島原市の有馬切支丹・原城跡へ!

P2222295_R.JPG
P2222297_R.JPG
P2222296_R.JPG










朝食はバイキング。ぼくらのために、一部屋用意してくれました!

P2222311_R.JPG
P2222301_R.JPG
P2222302_R.JPG










P2222303_R.JPG
何と!長崎のジャガイモをふかして待っていてくれました!

P2222304_R.JPG
P2222306_R.JPG
P2222305_R.JPG










美味しい!美味しい!完食!

P2222309_R.JPG
P2222307_R.JPG
P2222310_R.JPG










室長茶屋さんの説明が秀逸!
「ジャガイモが病気になった時の対処法は?」
「なんで、黒いビニールシートをかけているんですか?」
「長崎に最初に入ってきたんだ!」

驚きや美味しさ、そして遺伝子操作の質問。
30分の予定が1時間以上も楽しみました。
5歳たまちゃんも手を挙げて、「じゃがいも美味しかった♪」

とってもいい時間を過ごしたね♪
詳細は、京子ちゃんのレポートを後日アップ!

P2222312_R.JPG
P2222314_R.JPG
P2222313_R.JPG










原城跡近くに1軒だけあるお店でランチ。
これで1080円!
美味しかった(^^♪

P2222316_R.JPG
P2222319_R.JPG
P2222322_R.JPG










島原の乱で有名な天草四郎時貞の居城・原城。
海に臨み、陸からも海からも攻められる。
城壁からは、処刑されたキリシタンの人骨が・・・。
傘をさして立っているところが、天草四郎時貞臨み陣地跡・・・。

P2222324_R.JPG
あいにくの雨でしたが、来て良かったね!
このあと、有馬キリシタン遺産記念館にも・・・。
島原は、キリシタンの虐殺により、以後ほとんどが移住してきた人たちだそうです・・・。

P2222327_R.JPG
三日目のボランティア活動をして下さる長崎純心大学の皆さん。
打ち合わせと交流会♪

● 第3日目(23日) 長崎街歩き

この日は、長崎純心大学のお姉さん7名についていただき、長崎市内の街歩き。
長崎原爆資料館で待ち合わせし、爆心地や浦上天主堂、そして城山小学校などを午前中に回る。
午後は、それぞれグループ活動。

P2232331_R.JPG
P2232336_R.JPG
P2232338_R.JPG










原爆投下時間で止まっている時計。
塀に移る木の葉の影。
溶けたガラス瓶。

P2232343_R.JPG
P2232344_R.JPG

爆心地・・・。
この上空500メートルで原爆が・・・。
平和の像は、修復中でした。






P2232345_R.JPG
P2232350_R.JPG
P2232357_R.JPG










長崎のチンチン電車は、結構便利。
お姉さんたちとランチしていたら、なんと広和ママが!びっくりの遭遇!!!!
軍艦島デジタルミュージアム。

P2232359_R.JPG
P2232364_R.JPG
P2232371_R.JPG










大浦天主堂、グラバー園などを回る。

P2232375_R.JPG
P2232376_R.JPG
P2232378_R.JPG










出島は完璧に埋め立てられていました・・・。

P2232381_R.JPG
お世話になった大学生のお姉さんたち(^^♪
ありがとうございました!

P2232383_R.JPG
長崎駅前、全員集合!

P2232386_R.JPG
P2232391_R.JPG
P2232389_R.JPG










長谷川集平さん宅でワークショップの打ち合わせ♪
鴨鍋・ワカメシャブ・桜豆ごはん、大変美味しゅうございました!

● 第4日目(24日) 軍艦島へ!

大多数が希望した軍艦島へ!
フレネで授業した時に驚いたのは、軍艦島が浮いていると言う子が多数いたこと・・・。
石炭の歴史を考え、戦後日本の動向も探った。

ぼくたちが軍艦島に行くことを知った教え子Yちゃんが連絡をくれた。
「私の母、三年間ほど軍艦島にいたの。一戸建てに住んでいたんだって」

P2242392_R.JPG
そのことを軍艦島出身のガイドさんに話したところ・・・。
「えっ!本当ですか!一戸建ては軍艦島に一つしかないんですよ。住んでいるのは、軍艦島で一番偉い人、炭鉱長です」

びっくり!
その話をYちゃんにしたら、「おばあちゃんがね、『おじいちゃんは、こうちょうだったんだよ』って言うから、学校の校長だとおもっていた」んだって。鉱長だったんだね!


P2242398_R.JPG
P2242395_R.JPG
P2242396_R.JPG










長崎港から45分。海が凪いでいたので、上陸できた。
岸壁で釣りをしている人がいる。
岸壁は長崎県の管轄。島の中は長崎市の管轄。漁業権を持っている人は、岸壁まではOK。
初めて知りました。

P2242399_R.JPG
P2242400_R.JPG
P2242404_R.JPG










大正時代、日本初の高層コンクリートアパートがここに建てられた。
人口密度は世界一。
いち早い電化生活。
それが石炭から石油のエネルギー変革により、あっという間に廃墟に・・・。
空恐ろしさを感じる島だ・・・。

P2242406_R.JPG
P2242401_R.JPG
P2242402_R.JPG










P2242394_R.JPG
さらば、軍艦島・・・。

P2242408_R.JPG
P2242412_R.JPG
P2242411_R.JPG










最後は26聖人記念館。
殉教した26人のキリスト教信者。
いい旅でした!
バックキャスティングする授業♪
また来よう!
長崎!懐かしい未来を感じる街・・・。

P2242407_R.JPG
東京では見かけないカツカレー南蛮!

● まずは復習です

何で、長崎に行くことになったのかを確認。
そもそものスタートは、写真集『トランクの中の日本』を読むことから・・・。
これに『ムンクの授業』がドッキングし、長崎に行くことになった。

プロジェクトは、『長崎のジャガイモ』&『隠れキリシタン』
馬鈴薯研究室経由、有馬キリシタン遺産記念館、そして天草四郎時貞が立てこもった原城跡に・・・。

絵本作家の長谷川集平さんとの交流も(^^♪

P2182216_R.JPG
P2182226_R.JPG
P2192230_R.JPG










『トランクの中の日本』を再チェック!
りんちゃんは、隠れキリシタン関係のマンガを持ってきてくれました。

● 絵本を見てね♪

「長谷川集平さんとの交流会でみんながリクエストしたことで、いくつかお断りの連絡が来たんだよ」
「えっ!何だろう?」
「絵本の原画を見てみたいってお願いしたけれど、原画は誰にも見せないんだって」

「どうして?」
「考えてごらん」
「絵本作家だから?」

P2192231_R.JPG
「わかった!」と、広和。

「絵本作家だから、絵本をたくさんの人に見てもらいたいんだ!」

広和は、一部の人に見てもらうのではなく、たくさんの人に絵本として見てもらいたいってことを強調していた。
この考えって、すごいなあと思う。
「でも、原画を見られないのは、残念だなあ・・・」とも・・・。


● 『夏のおわり』

「みんな、ごっこ遊びってやったことあるよね?」
「鬼ごっこ!」
「誰が一番木になれるかごっこ!」
「なんだ、それ?」(爆笑)

P2192265_R.JPG
みんなが出したごっこ遊び・・・。

「長崎に行く前、長谷川さん最後の絵本だよ。これ、何ごっこをやっているか、あててね」

P2192247_R.JPG

ブーン ブーン ブーン

「あ!飛行機ごっこだ!」






P2192248_R.JPG
「あれ?この絵の描き方、変じゃない?」
「視点が違う・・・」

P2192250_R.JPG
「あれ?戦争の話?」

P2192251_R.JPG









                         そして、子ども達が戦争ごっこ・・・。

P2192252_R.JPG
P2192236_R.JPG
P2192253_R.JPG










B29の下にもぐりこんだ!
はよ、げきついされろよ。
「どうなると思う?」
「反撃される!」
「やっぱり!」

今まで、弱かった子がどうして反撃?
そして、ダダッ ダダッ ダダッと言いながら帰っていく・・・。
どうして、タイトルが『夏の終わりなの?』

かなり、レベルが高く、奥深い作品です・・・。

● 軍艦島って、浮いているの?

「おれ、ずっと不思議だと思っていたんだけれど、軍艦島ってどうして浮いているの?」
そんな疑問が子ども達の中から出てくる。 
訊いてみると、約半数が浮いていると言う・・・。
  
「浮いているわけないじゃん!」
「島だよ」
「イカリで動かないようにしているんじゃないの?」

P2192256_R.JPGP2192261_R.JPGP2192257_R.JPG










そもそも、軍艦みたいに浮かんでいるんじゃなく、もともとあった島を埋め立てた。
それが軍艦みたいに見えるってこと?
場所も確認。何でこんな島に人が住んでいるのかな?
何か意味があるんだね。
それを考えるためには、武士の発生からスタートしなければならない。

武士の発生→江戸幕府の崩壊と明治政府→富国強兵のために、産業・教育・軍隊・・・。
石炭が算出する島、そしてエネルギー革命による斜陽・・・。

P2192260_R.JPGP2192244_R.JPGP2192245_R.JPG










日本初の鉄筋高層アパート、人口密度日本一、いち早く電化生活・・・。悲惨な歴史も・・・。
明治→戦前→高度経済成長→廃墟・・・。小さい子も真剣に考えていた。
世界遺産となった軍艦島・・・。最終日の自由行動、総勢10名で見学してきます。

P2192234_R.JPG
2月21日(木)~24日(日)
長崎プロジェクトで、長崎に行ってきます!
● 時間短縮!リフトで・・・

10時京王線高尾山口集合!
約2名、9:30、文京区を出たとの連絡あり。
高尾山口駅の隣にある温泉にも入るので、中腹までリフトを使うことに・・・。

P2152191_R.JPG
P2152192_R.JPG
P2152193_R.JPG










リフトに乗って、中腹まで(^^♪   これから1時間歩くぞ!   タコの足みたいな根の蛸杉

● 中宮→奥の院→山頂

都心では、雪がちらついているというけれど、高尾山は晴れている。
しかも風が無くて♪

P2152197_R.JPG
P2152200_R.JPG
P2152201_R.JPG










それにしても、空いている!輪くぐりして、幸せを祈り、ゆっくり頂上を目指します。
土日は、行列ができるお山だけれど、平日は人が少なくていいね♪

P2152202_R.JPG
でも、手洗い場は、凍り付いています!

P2152203_R.JPG
ほら!山頂もガラガラ♪
いい天気!

● さあ!温泉だ!

早目のお昼を取って、温泉に行こう!

P2152205_R.JPG
P2152207_R.JPG
P2152209_R.JPG










背中を押してもらって下山していたら・・・。
何と!遅れてきた龍ちゃん&ママに遭遇(^^♪
奇遇ですね(笑)

P2152210_R.JPG
P2152212_R.JPG
P2152211_R.JPG










「お団子、食べたいよ~!」
ご馳走してあげたら、1本350円!
大散財(笑)

P2152213_R.JPG
P2152214_R.JPG
温泉もガラガラ!
これにて、今年度のお散歩の授業は、お終いです♪♪♪


● 時間短縮!リフトで・・・

10時京王線高尾山口集合!
約2名、9:30、文京区を出たとの連絡あり。
高尾山口駅の隣にある温泉にも入るので、中腹までリフトを使うことに・・・。

P2152191_R.JPG
P2152192_R.JPG
P2152193_R.JPG










リフトに乗って、中腹まで(^^♪   これから1時間歩くぞ!   タコの足みたいな根の蛸杉

● 中宮→奥の院→山頂

都心では、雪がちらついているというけれど、高尾山は晴れている。
しかも風が無くて♪

P2152197_R.JPG
P2152200_R.JPG
P2152201_R.JPG










それにしても、空いている!輪くぐりして、幸せを祈り、ゆっくり頂上を目指します。
土日は、行列ができるお山だけれど、平日は人が少なくていいね♪

P2152202_R.JPG
でも、手洗い場は、凍り付いています!

P2152203_R.JPG
ほら!山頂もガラガラ♪
いい天気!

● さあ!温泉だ!

早目のお昼を取って、温泉に行こう!

P2152205_R.JPG
P2152207_R.JPG
P2152209_R.JPG










背中を押してもらって下山していたら・・・。
何と!遅れてきた龍ちゃん&ママに遭遇(^^♪
奇遇ですね(笑)

P2152210_R.JPG
P2152212_R.JPG
P2152211_R.JPG










「お団子、食べたいよ~!」
ご馳走してあげたら、1本350円!
大散財(笑)

P2152213_R.JPG
P2152214_R.JPG
温泉もガラガラ!
これにて、今年度のお散歩の授業は、お終いです♪♪♪


● 時間短縮!リフトで・・・

10時京王線高尾山口集合!
約2名、9:30、文京区を出たとの連絡あり。
高尾山口駅の隣にある温泉にも入るので、中腹までリフトを使うことに・・・。

P2152191_R.JPG
P2152192_R.JPG
P2152193_R.JPG










リフトに乗って、中腹まで(^^♪   これから1時間歩くぞ!   タコの足みたいな根の蛸杉

● 中宮→奥の院→山頂

都心では、雪がちらついているというけれど、高尾山は晴れている。
しかも風が無くて♪

P2152197_R.JPG
P2152200_R.JPG
P2152201_R.JPG










それにしても、空いている!輪くぐりして、幸せを祈り、ゆっくり頂上を目指します。
土日は、行列ができるお山だけれど、平日は人が少なくていいね♪

P2152202_R.JPG
でも、手洗い場は、凍り付いています!

P2152203_R.JPG
ほら!山頂もガラガラ♪
いい天気!

● さあ!温泉だ!

早目のお昼を取って、温泉に行こう!

P2152205_R.JPG
P2152207_R.JPG
P2152209_R.JPG










背中を押してもらって下山していたら・・・。
何と!遅れてきた龍ちゃん&ママに遭遇(^^♪
奇遇ですね(笑)

P2152210_R.JPG
P2152212_R.JPG
P2152211_R.JPG










「お団子、食べたいよ~!」
ご馳走してあげたら、1本350円!
大散財(笑)

P2152213_R.JPG
P2152214_R.JPG
温泉もガラガラ!
これにて、今年度のお散歩の授業は、お終いです♪♪♪


● 長崎プロジェクト

写真集『トランクの中の日本』 ジョー・オダネル(小学館)の中の写真、『焼き場の少年』を読む授業の発展で長崎に行くことになった。

『長崎のジャガイモ』、『隠れキリシタン』、『佐世保バーガー』の三つのプロジェクトができたが、『佐世保バーガー』は消滅。
長崎県農林技術開発センター馬鈴薯研究室(雲仙市)・原城跡&有馬キリシタン記念館(南島原市)・原爆関係史跡(長崎市)訪問、絵本作家長谷川集平さんとの交流(長崎市)など盛りだくさんの内容・・・。

それに関連した授業が続く。

● 宗教って・・・?

隠れキリシタン以前に、宗教ってなぜ生まれたかを考える。

「宗教ってね、絶対的な神がいてね・・・」
「神もいろいろいてね、お互い闘うの」

こんなイメージしか持っていないので、何で宗教が生まれてきたのかを考える。
すでに、結果的な伏線は授業として成立している。

※ 宗教の授業をするために伏線の授業をしたわけではない。
結果的にリゾームのようにつながっていく。
『昨日の夜、何を食べたか?』の授業で、気候と風土の違い→食生活の違い(米食と肉食)→言葉や思想の違い・・・になるということのイメージは授業化。

富めるものも貧しいものも、何らかの不安を抱え、心のよりどころを求めている。
物質や名誉、そして金銭などで満たされていることと、心の満たされ方は違う・・・。
そんな事例を出していく。

P2132163_R.JPG
P2132164_R.JPG
何故、ヨーロッパ人は海外進出を図ったのだろうか?
何故、キリスト教の布教に躍起になっていたのだろうか?

何故、織田信長はキリスト教を奨励したのだろうか?

何故、豊臣秀吉はキリスト教を弾圧したのだろうか?


謎と問いが次々と生まれる・・・。

「宗教の授業、ずっと前の内容も入っていて、楽しかったですよ♪」 by Kyouko

キリスト教の分裂、インカ帝国の滅亡、奴隷制とキリスト教・・・。
そして、アメイジンググレイスの作詞者ジョン・ニュートンは元奴隷商人・・・。
知れば知るほど、追及したくなってくる・・・。

● 『この計画はひみつです』
ジョナ・ウインター文 ジャネット・ウィンター絵 さくまゆみこ訳(すずき出版)

P2142175_R.JPG
「何の計画かな?」
「何で秘密なのかな?」

「この表紙の感じからいって、やばいことを計画してるんじゃない」
「なんか数式みたいのを書いている」
「あ!もしかして長崎プロジェクト関係・・・」
「原爆か!」
「原爆を作る相談をしているんだ」


「原爆って?」
「爆弾!」
「ウランとかプルトニウムに関係しているんだよ」

ありきたりの知識はいらない。
かなり危ないということをイメージし、いずれ本格的に学ぶきっかけが生まれればいい。

P2142176_R.JPG
P2142177_R.JPGP2142178_R.JPG










荒野の真っただ中の学校を強制収容し、原爆を作るための研究・・・。
そして、実験のためのカウントダウン・・・。

P2122142_R.JPG
P2122143_R.JPGP2122144_R.JPG










「なんで学校を使ったかわかったよ!」
「黒板もあるし、部屋もたくさんある」

P2122145_R.JPG
P2122147_R.JPG
P2122148_R.JPG





 




1年生も2年生も3年生も、4年生5年生6年生、そして中2も真剣!

P2142179_R.JPG
P2142180_R.JPG
P2122149_R.JPG










最後の2ページ・・・。ただ沈黙・・・。原爆のキノコ雲の次は、何もない世界・・・。
この絵本のあとがきを読むヒロカズ・・・。

中高生中心なら『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』 広瀬隆(文春)も取り上げたいところだ。

 最終兵器に至る道筋

P2122151_R.JPG

人は何故戦争するのだろう・・・。
冨とその配分・・・。

武器の歴史も考えてみる。

「石やりや剣が最初だよ」
「違うよ。棒だよ」
殺傷能力の高い武器、大量殺戮が可能な武器・・・。

キリスト教と鉄砲の伝来・・・。
原爆を持っているのに使わないのは何故か?

P2122150_R.JPG
長崎県のシンキングマップを再度作ってみた。
格段にレベルが上がっているのが、よくわかる!

ファラデーへの道・・・

 気体の重さ、そして気体は燃えるか?

久し振りの科学実験教室。
本日は、気体のことについてのあれこれ実験by阿部昌浩(麻布科学実験教室室長)♪

「気体ってわかるかな?」
気体・液体・固体の違いを確認してから、空気に含まれている気体、酸素・窒素・水素・二酸化炭素・・・などの比を・・・。

P2072110_R.JPG
P2072111_R.JPG
P2072112_R.JPG










それぞれ5リットル入っている各種ボンベです。
え~!5リットルも!

 簡単に重さを量るには?

P2072113_R.JPG
P2072115_R.JPG
P2072118_R.JPG










各種気体缶のガスのノズルにシャボン液をつけて噴射してみる。
シャボン液の重さはあるものの、すっと下に落ちるガスと場合によっては浮き上がる場合がある。

P2072120_R.JPG
P2072121_R.JPG
P2072122_R.JPG










それぞれ、実際にやってみて実感する。

P2072123_R.JPGP2072126_R.JPG
P2072125_R.JPG










水風船にガス注入!
「浮いた!浮いた!」
水素とヘリウムが浮きました♪♪

● 気体は燃えるか?

「燃えるためには、何が必要かな?」
燃えるもの・熱・酸素・・・。
これは、以前『爆発』の授業で確認済み。

「酸素は燃えるよ!」
燃えるか?燃えないか?これもシャボン玉でやってみる。

P2072127_R.JPG
P2072128_R.JPG
P2072129_R.JPG










子ども達、酸素は燃えると言っていた。
酸素は燃えると思ったら、ちょっと青白くなるだけ。
そして、水素は燃えるように見える。炎が立った。
実は、酸素も水素も燃えない。
酸素自体は燃えず、水素は酸素にくっつくと燃える。
ここが難しい。イメージになるようにうまく説明できない。
木星に水素があるが、燃えないのは酸素がないから?
酸素には助燃性があることと酸素が燃えることは別物ということ、どうすればイメージになるのだろう?H2+0=H20 なんて高校で習っても、何にもわかっちゃいない・・・。

最後にシャボン玉の中に水素と酸素を入れ、それに火をつけると・・・。
ぱーん!
「ビックリした~!」

いったい、これを学校では、どう授業化しているのだろうか?
基本的にものが燃えるということは、どういうことなのか?
現実的に考えると、火のない所にどうして山火事が起きるのか?
古代人は、どのようにして火を起こしたのか?

体系的に物事をとらえ、それをフォアキャスティングしていく方法・・・。
現実からスタートし、バックキャスティング的に最終目標を設定し、そのための具体的な解決方法を考える方法・・・。

この歳にして、思うことが多い・・・。

 ファラデーへの道

今日の科学実験教室を見学していて、もう50年以上前に読んだ、ファラデーの『ロウソクの科学』を思い出した。たまたま、『ロウソクの科学』の授業を考えていたので、学習発表会で『燃焼』の授業をやってみようと思った。

P2072138_R.JPG
P2072139_R.JPG
P2072140_R.JPG










● 実験後のトラブル

「あやちゃんの風船を取って、返してくれない」
実験で作ったヘリウムガスの風船が取られたと、あやのが泣きながらやって来る。

「だって、浮かんでいた風船を俺が取ったから俺のもの!」
「それ違うんじゃないの?」
早速、ミーティング。

P2072131_R.JPG
「あやなちゃんの風船、同意を得ないで取るのはおかしいと思います」
京ちゃんの強烈な一発が出ても、めげずに「俺が取ったから、俺のもの!」

「じゃあ、前の弁当屋さんの天ぷら、置いてあったのを取ったら、俺のもの?」
「天ぷらと風船は違う!俺は、天ぷらを取ったわけじゃない!」
「たとえ話がわかっていないんじゃないの?」と、子ども達・・・。

しぶしぶ風船を返していたが、わかっていない?

 エイドリアンイングリッシュ(^^♪

P2072134_R.JPG
P2072135_R.JPG
P2072137_R.JPG










二週間ぶりの英語、楽しみました♪

HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ