● 長崎プロジェクト

写真集『トランクの中の日本』 ジョー・オダネル(小学館)の中の写真、『焼き場の少年』を読む授業の発展で長崎に行くことになった。

『長崎のジャガイモ』、『隠れキリシタン』、『佐世保バーガー』の三つのプロジェクトができたが、『佐世保バーガー』は消滅。
長崎県農林技術開発センター馬鈴薯研究室(雲仙市)・原城跡&有馬キリシタン記念館(南島原市)・原爆関係史跡(長崎市)訪問、絵本作家長谷川集平さんとの交流(長崎市)など盛りだくさんの内容・・・。

それに関連した授業が続く。

● 宗教って・・・?

隠れキリシタン以前に、宗教ってなぜ生まれたかを考える。

「宗教ってね、絶対的な神がいてね・・・」
「神もいろいろいてね、お互い闘うの」

こんなイメージしか持っていないので、何で宗教が生まれてきたのかを考える。
すでに、結果的な伏線は授業として成立している。

※ 宗教の授業をするために伏線の授業をしたわけではない。
結果的にリゾームのようにつながっていく。
『昨日の夜、何を食べたか?』の授業で、気候と風土の違い→食生活の違い(米食と肉食)→言葉や思想の違い・・・になるということのイメージは授業化。

富めるものも貧しいものも、何らかの不安を抱え、心のよりどころを求めている。
物質や名誉、そして金銭などで満たされていることと、心の満たされ方は違う・・・。
そんな事例を出していく。

P2132163_R.JPG
P2132164_R.JPG
何故、ヨーロッパ人は海外進出を図ったのだろうか?
何故、キリスト教の布教に躍起になっていたのだろうか?

何故、織田信長はキリスト教を奨励したのだろうか?

何故、豊臣秀吉はキリスト教を弾圧したのだろうか?


謎と問いが次々と生まれる・・・。

「宗教の授業、ずっと前の内容も入っていて、楽しかったですよ♪」 by Kyouko

キリスト教の分裂、インカ帝国の滅亡、奴隷制とキリスト教・・・。
そして、アメイジンググレイスの作詞者ジョン・ニュートンは元奴隷商人・・・。
知れば知るほど、追及したくなってくる・・・。

● 『この計画はひみつです』
ジョナ・ウインター文 ジャネット・ウィンター絵 さくまゆみこ訳(すずき出版)

P2142175_R.JPG
「何の計画かな?」
「何で秘密なのかな?」

「この表紙の感じからいって、やばいことを計画してるんじゃない」
「なんか数式みたいのを書いている」
「あ!もしかして長崎プロジェクト関係・・・」
「原爆か!」
「原爆を作る相談をしているんだ」


「原爆って?」
「爆弾!」
「ウランとかプルトニウムに関係しているんだよ」

ありきたりの知識はいらない。
かなり危ないということをイメージし、いずれ本格的に学ぶきっかけが生まれればいい。

P2142176_R.JPG
P2142177_R.JPGP2142178_R.JPG










荒野の真っただ中の学校を強制収容し、原爆を作るための研究・・・。
そして、実験のためのカウントダウン・・・。

P2122142_R.JPG
P2122143_R.JPGP2122144_R.JPG










「なんで学校を使ったかわかったよ!」
「黒板もあるし、部屋もたくさんある」

P2122145_R.JPG
P2122147_R.JPG
P2122148_R.JPG





 




1年生も2年生も3年生も、4年生5年生6年生、そして中2も真剣!

P2142179_R.JPG
P2142180_R.JPG
P2122149_R.JPG










最後の2ページ・・・。ただ沈黙・・・。原爆のキノコ雲の次は、何もない世界・・・。
この絵本のあとがきを読むヒロカズ・・・。

中高生中心なら『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』 広瀬隆(文春)も取り上げたいところだ。

 最終兵器に至る道筋

P2122151_R.JPG

人は何故戦争するのだろう・・・。
冨とその配分・・・。

武器の歴史も考えてみる。

「石やりや剣が最初だよ」
「違うよ。棒だよ」
殺傷能力の高い武器、大量殺戮が可能な武器・・・。

キリスト教と鉄砲の伝来・・・。
原爆を持っているのに使わないのは何故か?

P2122150_R.JPG
長崎県のシンキングマップを再度作ってみた。
格段にレベルが上がっているのが、よくわかる!

ファラデーへの道・・・

 気体の重さ、そして気体は燃えるか?

久し振りの科学実験教室。
本日は、気体のことについてのあれこれ実験by阿部昌浩(麻布科学実験教室室長)♪

「気体ってわかるかな?」
気体・液体・固体の違いを確認してから、空気に含まれている気体、酸素・窒素・水素・二酸化炭素・・・などの比を・・・。

P2072110_R.JPG
P2072111_R.JPG
P2072112_R.JPG










それぞれ5リットル入っている各種ボンベです。
え~!5リットルも!

 簡単に重さを量るには?

P2072113_R.JPG
P2072115_R.JPG
P2072118_R.JPG










各種気体缶のガスのノズルにシャボン液をつけて噴射してみる。
シャボン液の重さはあるものの、すっと下に落ちるガスと場合によっては浮き上がる場合がある。

P2072120_R.JPG
P2072121_R.JPG
P2072122_R.JPG










それぞれ、実際にやってみて実感する。

P2072123_R.JPGP2072126_R.JPG
P2072125_R.JPG










水風船にガス注入!
「浮いた!浮いた!」
水素とヘリウムが浮きました♪♪

● 気体は燃えるか?

「燃えるためには、何が必要かな?」
燃えるもの・熱・酸素・・・。
これは、以前『爆発』の授業で確認済み。

「酸素は燃えるよ!」
燃えるか?燃えないか?これもシャボン玉でやってみる。

P2072127_R.JPG
P2072128_R.JPG
P2072129_R.JPG










子ども達、酸素は燃えると言っていた。
酸素は燃えると思ったら、ちょっと青白くなるだけ。
そして、水素は燃えるように見える。炎が立った。
実は、酸素も水素も燃えない。
酸素自体は燃えず、水素は酸素にくっつくと燃える。
ここが難しい。イメージになるようにうまく説明できない。
木星に水素があるが、燃えないのは酸素がないから?
酸素には助燃性があることと酸素が燃えることは別物ということ、どうすればイメージになるのだろう?H2+0=H20 なんて高校で習っても、何にもわかっちゃいない・・・。

最後にシャボン玉の中に水素と酸素を入れ、それに火をつけると・・・。
ぱーん!
「ビックリした~!」

いったい、これを学校では、どう授業化しているのだろうか?
基本的にものが燃えるということは、どういうことなのか?
現実的に考えると、火のない所にどうして山火事が起きるのか?
古代人は、どのようにして火を起こしたのか?

体系的に物事をとらえ、それをフォアキャスティングしていく方法・・・。
現実からスタートし、バックキャスティング的に最終目標を設定し、そのための具体的な解決方法を考える方法・・・。

この歳にして、思うことが多い・・・。

 ファラデーへの道

今日の科学実験教室を見学していて、もう50年以上前に読んだ、ファラデーの『ロウソクの科学』を思い出した。たまたま、『ロウソクの科学』の授業を考えていたので、学習発表会で『燃焼』の授業をやってみようと思った。

P2072138_R.JPG
P2072139_R.JPG
P2072140_R.JPG










● 実験後のトラブル

「あやちゃんの風船を取って、返してくれない」
実験で作ったヘリウムガスの風船が取られたと、あやのが泣きながらやって来る。

「だって、浮かんでいた風船を俺が取ったから俺のもの!」
「それ違うんじゃないの?」
早速、ミーティング。

P2072131_R.JPG
「あやなちゃんの風船、同意を得ないで取るのはおかしいと思います」
京ちゃんの強烈な一発が出ても、めげずに「俺が取ったから、俺のもの!」

「じゃあ、前の弁当屋さんの天ぷら、置いてあったのを取ったら、俺のもの?」
「天ぷらと風船は違う!俺は、天ぷらを取ったわけじゃない!」
「たとえ話がわかっていないんじゃないの?」と、子ども達・・・。

しぶしぶ風船を返していたが、わかっていない?

 エイドリアンイングリッシュ(^^♪

P2072134_R.JPG
P2072135_R.JPG
P2072137_R.JPG










二週間ぶりの英語、楽しみました♪

『お散歩とお料理』の授業

毎週水曜日と金曜日は、お料理とお散歩の授業!
これ、ジャパンフレネの定番で、20年続いています♪
内容は、ミーティングでみんなの意見を聞いて決めます。

※ 同年齢の子に比較し、包丁さばきがはるかに上手になります。
※ おそらく博物館や美術館に行く回数は、日本の学びの場でも、最高回数を誇るのではないでしょうか・・・。

● 冬の動物園

風がなく、陽だまりにいると、ぽかぽか暖かい一日・・・。
多摩動物公園に行ってきました。
冬の平日の動物園は、人がほとんどいなくて、とってもいい!

P2012069_R.JPG
P2012070_R.JPG

さるも日向ぼっこ・・・。

だーれもいません(^^♪






P2012071_R.JPG
P2012072_R.JPG

集合時間に遅れた子は、待てません。みんな、自力でやってきます。この日は、総勢15名!







● 昆虫園

とっても暖かい温室の中、1月に2738羽の蝶が放たれました。

P2012073_R.JPG
P2012074_R.JPG
P2012075_R.JPG










ビューテホー!!!

P2012076_R.JPG
P2012077_R.JPG
ミツバチとカマキリ

● もふもふチーターベィビー!

ただいまの時間、チーターの赤ちゃんが観られるということで・・・。

P2012078_R.JPG
P2012079_R.JPG
P2012080_R.JPG










もふもふ(^^♪

● 腹減った~!

上野動物園より、はるかに広い多摩動物公園。
結構歩くので、お腹がすきます・・・。

P2012082_R.JPG
P2012083_R.JPG
P2012084_R.JPG










カラスにフライドポテトを取られた人が約1名います(笑)

P2012086_R.JPG
P2012085_R.JPG
P2012087_R.JPG










 孤独を愛する少年(笑)     たまにゃんも参加!      フライドポテトに群がる

● モルモットトラブル

「団体は、入場できません」
総勢15名、モルモットお触りコーナーでこう言われました。
「団体じゃないよ。個人の責任で来ているんだ」

中はガラガラ、でも入れてくれない。
「じゃあ、もういいよ」
ふてくされ気味に言い放ち、何人かは入場拒否!

「引率者が入場券を買っていればいいんですって」
ちいぼうママみさとさんが交渉して入場できました。
それにしても、お役所仕事だよなあ・・・。

こう坐れ、好きなモルモットは選べない、ああしろこうしろ・・・。

※ みさとさん、帰宅後、ネット上で多摩動物公園にクレームをつけたそうです。えらい!
クレーマー!(笑)
おれは、動物公園を出たとたん、忘れてしまいました(笑)

P2012090_R.JPGP2012091_R.JPG
P2012092_R.JPG










もふもふもふもふ(^^♪

● 餃子、激ウマなれど・・・。

「15人ぐらいの餃子を作りたいんですけれど、ひき肉、どれくらい必要ですか?」
肉屋の親父さんに訊いて、3キロの豚ヒキを購入。
餃子の皮250枚を全部使いましたが、餃子のアンが大量に残りました。
餃子美味しかったけれど、150個くらい余り、お土産で生餃子を持って帰る子多数!

それにしても、小学生中心だと、量は少なくてもいいんだなあ・・・。
                                         
P2062095_R.JPG
P2062093_R.JPG
P2062094_R.JPG










↑ すでに洗い物係が決定した人たち(笑) いろんな具材をみじん切りしなきゃいけないので大変。

P2062096_R.JPG
さあ!こねるぞ!

P2062097_R.JPG
P2062098_R.JPG
P2062099_R.JPG










ペアを作ってこねこね♪

P2062100_R.JPGP2062101_R.JPG
P2062102_R.JPG










餃子のアンを皮に包みましょう!

P2062103_R.JPG
P2062105_R.JPG
P2062106_R.JPG










スープ餃子、美味しかった!けど、作りすぎてお土産にしました。今日の食材費、高いぞ!(笑)

『お散歩とお料理』の授業

毎週水曜日と金曜日は、お料理とお散歩の授業!
これ、ジャパンフレネの定番で、20年続いています♪
内容は、ミーティングでみんなの意見を聞いて決めます。

※ 同年齢の子に比較し、包丁さばきがはるかに上手になります。
※ おそらく博物館や美術館に行く回数は、日本の学びの場でも、最高回数を誇るのではないでしょうか・・・。

● 冬の動物園

風がなく、陽だまりにいると、ぽかぽか暖かい一日・・・。
多摩動物公園に行ってきました。
冬の平日の動物園は、人がほとんどいなくて、とってもいい!

P2012069_R.JPG
P2012070_R.JPG

さるも日向ぼっこ・・・。

だーれもいません(^^♪






P2012071_R.JPG
P2012072_R.JPG

集合時間に遅れた子は、待てません。みんな、自力でやってきます。この日は、総勢15名!







● 昆虫園

とっても暖かい温室の中、1月に2738羽の蝶が放たれました。

P2012073_R.JPG
P2012074_R.JPG
P2012075_R.JPG










ビューテホー!!!

P2012076_R.JPG
P2012077_R.JPG
ミツバチとカマキリ

● もふもふチーターベィビー!

ただいまの時間、チーターの赤ちゃんが観られるということで・・・。

P2012078_R.JPG
P2012079_R.JPG
P2012080_R.JPG










もふもふ(^^♪

● 腹減った~!

上野動物園より、はるかに広い多摩動物公園。
結構歩くので、お腹がすきます・・・。

P2012082_R.JPG
P2012083_R.JPG
P2012084_R.JPG










カラスにフライドポテトを取られた人が約1名います(笑)

P2012086_R.JPG
P2012085_R.JPG
P2012087_R.JPG










 孤独を愛する少年(笑)     たまにゃんも参加!      フライドポテトに群がる

● モルモットトラブル

「団体は、入場できません」
総勢15名、モルモットお触りコーナーでこう言われました。
「団体じゃないよ。個人の責任で来ているんだ」

中はガラガラ、でも入れてくれない。
「じゃあ、もういいよ」
ふてくされ気味に言い放ち、何人かは入場拒否!

「引率者が入場券を買っていればいいんですって」
ちいぼうママみさとさんが交渉して入場できました。
それにしても、お役所仕事だよなあ・・・。

こう坐れ、好きなモルモットは選べない、ああしろこうしろ・・・。

※ みさとさん、帰宅後、ネット上で多摩動物公園にクレームをつけたそうです。えらい!
クレーマー!(笑)
おれは、動物公園を出たとたん、忘れてしまいました(笑)

P2012090_R.JPGP2012091_R.JPG
P2012092_R.JPG










もふもふもふもふ(^^♪

● 餃子、激ウマなれど・・・。

「15人ぐらいの餃子を作りたいんですけれど、ひき肉、どれくらい必要ですか?」
肉屋の親父さんに訊いて、3キロの豚ヒキを購入。
餃子の皮250枚を全部使いましたが、餃子のアンが大量に残りました。
餃子美味しかったけれど、150個くらい余り、お土産で生餃子を持って帰る子多数!

それにしても、小学生中心だと、量は少なくてもいいんだなあ・・・。
                                         
P2062095_R.JPG
P2062093_R.JPG
P2062094_R.JPG










↑ すでに洗い物係が決定した人たち(笑) いろんな具材をみじん切りしなきゃいけないので大変。

P2062096_R.JPG
さあ!こねるぞ!

P2062097_R.JPG
P2062098_R.JPG
P2062099_R.JPG










ペアを作ってこねこね♪

P2062100_R.JPGP2062101_R.JPG
P2062102_R.JPG










餃子のアンを皮に包みましょう!

P2062103_R.JPG
P2062105_R.JPG
P2062106_R.JPG










スープ餃子、美味しかった!けど、作りすぎてお土産にしました。今日の食材費、高いぞ!(笑)

『お散歩とお料理』の授業

毎週水曜日と金曜日は、お料理とお散歩の授業!
これ、ジャパンフレネの定番で、20年続いています♪
内容は、ミーティングでみんなの意見を聞いて決めます。

※ 同年齢の子に比較し、包丁さばきがはるかに上手になります。
※ おそらく博物館や美術館に行く回数は、日本の学びの場でも、最高回数を誇るのではないでしょうか・・・。

● 冬の動物園

風がなく、陽だまりにいると、ぽかぽか暖かい一日・・・。
多摩動物公園に行ってきました。
冬の平日の動物園は、人がほとんどいなくて、とってもいい!

P2012069_R.JPG
P2012070_R.JPG

さるも日向ぼっこ・・・。

だーれもいません(^^♪






P2012071_R.JPG
P2012072_R.JPG

集合時間に遅れた子は、待てません。みんな、自力でやってきます。この日は、総勢15名!







● 昆虫園

とっても暖かい温室の中、1月に2738羽の蝶が放たれました。

P2012073_R.JPG
P2012074_R.JPG
P2012075_R.JPG










ビューテホー!!!

P2012076_R.JPG
P2012077_R.JPG
ミツバチとカマキリ

● もふもふチーターベィビー!

ただいまの時間、チーターの赤ちゃんが観られるということで・・・。

P2012078_R.JPG
P2012079_R.JPG
P2012080_R.JPG










もふもふ(^^♪

● 腹減った~!

上野動物園より、はるかに広い多摩動物公園。
結構歩くので、お腹がすきます・・・。

P2012082_R.JPG
P2012083_R.JPG
P2012084_R.JPG










カラスにフライドポテトを取られた人が約1名います(笑)

P2012086_R.JPG
P2012085_R.JPG
P2012087_R.JPG










 孤独を愛する少年(笑)     たまにゃんも参加!      フライドポテトに群がる

● モルモットトラブル

「団体は、入場できません」
総勢15名、モルモットお触りコーナーでこう言われました。
「団体じゃないよ。個人の責任で来ているんだ」

中はガラガラ、でも入れてくれない。
「じゃあ、もういいよ」
ふてくされ気味に言い放ち、何人かは入場拒否!

「引率者が入場券を買っていればいいんですって」
ちいぼうママみさとさんが交渉して入場できました。
それにしても、お役所仕事だよなあ・・・。

こう坐れ、好きなモルモットは選べない、ああしろこうしろ・・・。

※ みさとさん、帰宅後、ネット上で多摩動物公園にクレームをつけたそうです。えらい!
クレーマー!(笑)
おれは、動物公園を出たとたん、忘れてしまいました(笑)

P2012090_R.JPGP2012091_R.JPG
P2012092_R.JPG










もふもふもふもふ(^^♪

● 餃子、激ウマなれど・・・。

「15人ぐらいの餃子を作りたいんですけれど、ひき肉、どれくらい必要ですか?」
肉屋の親父さんに訊いて、3キロの豚ヒキを購入。
餃子の皮250枚を全部使いましたが、餃子のアンが大量に残りました。
餃子美味しかったけれど、150個くらい余り、お土産で生餃子を持って帰る子多数!

それにしても、小学生中心だと、量は少なくてもいいんだなあ・・・。
                                         
P2062095_R.JPG
P2062093_R.JPG
P2062094_R.JPG










↑ すでに洗い物係が決定した人たち(笑) いろんな具材をみじん切りしなきゃいけないので大変。

P2062096_R.JPG
さあ!こねるぞ!

P2062097_R.JPG
P2062098_R.JPG
P2062099_R.JPG










ペアを作ってこねこね♪

P2062100_R.JPGP2062101_R.JPG
P2062102_R.JPG










餃子のアンを皮に包みましょう!

P2062103_R.JPG
P2062105_R.JPG
P2062106_R.JPG










スープ餃子、美味しかった!けど、作りすぎてお土産にしました。今日の食材費、高いぞ!(笑)

『お散歩とお料理』の授業

毎週水曜日と金曜日は、お料理とお散歩の授業!
これ、ジャパンフレネの定番で、20年続いています♪
内容は、ミーティングでみんなの意見を聞いて決めます。

※ 同年齢の子に比較し、包丁さばきがはるかに上手になります。
※ おそらく博物館や美術館に行く回数は、日本の学びの場でも、最高回数を誇るのではないでしょうか・・・。

● 冬の動物園

風がなく、陽だまりにいると、ぽかぽか暖かい一日・・・。
多摩動物公園に行ってきました。
冬の平日の動物園は、人がほとんどいなくて、とってもいい!

P2012069_R.JPG
P2012070_R.JPG

さるも日向ぼっこ・・・。

だーれもいません(^^♪






P2012071_R.JPG
P2012072_R.JPG

集合時間に遅れた子は、待てません。みんな、自力でやってきます。この日は、総勢15名!







● 昆虫園

とっても暖かい温室の中、1月に2738羽の蝶が放たれました。

P2012073_R.JPG
P2012074_R.JPG
P2012075_R.JPG










ビューテホー!!!

P2012076_R.JPG
P2012077_R.JPG
ミツバチとカマキリ

● もふもふチーターベィビー!

ただいまの時間、チーターの赤ちゃんが観られるということで・・・。

P2012078_R.JPG
P2012079_R.JPG
P2012080_R.JPG










もふもふ(^^♪

● 腹減った~!

上野動物園より、はるかに広い多摩動物公園。
結構歩くので、お腹がすきます・・・。

P2012082_R.JPG
P2012083_R.JPG
P2012084_R.JPG










カラスにフライドポテトを取られた人が約1名います(笑)

P2012086_R.JPG
P2012085_R.JPG
P2012087_R.JPG










 孤独を愛する少年(笑)     たまにゃんも参加!      フライドポテトに群がる

● モルモットトラブル

「団体は、入場できません」
総勢15名、モルモットお触りコーナーでこう言われました。
「団体じゃないよ。個人の責任で来ているんだ」

中はガラガラ、でも入れてくれない。
「じゃあ、もういいよ」
ふてくされ気味に言い放ち、何人かは入場拒否!

「引率者が入場券を買っていればいいんですって」
ちいぼうママみさとさんが交渉して入場できました。
それにしても、お役所仕事だよなあ・・・。

こう坐れ、好きなモルモットは選べない、ああしろこうしろ・・・。

※ みさとさん、帰宅後、ネット上で多摩動物公園にクレームをつけたそうです。えらい!
クレーマー!(笑)
おれは、動物公園を出たとたん、忘れてしまいました(笑)

P2012090_R.JPGP2012091_R.JPG
P2012092_R.JPG










もふもふもふもふ(^^♪

● 餃子、激ウマなれど・・・。

「15人ぐらいの餃子を作りたいんですけれど、ひき肉、どれくらい必要ですか?」
肉屋の親父さんに訊いて、3キロの豚ヒキを購入。
餃子の皮250枚を全部使いましたが、餃子のアンが大量に残りました。
餃子美味しかったけれど、150個くらい余り、お土産で生餃子を持って帰る子多数!

それにしても、小学生中心だと、量は少なくてもいいんだなあ・・・。
                                         
P2062095_R.JPG
P2062093_R.JPG
P2062094_R.JPG










↑ すでに洗い物係が決定した人たち(笑) いろんな具材をみじん切りしなきゃいけないので大変。

P2062096_R.JPG
さあ!こねるぞ!

P2062097_R.JPG
P2062098_R.JPG
P2062099_R.JPG










ペアを作ってこねこね♪

P2062100_R.JPGP2062101_R.JPG
P2062102_R.JPG










餃子のアンを皮に包みましょう!

P2062103_R.JPG
P2062105_R.JPG
P2062106_R.JPG










スープ餃子、美味しかった!けど、作りすぎてお土産にしました。今日の食材費、高いぞ!(笑)

『お散歩とお料理』の授業

毎週水曜日と金曜日は、お料理とお散歩の授業!
これ、ジャパンフレネの定番で、20年続いています♪
内容は、ミーティングでみんなの意見を聞いて決めます。

※ 同年齢の子に比較し、包丁さばきがはるかに上手になります。
※ おそらく博物館や美術館に行く回数は、日本の学びの場でも、最高回数を誇るのではないでしょうか・・・。

● 冬の動物園

風がなく、陽だまりにいると、ぽかぽか暖かい一日・・・。
多摩動物公園に行ってきました。
冬の平日の動物園は、人がほとんどいなくて、とってもいい!

P2012069_R.JPG
P2012070_R.JPG

さるも日向ぼっこ・・・。

だーれもいません(^^♪






P2012071_R.JPG
P2012072_R.JPG

集合時間に遅れた子は、待てません。みんな、自力でやってきます。この日は、総勢15名!







● 昆虫園

とっても暖かい温室の中、1月に2738羽の蝶が放たれました。

P2012073_R.JPG
P2012074_R.JPG
P2012075_R.JPG










ビューテホー!!!

P2012076_R.JPG
P2012077_R.JPG
ミツバチとカマキリ

● もふもふチーターベィビー!

ただいまの時間、チーターの赤ちゃんが観られるということで・・・。

P2012078_R.JPG
P2012079_R.JPG
P2012080_R.JPG










もふもふ(^^♪

● 腹減った~!

上野動物園より、はるかに広い多摩動物公園。
結構歩くので、お腹がすきます・・・。

P2012082_R.JPG
P2012083_R.JPG
P2012084_R.JPG










カラスにフライドポテトを取られた人が約1名います(笑)

P2012086_R.JPG
P2012085_R.JPG
P2012087_R.JPG










 孤独を愛する少年(笑)     たまにゃんも参加!      フライドポテトに群がる

● モルモットトラブル

「団体は、入場できません」
総勢15名、モルモットお触りコーナーでこう言われました。
「団体じゃないよ。個人の責任で来ているんだ」

中はガラガラ、でも入れてくれない。
「じゃあ、もういいよ」
ふてくされ気味に言い放ち、何人かは入場拒否!

「引率者が入場券を買っていればいいんですって」
ちいぼうママみさとさんが交渉して入場できました。
それにしても、お役所仕事だよなあ・・・。

こう坐れ、好きなモルモットは選べない、ああしろこうしろ・・・。

※ みさとさん、帰宅後、ネット上で多摩動物公園にクレームをつけたそうです。えらい!
クレーマー!(笑)
おれは、動物公園を出たとたん、忘れてしまいました(笑)

P2012090_R.JPGP2012091_R.JPG
P2012092_R.JPG










もふもふもふもふ(^^♪

● 餃子、激ウマなれど・・・。

「15人ぐらいの餃子を作りたいんですけれど、ひき肉、どれくらい必要ですか?」
肉屋の親父さんに訊いて、3キロの豚ヒキを購入。
餃子の皮250枚を全部使いましたが、餃子のアンが大量に残りました。
餃子美味しかったけれど、150個くらい余り、お土産で生餃子を持って帰る子多数!

それにしても、小学生中心だと、量は少なくてもいいんだなあ・・・。
                                         
P2062095_R.JPG
P2062093_R.JPG
P2062094_R.JPG










↑ すでに洗い物係が決定した人たち(笑) いろんな具材をみじん切りしなきゃいけないので大変。

P2062096_R.JPG
さあ!こねるぞ!

P2062097_R.JPG
P2062098_R.JPG
P2062099_R.JPG










ペアを作ってこねこね♪

P2062100_R.JPGP2062101_R.JPG
P2062102_R.JPG










餃子のアンを皮に包みましょう!

P2062103_R.JPG
P2062105_R.JPG
P2062106_R.JPG










スープ餃子、美味しかった!けど、作りすぎてお土産にしました。今日の食材費、高いぞ!(笑)
● 昔懐かし、ポンポン蒸気船

広和がポンポン蒸気船を買ったとの情報あり。
「簡単に作れるんだよ」
「作りたい!」ということで、いざ!

P1312064_R.JPG


ポニョ ポニョ ポニョ
さかなの子

このブリキ製ポンポン蒸気船、made in Japanで、良くできています。
金型を折り曲げ、丁寧な仕事です。



● 超簡単なポンポン蒸気船

【材料】
バルサ材かウレタン材、アルミ管(直径3ミリ)、画鋲、ロウソク、細い針金

【道具】
接着剤、竹串、カッターかハサミ、乾電池やマーカーなど円筒形のもの

【作り方】
① バルサ材を船型に切る
② アルミ管を電池(どの大きさでもいい)で三重巻する(ボイラー作り)
③ 船形後方にアルミ管を通す穴を二つ開ける
④ アルミ管の下に接着剤で画びょうを貼り付ける→ろうそくを付ける(燃料タンク)

P1312043_R.JPG
こんな感じです♪太一の作品!

【遊び方】
スポイトでアルミ管に水を入れ、水に浮かせ、ロウソクに火をつける。

P1312053_R.JPG
P1312054_R.JPG

私にも作れます♪
小1の子はアルミ管を曲げるのが難しいので、その部分だけやってあげました。






● どうして船は動くの?

体積や三態変化、気圧の概念が基礎知識として必要。

P1312056_R.JPG
←これは、缶詰の空き缶を利用。

なんで動くか、何人かに発表してもらいました。

加熱→管の中の水が沸騰して噴射→管の中が空洞→水が入る場所ができる→管の中が水で冷やされ、気圧が下がり、さらに水が入る・・・。

これの繰り返し・・・。こんな感じかな?


● チームで作ろう!

三人ずつ4チーム作って、教えあいながらの制作です。

P1312041_R.JPG
P1312040_R.JPG
P1312042_R.JPG










牛乳パックや空き缶を船体にする子も・・・。
それぞれ、相談し、改良しています。

P1312045_R.JPG
P1312046_R.JPG
P1312052_R.JPG










  アルミ缶利用です(^^♪     以前作ったボートを改良!     舵も作りました!

P1312047_R.JPG
これは、アルミ缶をカットし、ボイラーを作りました。

P1312049_R.JPG
アルミ缶ボイラーに挑戦!

P1312048_R.JPG
おら、話全然聞いていなかった・・・。
でも、完成!動いた!

P1312050_R.JPG
P1312059_R.JPG
P1312058_R.JPG










三年前、お父さんと一緒に(^^♪   お風呂場で確認      ゆっくりだけれど動いている

P1312060_R.JPG
P1312063_R.JPG
P1312065_R.JPG










どんどん、改良!

P1312067_R.JPG
P1312066_R.JPG
みんなで一斉にお掃除!
余った材料は、お家で利用しようね♪
管を折ってしまった子以外は、全員完成!

上手く動かない理由
  ① 管に水が入っていない
                     ② 火力が弱い
                     ③ ロウソクの位置

もう一度、自宅のお風呂でやってみよう!


今日は風もなく、いいお日和(^^♪
まったりと過ごしました・・・。

● お料理の授業

毎週水曜日は、お料理の授業!
本日は、素麺&にゅう麺。
奈良の三輪素麺(ゆで時間2分)と徳島の半田麺(ゆで時間5分)を合わせ、食感の違いを楽しみます。

P1302027_R.JPG
P1302029_R.JPG
P1302028_R.JPG










ニンジンはグイグイグイと押しても切れません。
切り方の見本を見せる→やってみる→修正する・・・。
これの繰り返し!

P1302030_R.JPG
ニンジン・ゴボウ・シイタケ・白菜・絹サヤ・長ネギ・生姜・ホウレン草油揚げなどをカットし、アゴダシで煮ます。

P1302031_R.JPG
← 大胆なカット・・・。

沖縄のあぐー豚のバラも♪

P1302032_R.JPG










● さあ!食べよう!

P1302034_R.JPG
P1302033_R.JPG
P1302035_R.JPG










P1302036_R.JPG
生姜が効いていて、激ウマ!
1100gの素麺を完食!

● 明日の準備

毎週木曜日の科学実験教室とエイドリアンイングリッシュが、都合により中止。
広和の要望により、ポンポン蒸気船を作ります。
昨日、東急ハンズに行き、材料をゲット!準備万端整っています!

P1302037_R.JPG
P1302038_R.JPG
基本はバルサ材とアルミ管で作成。オプションで牛乳パックとアルミ缶。

  ↓ 本日の忘れ物・・・。
   この他にも多数あり。

P1302039_R.JPG

ぼくはサッカ―はあまり好きじゃない。
何故かって?間がないから・・・。
一瞬とも目が離せなく、あっという間に決着。
同じチームプレーなら、間がある野球や相撲の方が好きだ。

というわけで・・・。

P1291998_R.JPG
『ホームランを打ったことのない君に』
長谷川集平
(理論社)

● まずはルール説明

「キャッチボールを含めて、野球をやったことある人?」
少ない・・・。
「じゃあ、野球のルールを知っている人?」
ほとんど、ルールを知らない。
団塊の世代としては、考えられない現実。

「どうして、野球の人気がなくなったのかな?」
サッカーは、ボール一つあれば場所は問わない。
しかし野球は・・・。用具・場所、そして即決着がつかない間の悪さよ・・・。

P1292001_R.JPG
ご存知、エポック社の野球盤を使って、簡単にルール説明。
「バッターは、どっちに走るの?」
そこから説明か・・・。

P1291999_R.JPG










● 地味なお話だけれど・・・

P1292022_R.JPG
P1292023_R.JPG


少年野球チームの塁君、一打逆転のチャンスに凡退・・・。









P1292024_R.JPG
もっとバッティング上手くなりたい塁・・・。
ホームランを打てば逆転だった。

「あ!長谷川君がいる!」(爆笑)
左から二番目に長谷川君!試合に負けて、泣いているね。

普通のスポコンものでは、ここから血の出るような努力・・・。
しかし・・・。



P1292025_R.JPG

近所の蕎麦屋の息子、試合を観ていた元出島商業高校のレギュラー仙ちゃん登場。
ホームランより大切なことを語る。
その仙ちゃん、出前していて交通事故に巻き込まれ、今、懸命にリハビリ中ということを母から聞く塁・・・。




P1292002_R.JPG
結構、真剣です。

P1291996_R.JPG

P1292026_R.JPG
その夜、夢を見た。
ホームランを打った仙ちゃんが、
苦虫かみつぶしたような顔でダイヤモンドをゆっくり一周する。
そして、ホームベースをしっかり踏むんだ。

「踏む」ではなく、「踏むんだ」というしっかりした断定がいい!

P1292006_R.JPG
P1292004_R.JPG
P1291995_R.JPG
この作品のテーマは何だろう?

「みんながホームランより、それぞれの役割」
「野球に対する思いかなあ」
「人の優しさ?」



「木幡さん、俺、今までの長谷川さんの作品の中で、これが一番ささったよ・・・。何か、好き」
ただ一人の中学生、ユウヤが、わざわざそのことを言いに来てくれた。

● 野球がつなぐ・・・

この作品を読んで思い出したのは、1959年NHKで毎週放映されていた『ホームラン教室』というテレビドラマ。
生放送だったため、映像はほとんど残っていないそうだ。
少年野球と家族、そして地域の人たちの暖かい交流・・・。

そのテーマソングがこれだ。

ぼくらは町の子 元気な子
空を仰げば テレビ塔
みんなでいこう胸はって
ホラ ホームランだよ ホームラン
ホームラン ホームラン
ホームラン教室

昭和34年、東京タワーを仰ぎ見る町(おそらく港区)、そこに野球ができる広場があったのだ!
ホームラン教室がいつのころからスポコンものへ・・・。
野球に対する郷愁は、忘れてはいけないものを彷彿とさせる・・・。

● 久し振りに『デザイン・あ』

今日のテーマは、普段見慣れているけれど意外と思い出せないものを描いてみる。

P1291988_R.JPG
五円玉の表を描いてみよう!

P1291989_R.JPG
「相談してもいいの?」
「いいよ~。現物を見ちゃだめだよ」

P1291990_R.JPG
P1291991_R.JPG










P1291992_R.JPG
P1291994_R.JPG

完成品を見てみる。
共通点は、稲を含む植物を描いているところ・・・。








P1292007_R.JPG
P1292008_R.JPG
P1292009_R.JPG










P1292010_R.JPG
P1292011_R.JPG
P1292012_R.JPG










P1292013_R.JPG
P1292014_R.JPG
P1292015_R.JPG










P1292016_R.JPG
P1292017_R.JPG
P1292018_R.JPG










P1292020_R.JPG
これが現物です。
稲穂は農業。真ん中のギザギザは歯車で工業。
下の直線は水を表し、水産業。

ギザギザと直線、見落としやすいね♪


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ