2009年6月アーカイブ

お菓子の家を作りました・・・?

● お家、できたつもり・・・

けいちゃんがスエーデン製のお菓子のお家を持ってきた。クッキーでできた各パーツを組み立て、トッピングでチョコレートなどくっつければ、ヘンゼル&グレーテルのお菓子の家さ!なあんて意気込んでやってみたものの・・・。

P6290027.jpg P6290026.jpg

しかし、各パーツを組み立てるには、接着剤としてのアイシング(卵白と粉砂糖を混ぜたもの)が必要と説明書に書いてある。伊勢丹、京王、三越の各デパートには、チューブ入りのアイシングなし。東急ハンズにあったが、黒と緑のみ・・・。かくして、アイシング作りからスタート。

 

 

 

P6300033.jpg P6300034.jpg P6300036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

屋根用のでかクッキー            卵白&粉砂糖を混ぜる            ひたすらかき混ぜる!

P6300037.jpg P6300038.jpg P6300040.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「このビニール袋にアイシングをいれるんだ」  入れたぞー                  さあ、組み立てだ!

「きれい?なんか、不安・・・」

P6300041.jpg P6300042.jpg P6300043.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ところが、アイシングが柔らかかったのか?各パーツがなかなかくっつかない。ドライヤーを持ち出し、熱風で速乾を狙うもなかなか上手くいかないんです。

土台をつくったところで、「屋根はくっつけないで、とにかく体裁だけ作ろう」という、代表木幡の安直な提案。

みんなクッキーを早く食べたいがために・・・。というわけで上記映像の屋根はのっけただけなんです。とほほ・・・。

P6300044.jpg

すぐにパーツを分解&破壊して、みんなで食べてしまったとさ。ちゃんちゃん!

【本日の教訓】

やさしい・簡単と思えるものほどおくが深い・・・。

スエーデン人って根気強いのかねえ?

こういうものを考えるんだから・・・。

 

 

● ミーティングにて―木幡の苦言

最近、後片付けがぜんぜんできていない!ということで、次の二つを提案。

「むかし、明星学園に勤務していたとき、教頭の無着先生、『昇降口の上履きの整理ができていない。期日までに整理できなければ焼却処分!』」って言って、百足以上のスニーカーを全部燃やしたんだけれど、その方法を取ってかまいませんか?」

「ペットボトルや発泡スチロール系のパックなど、家に持ち帰るか、きれいに洗って特定のゴミ袋に入れること?何か問題ある?」

問題が出てくるわけがありません。これ、当たり前のこと。当たり前のことを当然のごとくできる人は、あまりいません。

芥川龍之介は『しゅじゅの言葉』の中で上記のような人を〈天才〉と呼びました。

P6300031.jpg

 

←これらパック類は全て持ち帰りです。

 

 

 

 

P6290028.jpg

 

これははる君のいたずら。

お料理のメニューを決めたのだが・・・。」

 まーぽーとうぷ?

ひやちしゅうか?

それぞれの遊び

  • スーパーサイズミー

「コーヒー飲んだの」とユキちゃん。「どこ?俺はタリーズで普段飲んでるよ」とスタ英樹がからんでいきます、「でも今日はフレッシュネスで飲んだよ、あそこはハンバーガー屋だけど、ファーストフードじゃないんだ」と話がそれます。食後のひと時です。

P6324892571006.jpg

話は派生して、ハンバーガーの日本とアメリカの違い、スタ英樹が一度とてつもなく大きいハンバーガーを食べた時の「パウンド」という単位のお話。ちなみに1パウンドは役500gなはずです。そしてスタ英樹の茶々が入ります「でも、ずーっとハンバーガー食べていきたい??」「

”スーパーサイズミー”っていう映画があってね、ひたすら特大セットを食べ続けるんだよ」と、ドキュメント映画のお話。普段気にしないで食べているハンバーガーから色々な話へ飛びました。今日は新ボラ、アヤさんの初日なので、海外の話が盛り上がりました。

 

横ではダイスケが詩を、電車の沿線と地域になぞらえて書いています。

  q2938471]001.jpgこれが以外と面白い!

 

←「練馬にある千川通りの千川で

カメがいるだろう要町」

東京のかなりの地域をしっている博識のダイスケでした!!

 

 

P6250007.jpg P6250009.jpg P6250004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、スカイレールにものすごく長いすべり台をつけて遊んだり、シャーベットを作っている子、パソコンに夢中の子、フレネでのそれぞれの遊びが展開された日でした。ビートルズの翻訳ももう第4週目に入ります、継続は力です。

ハンバーグ定食&ビンゴ大会

 平行四辺形の面積を求める

平行四辺形・三角形・台形の面積を独学中のよう君。

「一番シンプルでよくわかる求め方を教えてあげようか」

代表木幡が説明します。

P6230001.JPG

P6230002.JPG

P6230003.JPG

 

 

 

 

 

 

封筒を1枚用意し、中に同じ大きさの   出てきた面積分だけ、中の面積は   封筒を斜めにカット。中の紙を引き出す。

紙を入れ、両端をハサミでカット。     減っている。                出てきた平行四辺形の面積となくなった

                                                長方形の面積は等しい。このことから、

                                                平行四辺形の面積の公式が生まれる。

● ハンバーグ定食―お料理の授業

お子様の大好きメニューの定番と言えば、ハンバーグ!伊勢丹でいい挽肉を購入し、美味しいハンバーグを作りました。

タマネギ、にんじん、しいたけをみじん切り。牛豚合挽きに混ぜ混ぜ。卵、塩、コショウ、ナツメグ、生パン粉を入れ、粘つくまでこねれば出来上がり!後は、焼くだけさ!

「おいしー!」

素材がいいと美味しいんだね!

P6240012.JPG P6240008.JPG P6240015.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶん荒めのみじん切り         タマネギは、眼にしみる・・・           怒涛のこね回し

P6240016.JPG P6240020.JPG P6240023.JPG

 

 

 

 

 

 

 

   二馬力でこねる。速い!         形を作る                  16個のハンバーグを作る

P6240025.JPG P6240026.JPG P6240027.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ホットプレートとフライパンで焼く      付け合せの高級ミニトマト         キャベツの千切りも上手くできました

P6240029.JPG P6240030.JPG P6240031.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのハンバーグ定食!      本日は16名のランチです         食べてる時は、静かだなあ・・・

P6240033.JPG P6240034.JPG

 

 

 

 

 

 

 

デザートはいただきものの佐藤錦        ラブチェリーだぞ!

● 食後のビンゴ大会

「後片付けが終わったら、ビンゴ大会をやろう」

「木幡さん、賞品出るの?」

「うーん、この前の五島うどんはどう?賞品にならない、はしっこを切ったのもあるから、それはブービー賞」

というわけで、五島うどん争奪大ビンゴ大会の始まり!

【県名ビンゴ】

※ 5×5のますを書く

※ 真ん中は空欄 書いていない県名が出たら書き込むことができる

※ 空欄を除き、知っている県名を書く

※ 順番に県名を言い書いてあるものは斜線を引く

※ ビンゴになるところは、自分で言えない。

※ ビンゴの数が多い人が優勝

今回は、上記をさらにバージョンアップ。

例えば「鹿児島」と言ったとき、「鹿児島と言えば?」と司会者が突っ込む。

答えられなければ、言った人のポイントにはならない。

「福井」

「福井と言えば?」

「原発銀座」

おおおおおおおーーーーー!

「鹿児島」

「鹿児島と言えば?」

「西郷隆盛!」

渋い。

県名ビンゴの後は、国名ビンゴ。二つの合計ビンゴ数が一番多かったはる君が優勝!体験に来ていたW君がビンゴで五島うどんをゲット!約1時間半、盛り上がりました。

P6240035.JPG

P6240036.JPG P6240039.JPG

 

 

 

 

 

 

 

     日本地図を調べる            こんな感じに書きます         約1名寝ちゃっています

 

 

 

 

 

 

本日の東京は、30度を越す猛暑!光化学スモッグの危険性もあるので、部屋で静かに過ごしました。

● はる君、一年ぶり!

インターナショナルスクールに通っているはる君、すでに夏休みに入っているので8月いっぱいフレネの会員として過ごします。昨年の夏休み以来・・・。おひさー!

「英会話の見本を見せてよ」

「いや、遠慮しておくよ」

バイリンガルのはる君、謙虚です。パズルを楽しんでいました。

 

P620002.jpg P620001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

みんなは英語→→→→→→        はる君、パズル

 レベル高い!

はる君、9月から中2.

「数学何をやってたの?教科書持ってきてよ」

はる君が持ってきた教科書を見てみんなびっくり!

「でっけー!」

「厚い!」

P62303.jpg P623004.jpg P623005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

中1の段階ですでにマイナスの指数を終了している。日本だと中3から高1のレベルだ!

● スカイレールに四苦八苦・・

タワーを組み立て糸でレールを調節し、上から下まで鉄球を転がす。これが結構難しい。糸の張り方が上手くいかなければ、鉄球は途中で止まる。あるいはレールの傾斜がきつかったら鉄球はレールから飛び出す・・・。けいちゃん、しょう君、ひで坊が2時間かけても上手くいかない。それでも執念で頑張る。上手く転がるのはいつのことか?

P623006.jpg P623007.jpg P623008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

       ↑                     ↑                       ↑

これがスカイレール!組み立てには、   上手くいかずに呆然・・・。         めげずに再挑戦・・・。

物理的素養が必要だ。

The 爆発!―個人レッスンにて

毎週土曜日の午前中は、算数・数学専科教室(小学生)。

今回は、リクエストに応じ科学実験!

● 爆発ってなあんだ?

「爆発ってなあに?」

「ばーん!」

「死」

色んなイメージが湧いてくる。それをシンキングマップにしてみよう。

P6200002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 燃えるもの、燃えないもの

爆発を考える前に「物が燃える」ことを考えてみよう。

焼酎(25度)を筆頭にホワイトキュラソー(42度)、メタノール(99度)、片栗粉、コーンスターチ、黄な粉、鉄粉などなど・・・、ろうそく火を使って燃えるか燃えないか?

P6200001.jpg

 

 ホワイトキュラソー(42度)かすかに燃える、メタノール(99度)勢いよく燃える。

しかし、その他は燃えません。

「何とかしてこれらのものを燃やしたいんだけれどどうすればいい?」

「工夫しても燃えないんじゃない?」

 

 

● 燃焼の条件

・燃えるものがること

・高熱

・空気(酸素)

上記の条件をさらに性能アップ!バーナー&空中散布!

P6200003.jpg P6200011.jpg P6200008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

台所用洗剤の器に粉を入れて・・・     霧吹きに焼酎を入れて・・・       ぼわーん!燃えたあああああ!

                                                 撮影者もびっくりして画像が揺れる

「物が勢いよく燃えることを爆発っていうんだよ」

「もういいよー1怖いよー!」

とどめは、フィルムケースの中に電極を入れ、アルコールを少量いれ、蓋をする。

圧電素子で電流を流すと・・・・、バッカーン!蓋は飛び、ケースは真っ二つ!

P6200015.jpg

ぼく、この授業、嫌いです・・・。

やっと行けたぞ!等々力渓谷!

雨で2回も流れた等々力渓谷へのお散歩、梅雨の合間をぬってようやく行くことができました。

「ひで坊きてないよ」

15分待ったけれど来ないので、いざ、出発!

念のため、電話してみると・・・、「ぼく、フレネの前にいるよ」

嗚呼!無情!

 幽玄の世界『等々力渓谷』→多摩川へ

目指すは世田谷区東急大井町線等々力駅。

駅から3分も歩けば、そこは喧騒とは別世界。長さはたった1キロだけれど、谷沢川の河岸段丘として都区内では唯一つの渓谷・・・。空気もひんやり・・・、3度くらい低い。

090619149~01.jpg

090149~01.jpg 0906191053~01.jpg 09069_1052~01.jpg

0906191054~01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

    等々力駅         駅前ゴルフ橋階段下りる   空気がひんやり       都区内唯一の渓谷

30年前に行った時は護岸工事はしていなく、遊歩道も整っていなかった。今は、ちゃんとした石畳&コンクリート。これがいいのかどうか、わからない。谷沢川を約1キロメートル歩き、多摩川を目指す。途中、湧水が33箇所もある。

090619_1104~03.jpg 090619_1113~01.jpg 090619_1106~01.jpg

090619_1104~01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  仏様の真似        水がざんざか出ている   渓谷をぬけるとそこは住宅地だった 滝もあります

渓谷から住宅地をぬけると、そこは多摩川!涼しい渓谷を歩いた後はものすごく暑く感じ、みんなぐったり・・・。

お昼を食べて帰ろうよ。「お弁当を食べたら相撲大会やろう!」

090619_1118~01.jpg 090619_1136~01.jpg 090619_1124~01.jpg 090619_1152~01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

いい天気!対岸は川崎    暑いから日傘        川の真ん中でお弁当      大相撲大会?

090619_1201~01.jpg 090619_1220~01.jpg

記念撮影をして等々力駅に帰る途中、「あっ!ヘビだ!」

シー君、「ヘビ、見つけると思ったんだよ」

ヘビに出会うと縁起がいいと言われる?けれど、来週、何かいいことあるかな?グリーンジャンボ、当たるといいなあ・・・。

 

スカイレールで遊んだ日

● シンキングマップのように広がる地理講座

地理講座は『広島県』に突入!

 

123452778456.jpgこの地理講座はシンキングマップを作るように、話題がどんどん広がっていく。

例えば、こうだ。

広島と言えば原爆。ここから、リトルボーイやエノラゲイ、ウラン型原爆、プルトニウム型原爆、長崎、長崎は地形に助けられ被害が少しは食い止められた・・・。

「原爆記念館とに行くと体調が悪くなるんだよねえ。前にアウシュビッツ、ポーランド読みならオイシェンチムに行った時もそうだったんだよ」

ここから、ユダヤ人虐殺のホロコーストの話、そして、「ユダヤ人を助けた人もいるんだよね」・・・

 

「シンドラー!」

「日本人もいたんだよ」

「杉原千畝!」

いやあ、博識なシー君とたか君!

この後、手塚治虫のマンガ『アドルフに告ぐ』へと話はどんどん広がっていった。

こんな感じの地理講座なんです。

 

●難解スカイレール

 

P6180001.jpgたか君の英語の後は、「スカイレール P6180002.jpgをやろう」と呼びかけ、熊谷にて埃をかぶっていたスカイレールの組み立て開始。

しかし、説明書をみてあきらめる子や、やってる最中にどうもうまくいかなくて投げ出す子、脱落者続出!!→

さらに、あと少しで完成というところで「ガシャーン!!」

ふざけていたせいで壊れてしまいましたトホホ
                        やり直しに...orz

P6180014.jpg

←骨組みはあっても一から作り直すのは非常に大変なこと。とりあえず直そうとはしてみるものの...

大変なので、骨組みの数を減らして、少々スケールを下げることに...そして格闘するこ約30分....

「できた!!」

調整に調整を重ねてのことやっとできました。スカイレールは、もっと簡単なものが東急ハンズとかでも売ってたりしますが、このタイプは骨組みを作り変えたりして自在に変化させて遊ぶこともできます。更に、レールを紐で釣るので繊細で高等な遊び道具なのです。     ちょっと難しかったかな笑

P6180004.jpg

P6188976897620.jpg

P6180022.jpg

 

 

 

 

 

 

 

↑骨組み完成                ↑失敗後の最終形態            ↑箱、薄い線が「紐」

お手伝い、ありがとう!

今日は、代表木幡が定期健診のため、スペースオープンは、午後から。

・・・、しかし、中央線のポイント故障で電車は大幅の遅れ・・・。

これといったことができない一日でした。

● パンフの折込、ありがとう!

ジャパンフレネのパンフレット、一部改訂のため印刷し、みんなに折込を頼みました。

用事があり外出したので、折込の様子を写真に撮っておいてもらおうと電話したら、

ボラ・けいちゃん、「もう、終わってしまいました」。

うううう、というわけで折っているところのやらせの写真を・・・。後は、ご苦労さんということで三時のおやつ。

「アイスがいい!」

「けいちゃん、君は手伝ったの?」

「ううん、やってない」

「じゃあ、君はガリガリ君で我慢しな」(笑)

アイスを食べているときは、実にしずかーなフレネです。

P6170001.jpg P6170002.jpg P6170003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

折り終わった後のやらせ写真       たくさんのパンフが!ありがとう       おやつタイムは静かです

● 歌舞伎揚げで何を?

昨夜、テレビでお料理番組をやっていた。代表木幡に似ている大竹真が25分間で三品のお料理を作っていた。

※ 代表木幡は、大竹真の他、マジックのマギー司郎、ジャズの山下洋輔に似ていると言われた。

新しいものにチャレンジする木幡。歌舞伎揚げをかなづちでたたいて細かくし、とんかつの衣にする。肉は薄切りロースの三枚重ね。今夜、これにチャレンジし、お料理の授業に提案します。

P6170004.jpg

 

←伊勢丹には売っていなかったが、コンビに・サンクスでは売っていた『歌舞伎揚げ』

いろいろ調べました―地理講座

昨日は、記事をお休みしました。

二日分まとめて掲載します。

● お料理の授業

以前大好評だった〈簡単親子丼〉に再チャレンジ。

タマネギと鶏肉を刻み、麺つゆとお砂糖の中に入れます。お肉が煮えたら溶き卵。これだけ!おいしい!

P6150001.jpg

P6150004.jpgP6150007.jpg

 

 

 

 

 

 

 

   材料を前に役割分担         一人一人、丼用鍋で作ります        三つ葉をちらしていただきます

● 英語講座100回記念!

週2回コツコツと進めてきた英語の講座が100回目になりました。

P6160020.jpg P6160019.jpg 「もう100回なのか!」

「よく続いたね」

達成感がある面々です。

参加者は、いつも6名から7名。

とにかく続いています。

継続は力なり!

 

● おりこうちゃん新聞 6月は梅雨特集

恒例の壁新聞「おりこうちゃん新聞」作り。6月のテーマ「梅雨」をテーマにそれぞれがA4の用紙に書いていきます。

P616013.jpg

P616006.jpg P6160017.jpg

 

 

 

 

 

 

 

記事の内容を相談します            一所懸命記事を書くけーちゃん       ユジェ君の記事

 

【けーちゃんの記事】

四年生、けーちゃんは、詩を書きました。

『雨』

公園 雨 残念

ブランコのれなくて やだ

木とか花は うれしそうだな

でも ぼくたちは うれしくないよ

とっても ざんねんだよ

バナナ虫は ざんねんかな

それとも うれしそうかな

せんたく たいへんだうお

ありも たいへんかな

それとも たいへんじゃないかな

だんご虫  雨の日はまるまっているのかな

まるまっていないのかな

● 木幡マンの『地理講座』も続いています

34回目は、瀬戸内海に面している岡山県。

講座が始まる前に何やら調べているしょう君&しー君。

「いやね、岡山県のことを調べているんだよ」

○○件と言えば?この問いかけに答えるため、各県のあれこれを調べているんですね。

P6160021.jpg P6160022.jpg

 

 

 

 

 

 

 

二人で岡山県を調べています       ねた本は、これです

「岡山県と言えば?」

「備前焼!」

「鬼ノ島神社!」

「何、それ?」

「いや、書いてあったんだけどな」

「俺の知らないのは、無効!」(笑)

「学生服」と言ったのは、だいちゃん。

調べてみたら、男女学生服の生産日本一でした。驚き!

以前、倉敷行きに行ったとき、派手な黄色いシャッを着ていた。

小学生に「おっちゃん、吉本の人?」と訊ねられた。(笑)

岡山県の津山地方で戦前に起きた日本最大の殺人事件『津山37人殺し』・・・。(文庫本で出ています)

これが、一番興味深かった様子。横溝正史の推理小説『八墓村』のモデルにもなった事件です。

P625.jpg

 

岡山県と言えば、バラ寿司!

近所のおすし屋さんの出身地が岡山県なのでバラ寿司を売っています。

実物を見てもらうために、買って来ました。

 

 

 

 自炊部、誕生!

「今日のお昼は、長崎の皿うどん。楽しみだなあ」とシー君。

「食べに行くの?」

「いや、自分で作るんですよ」

なんと、ミックス野菜まで買ってきていました。

大きくなったら自炊もできるんだね!みんなうらやましそうでした。

P6024.jpg P616023.jpg

 

 

 

 

 

 

 

      調理するシー君          これが噂の皿うどん!

ついに入梅の東京・・・、本日のお散歩は大手町の逓信総合博物館!

 

P6120253.jpg

P6120254.jpg

P6120255.jpg

 

 

 

 

 

 愛を奏でる・・・

皇太子ご成婚(?)やら赤十字やら、はたまた平和の象徴鳩やら・・・。

特別展は、これらの切手の展示です。

P6120258.jpg P6120263.jpg P6120257.jpg

 

 

 

 

 

 

 

     赤十字の切手               鳩です

 

P6120260.jpgP6120261.jpgP6120262.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  世界の赤十字切手                                        初の年賀切手

 

● 常設展も充実

この博物館は1階から3階までの展示スペース。1階は常設展、2階は通信事業、3階は郵便の歴史や世界のポストや切手など、郵便事業の歴史がよくわかる。ただし、各階のスペースが広く、かなり見ごたえがある。じっくり見ると4時間以上かかるのでは・・・?

郵便の父=前島密・・・、どんな人物か知りませんでしたが、3階スペースに行き、よーくわかりました。

郵便だけではなく、早稲田大学の設立だけでなく、盲学校や日本郵船、日本通運にも関係していたんです。

P6120264.jpg P6120267.jpg P6120266.jpg

 

 

 

 

 

 

         前島密             榎本武揚も郵便に関係していた!      日本の郵便事業年表

P6120268.jpg P6120269.jpg P6120272.jpg

 

 

 

 

 

 

 

    初の切手販売機              初の葉書販売機               葉書自動仕分け機

 

P6120273.jpg P6120274.jpg

 

1時間見てぐったり・・・。3階の半分も見ていません。やはり、博物館は、疲れます。

 

 

 

 

 

    オーストラリアのポスト        左はドイツ、右はオランダのポスト

 

うどん屋さん

  •  昨日の残りのうどん

スタ・英樹が食べる予定だったお料理の日に作ったうどん。結局たべれそうもないので、子ども達と共に分けてみることに。冷凍してある麺を湯がきます。電子レンジでやらないところがミソ!!再びさっとゆでたあとのうどんはツルツルでおいしい! P161101002.jpg 12110003.jpg 1216110001.jpg  

   

 

 

P6110006.jpg

 

 

ゆでコーナーでうどんをもらった子から、つゆコーナーへ。

スタ好みの味付けですが、濃すぎず薄すぎず、麺がなくなったあとも「おかわり!」とスープとしておかわりする子も!

実際の麺は本当にいい具合で、細くて、弾力こそないけれど、溶けてしまっているということもなく、ツルツル口に入ってきて最適でした。

 

P6110005.jpg

P6110002417.jpg

特製のダシ汁がよく出ていたのも、おいしい理由だったかもしれません。

残り物でネギとしょうがもあったので、さらにおいしくなり

見事に全員で完食できました!

 

 

 

  • お勉強とパンフレット

今日は梅雨入りしたせいか、皆なかなかやる気が出ない勉強でしたが、コツコツやる子もちらほら。英語はlet it be和訳の二回目です。手の空いている子に有志を募って、パンフレットの折込を手伝ってもらいました。みんな、なんだかんだ言って手伝ってくれるのです。

P61110010.jpg

P61110011.jpg

P6110009.jpg

 

 

 

 

 

↑パンフレット初め             ↑パンフレット今日のところまで      ↑英語、基礎のおさらいと今日の箇所

 

 

五島うどんを賞味する―お料理の授業

日本三大うどんって知っていますか?

秋田の稲庭うどん、富山の氷見うどん、そして長崎は五島列島の五島うどんです。

本日は、五島列島よりうどんを取り寄せ、地獄煮にチャレンジ!

● 地獄煮って?

要するに釜揚げうどんです。だし汁だけでもいいんですが、具沢山、そしていろいろとトッピングも用意しました。

P6100005.jpg P610006.jpg P610001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

これが五島うどん!平岩さんの作。   塩は沖縄・宮古島の雪塩          大葉は木幡が自宅庭で栽培したもの

● 具沢山

だし汁は『あご』(飛び魚)。だしをとって雪塩と酒、醤油で薄めに味付けする。しいたけ・油揚げ・しゃぶしゃぶ用ブタバラ・長ネギ・ときたまごをどばっと入れる。トッピングは、白ゴマ・かつお節・大葉・しょうがの千切り・ほうれん草・長ネギなどなどお好みで・・・。

P6100002.jpg P610004.jpg P610010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

あごのだしは、やわらかスイート       具をぶちぶちと切る             ときたまご、そしてブタバラ&具!

P6100012.jpg P6100013.jpg P610014.jpg

 

 

 

 

 

 

 

     トッピングの数々!         カセット三連!                  ゆで上がり寸前です

● お味は?

「おいしー!」

「味がやさしいよね」

美味しかったなあ!しかし、うどんをゆですぎ・・・。スタ・英樹が今夜と明日にかけて完食するそうです。

P6100018.jpgP610020.jpgP6021.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  熱いから気をつけてね          kれがフレネ流地獄煮!           美味しいぜ!

※ お取り寄せメモ

  平岩うどん               095-952-8473          一束300グラムで300円 

                            あごだし別売「インスタントでないだし」のほうが良い。

                            代引きで送ってくれます。

 

あれこれ探すが出てこない・・・

木曜日に山梨県の甲府で授業をする。そのための道具をそろえていたら、1個どうしても出てこない。

「ケチャップの入れ物しらない?ほら、驚かすのにつかうやつ。」

みんなで手分けして探してみたが出てこない。いつもは『マジック』のラベルをはった箱に入れてしまってあるんだけれど・・・。1時間半も探してみたが、行方不明・・・。

探している途中で、色々な箱を開けてみた。

「なんだよ!カルタの札がなくなってんじゃん!」

うー!整理整頓ができないんだなあ・・・。ヨガの先生が来る時間が迫る。道具は出てこない。色々なものが行方不明ということが発見される・・・・。うううううううううーーーーーーー、いらいらしているうちに時間は経つ。

こんな一日でした。なーんにもできなかった。こんな日もあるさ・・・。

※ 結局、ブツは出てこず、どういうわけかヨガの先生も来なかった・・・。

P6090001.jpg P6090003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

    英語の授業の一コマ         地理講座で使っている地図帳

またまた雨・・・、等々力渓谷はいつになったら行けるやら・・・。

というわけで、今週のお散歩は雨を想定して、上野の国立科学博物館へ!

● 化石を探して

先週のお散歩で新宿三越の階段にある化石を見てきた。

その続きを見ようと思っていたら・・・、あっという間に子ども達は館内のあちこちに・・・。

一人寂しく日本館の三階から1階を見る。ここには日本列島の生成から植生や化石など、日本関係のあれこれが・・・。

P6050004.jpg P605003.jpg P605005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと見ただけなのに、もう疲れてしまった・・・。

 

P605006.jpg

P605007.jpg

P605000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ目当ての化石のコーナー!保存状態の良い恐竜、そして夕張で発見されたという直径80センチのアンモナイトの化石!でっけー!

P605009.jpg

この辺でギブアップ・・・。

P605010.jpg

 

P605011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代のミイラ(撮影禁止)や妙にリアルな縄文人や弥生人のレプリカを見て、早々と昼食・・・。

 

● ごった返すラウンジでお昼寝

平日だというのに混んでいます。修学旅行の団体が多い。高校生以下無料というのがいいですね。

P605012.jpg

P605013.jpgP605014.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ようやくテーブルをみつけ「いただきまーす!」

食事の後は、昼寝するひで坊・・・、代表木幡もこの後熟、睡モードに・・・。

ボラりほちゃん、「こんなにざわざわしたところでよく眠れますねえ」と、感心。

P605002.jpg

● いない!

さあ、駅に向かおうと思ったらとも君がいない。

館内は携帯電話の範囲外・・・。みんなであちこち探し、迷子の館内放送もいれてもらったが・・・。

外に出てから携帯に電話してみたら、「もう電車に乗るところですよ」

ぎゃふーん!

 

P606015.jpg

 

国立科学博物館常設展は、高校生以下無料。大人600円です。

※ ただし特別展は別料金

それぞれの学び

6月は大きな行事は、ありません。それぞれの学習を進めて行きます。

● 中学生の学び

新入会員のたか君を含め、英会話は7名が参加。今までで最高の人数!

新会員のために連立方程式の導入を授業しました。早く先に進んで、他の子に追いつこうぜ!

P60402.jpg P640003.jpg

P60404.jpg

 

 

 

 

 

 

 

     仲良くプリントを回す        真剣な表情で課題に取り組む        連立方程式の導入です

● 小学生の学び

P604009.jpg P60406.jpg

一人静かに課題に取り組む子。

一段落してカメラにピースする子。

午前中は、一人一人の学びの時間。

小中合同地理講座は33回目!遂に四国地方まで来ました。今日は鳥取県!!砂丘以外にもおもしろそうな場所や物がたくさんありました。

 

 

P6007.jpg P6040012.jpg

ビートルズの"let it be"の翻訳をはじめました!!新入会のタカヒロ君と、ひできがゆっくりとツーマンセルで訳していきます。同時に文法もおさらいで、一石二鳥です!!

 

 

 

 

   

 

 

 

                                                     

 

ゴーヤが嫌いなのにゴーヤチャンプルを作ることになったお料理の授業。

そこで、急遽ソーミンチャンプルに変更。超簡単沖縄料理です。

● 材料を刻んで炒めるだけ

にんじん、キャベツ、ピーマン、もやし、タマネギを適当な大きさに刻む。ソーメンは、固ゆでにして、サラダオイルをふりかける。そうしないとくっついちゃう。これは、沖縄そばと同じ流儀。ベーコンあるいは豚肉、沖縄っぽくいくならポーク(ランチョンミート)を入れたほうがいい。今回は、伊勢丹よりしゃぶしゃぶ用ブタバラをゲット!

野菜と肉を豪快に炒め、ソーメンを入れ、さらにいためる。味付けは、塩・コショウ・お酒・醤油を適宜。仕上げに各自かつお節を振りかける。肉の代わりにシーチキンという手もあるけれど、魚くさいのが難点かな。

P6030001.jpg P6030003.jpg P6030004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

    分担して野菜を刻む             高級ブタバラです           準備万端整いました!

P6030005.jpg P6030006.jpg P60307.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  わかめと豆腐の中華スープも         野菜&肉を炒める              ソーメンを入れる

「あのね、私、ソーミンチャンプル食べるの初めて」

「どうだった?」

「おいしかった!」

よかったよかったの沖縄料理でした。

※ 豆知識

もやし多めのチャンプル→マーミナーチャンプル

キャベツ多めのチャンプル→タマナーチャンプル

フーチャンプルや豆腐チャンプルもあるよ!

沖縄では塩のことをマースといいます。漢字で書くとこうなります。

              ↓

             真潮

実感が出ていますね!

P6030008.jpg

P60009.jpg

 

 

 

 

 

 

 

テーブルクロスを敷いて食べます         おいしそうでしょう!

お昼寝の人々―暖かな一日

一週間ぶりのいいお天気・・・。フレネの子ども達もいい気分・・・。

● 定番です そしてお昼寝です

英語の学習は、いつも6人。体験入会のじゅん君も加わり、本日は7人!

木幡マンの地理講座は32回を数えました。

「兵庫県と言えば?」

これが出てこないんです・・・。

「兵庫県の県庁所在地は?」

これも出てこないんです・・・。

「赤穂と言えば忠臣蔵!ばばんばん!

講談調に木幡の独演会!

ミーティングでは、今月のお料理とお散歩の内容を決めました。

「ゴーヤチャンプル!」と決まったのはいいんだけれど、全員がにがにがゴーヤが苦手で大爆笑!

P6020001.jpg P6020003.jpg P6020007.jpg

 

 

 

 

 

 

 

持続する英語教室             ミーティングで爆睡するひで坊       ヨガ講座も長く続いています

P6020009.jpg P602010.jpg

将棋とヨガの狭間で・・・。

ヨガをやっていてあまりの気持ちよさにこれまた爆睡のとも君。

 

 

 

 

 

● 将棋対決!

不慮の事故で障害を持ってしまったたく君、一時は生死をさまよいましたが不屈の努力で自力歩行もできるようになりました。木幡VSたく君、木幡の勝ち!けいちゃんVSたく君、たく君の勝ち!

「負けるからもうやらない」と、けいちゃん。ファイト!

P6020006.jpg P6020008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

まずは、くずし将棋で指の訓練       将棋対決の始まり!

化石ウォッチングin City

雨のため、お散歩の予定を急遽変更!街中にある化石を見に行くことになりました。

● 化石ってなあーんだ?

「これなにかわかる?」

三葉虫の化石をみせる。

「これ、ダブルになっているでしょ。珍しいんだよ。どこで採れたかわかる?」

南米歴4回の木幡が、ボリビアの首都で買い求めたもの。

ということは、海抜4000m地点が「昔は、海だったんだ!」

その他、夕張で掘ってきた石炭や地層が明確に見える石などを提示し、化石とは何ぞや?のレクチュアー。

石炭や石油だって化石なんだね!

P52901.jpg P5290002.jpg P5290003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

化石とは何かを考える             三葉虫ダブル                  夕張産石炭

P50004.jpg P529005.jpg

地層がはっきり見える石。

ルーペももって、いざ化石探検へ!

 

 

 

 

 

● 都市は、化石の宝庫

古い建物に使われている石材には、化石がたくさん詰まっている。

フレネから徒歩7~8分の新宿三越に化石を見に行こう!

P5290006.jpg P5290007.jpg P5290008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

雨の中、三越に向けて出発!すぐ地下通路に入ったので、雨もへっちゃらさ!これが都会のいいところ?

● 三越は化石だらけ

「これ化石?」

「しるしがついているよ」

「アンモナイトだ!」

1号階段~4号階段までその壁面や床は、化石がたくさん!

P5011.jpg P52012.jpg P52017.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こんなふうに見学者に丁寧に説明してくれるのが嬉しいなあ!

● それでは化石大集合!

P5290013.jpg P50014.jpg P52031.jpg

 

 

 

 

 

 

 

P529019.jpg P529008.jpg P5016.jpg

 

 

 

 

 

 

 

P529022.jpg P52908.jpg P529029.jpg

 

 

 

 

 

 

 

P52930.jpg P90035.jpg八回まで上って下まで降りる。

この繰り返しで結構疲れたけれど、

じっくり化石を観察できました。

 


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30