これがジャパンフレネの授業レシピです

 誰でも道筋がわかる『授業レシピ』

学校では校内研究会などで授業案を作り、その通りに授業しようと教師は、四苦八苦する。授業の決定権は、教師にある。授業の文脈や構造を逸脱することは、許されない。しかし、ぼくはその対極で授業してきた。わき道に入る。ハプニングを歓迎する。そもそも教材研究とは、何かを伝達するために行うものではない。子どもの出方次第でどんな方向性にも対応することができる身体性のトレーニングと考えれば、いい。イチローの打撃練習をイメージしてみよう。

そもそも、誰でも同じ授業になることなどありえないという観点で授業を作ろう。技術に走る前に教材を吟味しよう。教科書そのままの内容を技術を駆使して教えてもあまり意味がない。

ジャパンフレネでは、多くの教師と協同で授業作りを行い、いくつもの追試を行ってきた。学校の授業案のように綿密ではなく、ある程度の道筋をたどることができる・・・、それが授業レシピだ。これをベースに間テクスト性を駆使し、それぞれがそれぞれの場所で楽しい授業を作ることを希望する。

授業レシピの一例を紹介しよう。

 

ダイアローグ

「毎日顔を洗うか?」

「毎日下着を替えるか?」

「毎日風呂に入るか?」

など衛生に関する10個程度の質問にこたえてもらう。

今から150年前ぐらいの世界は、どうだったのか…、そのイメージを出す。

<洗濯>をキーワードにシンキングマップを作る。

 

キーワード

昔はみんな不潔だった

タイトル

清潔文化の誕生

シンキングマップに出てきた項目に対し、洗濯が行われない理由について考える。

仕掛け(留意点)

   質問項目のセレクト

   シンキングマップの広がりのセレクト

   1850年前後のアメリカの清潔概念がわかる映画の準備(例えば『荒野の決闘』、「シェーン」、「西部開拓史」など)、あるいは当時の写真

素材

『清潔文化の誕生』

スーエレン・ホイ(紀伊国屋書店 1999

ねらい

「清潔とは何か?」を考える

清潔の概念形成について<戦争の死者数>などのデータをもとに考える。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この授業レシピは、今泉浩晃氏発案による思考ツール『マンダラート』を使用している。9つのマスの一番中心がタイトルとなり、その真下のマスをスタートに「の」の字の順に読んでいく。

 

タイトル→ねらい→素材→キーワード→ダイアローグ→仕掛け

 

ダイアローグの③と④をみてわかるように、シンキングマップ次第で授業がどう方向付けられるかわからない。予定調和は、ないのだ。同じ授業も二つと出てこない。新たな文脈、構造が毎回作られていく。教師の技とリテラシーが求められる。この授業の参考文献は膨大になり、映像も駆使されるだろう。こういう授業を考えるとワクワクしてくる。対象は小学校高学年から高校生まで・・・。数百本単位の授業レシピは、教師の共有財産となるだろう。

 

もう一つ、自分のことを知ってもらう自己紹介文をマンダラート仕立てにしてみた。紹介してみよう。

 

ダイアローグ

1949年12月18日

北海道生まれ 射手座のA型 三歳年上同月日生まれの友達にスピルバーグ、14歳若い同月日生まれの舎弟にブラッド ピッドがいる

あちこち放浪、大学を7年かけて卒業

引越しは20回以上

教員になってからは公立・私立を転々と… 

全国各地で授業

校長任期を残してバッくれる

 

1999年4月、ジャパンフレネ設立 好きなことやるのは実に楽しいと実感する 

茅ヶ崎・熊谷・沼田に「選択登校」の輪が広がる 

 

キーワード(アクロスティック)

とばはいらない

はあとだけ

ただ

ひとはいう

ろくでなし

しかし にくめない

タイトル

 

新宿2丁目銀髪先生

 木幡 寛

  

   

 人に相談をしたこと皆無 自分のことは自分で決めます 率直なので誤解されやすい 亡くなった母から「出る杭は打たれるよ 周りに合わせなさい」といつも言われていた

仕掛け(留意点)

   小学校~中学校までの通信簿には、一貫して「落ちつきがない」と書かれていた→要するにおっちょこちょい

   好きなことには金を惜しみません しかし、お金がないので篤志家を探しています 同時に、持っているお金は使わないと済まない性格

   母性本能をくすぐります

   趣味は自転車

   先日、300枚の原稿を六日で仕上げた 筆が速い 買ってね! 

 

素材

 

 

裸の木幡寛

ねらい

 

 

自己アピール(あるいは、生き恥をさらす…)

 「授業作りの会 BASIC」を発展させ、学校と学校以外の学びの場を繋いでいきたい

 

いい加減そうに見えて、実はナイーブ、生真面目

 

 これなら楽しく書きます。読んでみたくなります。

  

 

● ジャパンフレネあれこれ

 

基礎数学は、本日より『文字式』に突入!

まずは、対角線の数を知るための法則を考える。

 

P921ん0002.jpg

「対角線、引いてみてよ」

ところが、引いたのは・・・。わざとか、ほんとは知らないが、「おおぼけかますなよ」と、爆笑!

 

P921ん0003.jpg P921ん0005.jpg

 

対角線の数には、何か法則があるのでは?

ごうき、こういうの好きみたい。左の映像のように秩序付ける。

これを仮説と言い、それを証明するためにあれこれ考える。

 

 

 

 

 

P921mm0006.jpg P921ん0007.jpg

P9210ん004.jpg法則を表現するための三つの方法。

文字を使う理由を考えました。

n角形の対角線の数。

n(n-3)/2で求められます。3の意味、2の意味、しっかり押さえます。

nには4以上の正の整数が入ります。ちゃんちゃん!


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ