ローランドゴリラの手形がない・・・―『手の授業』の続き

● 審判、下る・・・

昨日の帰りがけ・・・、「わーん!」と大きな泣き声・・・。

遊び部屋に行ってみると、下記の映像のような始末。

P4090001.jpg P4090002.jpgカードゲームのいざこざ・・・。

「けんかして泣くんだったら、カードゲーム、やめたら?」

ジャパンフレネでは、喧嘩両成敗は、しない。きちんと両者の意見を聴いて、何が問題か、どう対処するか考えていく。今回のトラブルの理由を聞いてみたら、どっちもどっち。けんかにならない様なことでけんかしている。解決法は、カードを持ってこない。カードゲームしないってことかな?

そもそも、ジャパンフレネの憲法では、『カードゲーム禁止』という項目があった。

どうしてもやりたいという意見があり、以下の条件付でOKとなった。

※ 午前中は、カードを出さない・

※ カードゲームは、授業終了後に行う。

※ カードゲームのことでけんかをしない。

上記が守れない場合、その当事者は、カードゲームができない。

そういうことがあって、今日の午前中・・・。昨日、けんかをしていた二人が午前中、カードを出していた。

緊急ーミーティング!中学生から、厳しい意見が・・・。

「もう、このことで何回注意を受けてるんだよ。カードゲームする資格なし!」

グーの音も出ないお二人さん・・・。連休明けまで、カードを持ち込めなくなりました。

どうしてもカードゲームをやりたいなら、その正当な理由を持って、連休明けに提案することができます。

さてさて、どうなることやら・・・。

 ローランドゴリラの手形がない

手の授業の続きで人間の手とゴリラの手の違いを見てもらおうと思ったのだけれど、引越しのドサクサで、教材の実寸大ローランドゴリラの手形がどこかに行ってしまいました・・・。昨日からずっと探しています。

P4100009.jpg

本棚に本を収納したのだけれど、ご覧のようにジャンルがバラバラのまま、とりあえず収納しただけ・・・。仕方なく、ゴリラの手形無しで、昨日の続きを・・・。

● 親指の対向性

まず、人間の手形をとりましょう!

P4100bvc011.jpg

P4100bvc012.jpg P410bvc010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さあ、手形を見て、5本の指の中で一本だけ仲間はずれがある。さて、どれでしょう?

「親指!関節が二本しかない。他の指は、三つ」

P41000bvc13.jpg

               りえす、登場!「親指は、他の指の手助けをしているよ・・・。だってさあ・・・」

 

P41000bvc14.jpg

                               鉛筆を持ってみる。

P4100bvc015.jpg

                               鉛筆を抜いてみる。

親指と人差し指・中指が向かい合っている。向かい合わなければ、鉛筆を持つことができない。このことは、手形をみても良くわかる。親指の腹は、手形に出ない。

P410vcd0016.jpg

りえすが言う『他の指の手助け』とは、このことを行っているんだね。つまり、『親指の対向性』!これが、人間の手と他の動物の手との大きな違い。このことで人間は、優位性を保つことができた。ゴリラの手形には、親指の腹がはっきり写るんです。「しゅうへいの手形ゴリラに似てるよ」(笑)手の仕事からそれに代わる道具の発展まで考えました。

● ジャパンフレネあれこれ

P4100003.jpg

P410んbv0004.jpg P410bvc0005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

               小学生は、辞書引き学習。中学生は、英語・・・。仲良く学んでいるね!

P4100bvc008.jpg

                   辞書に付箋がたくさんはさまっています。たくさん、引いたね!

P4100bvc007.jpg P4100bvc006.jpg P410bvc0017.jpg

 

 

 

 

 

 

 

                最後にみんなで感想を・・・。「おれ、優等生っぽいこと書こうっと!」・・・


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ