写真を読むーブラジルの光、家族の風景

● 写真を読む―ブラジルの光、家族の風景

P4170009_R.JPG
いつ・どこで・誰が・何を・どうしたか?

P4170010_R.JPG
P4170007_R.JPG
この写真だけでは難しいかな?

雲の形は?
「鰯雲?」
「秋?」
何を持っているのだろう?
これが読み取れない。
「傘?」
「こんなに小さい傘なんか、ないよね」
他の写真をヒントで出してみる。

P4170011_R.JPG
「でっかい!」
「これって、切った木の上に乗っているの?」
「これって傘じゃなく、鍬?」
ここまでくるのに結構時間がかかる。
「日本じゃないよね?」
「鍬でバランスを取って遊んでいるんだ」

P4170022_R.JPG
「日本人だ!」
「カツラを被っている」
「芝居をやっているんだ」

これらを総合して・・・、わかったことは、外国で日本人が農業をやっているということ・・・。

何で海外なの?海外に行かなければならない理由があるんだね。

P4170026_R.JPG
P4170025_R.JPG
P4170024_R.JPG










この写真を撮った大原治雄さんは、1927年、17歳の時移民としてブラジルのサントスに渡り、その後、パラナ州のロンドリーナでコーヒーや果樹の栽培を手がけた。日本には一度も帰らず、家族の写真を撮り続けた。

P4170013_R.JPG
P4170016_R.JPG
P4170015_R.JPG










ブラジルやパナマ運河、そしてサントスやロンドリーナの位置を確認する。
苦しいこともあったに違いないが、その写真は一貫して、家族への暖かい眼差しにあふれている。

フレネでは、こういう風に写真を読む授業を時々定期的に行います。

 ジャパンフレネあれこれ

P4170001_R.JPG
P4170002_R.JPG

別所温泉に行ってきたゆうやは、ドライアップル、京都で授業してきた木幡は、生八つ橋。
みんなで美味しくいただきました。








P4170004_R.JPG
P4170005_R.JPG
P4170006_R.JPG










教科書は、レベルが低すぎ。教科書の1単元を40分で終わらせ、体積に入ります。しかし、展開図の組み立てから入り、体積を「もののかさ」と定義する内容は、使えません。京都に持って行った道具がじき戻って来るので、木幡式の内容で進めていきます。乞う!ご期待!その前に3年生には、面積を(^^♪

P4170017_R.JPG
P4170018_R.JPG
P4170019_R.JPG










掃除当番は、ありません。汚れていたら、みんなでお掃除し、今日はワードバスケット(^^♪

P4170020_R.JPG
例えば、『し』で始まり、手持ちの音で終わるシリトリゲーム。『く』を持っていたら『しんがく』と言って『く』のカードを出す。手持ちのカードが速く「なくなったら勝ち!


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ