小学3年生でもわかる正負の数(^^♪

● 赤と黒のゲームで助走

赤のカードは借金、黒のカードは財産。ババ抜きの要領で1巡以降、手持ちの財産が一番多いと思った時、ストップをかけることができる。手持ちのカードが赤ばかりの時は、大逆転の『赤ストップ』!
これで、赤と黒の価値が大逆転!

P6290002.JPG
普通のストップの場合、-10。
赤ストップをかけると、+10になる。

P6290003.JPG
小学生も交えて赤と黒のゲーム。特大トランプ!シャッフルが大変です。

P6290004.JPG










P6290005.JPG
                 りんちゃん、昨日に続き、大勝利!

● 赤と黒のゲームをイメージして正負の数の引き算

P6290012.JPG
(+3)-(-2)

-(引く)はカードを取られるということ。
「-(-2)ってことは?」
「-2のカードが手持ちにあるってこと?」
「そうそう!-2のカードがあって手持ちの財産が+3の場面を考えてみてね♪」




(+3)+(+2)+(-2)の場面で-2のカードが取られるってことは、
キャンセルされていた+2のカードが

よみがえる!生き返る!復活する!→これはたし算!

正負の数の引き算は、引く数の反数を足せばいい!超簡単!小学校3年生でもわかります(^^♪

P6290006.JPG
P6290008.JPG
P6290009.JPG










          意味がわかるって、こういうこと!なるほどなるほど、後は練習♪

● ジャパンフレネあれこれ

P6290010.JPG
仲良く折り紙♪

P6290011.JPG

そして、割り箸鉄砲で人間射的!








P6290013.JPG
P6290014.JPG


ビンゴゲームでEnglish!
エイドリアン先生の英語講座(^^♪

HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ