初めて書いた‛‛本ジャパ’’、他あれこれ・・・♪

● 初めての本ジャパ― リフレクション

朝、フレネに来たら、本日の予定ややりたいことを用紙に書き込み、帰る前に自己チェックを入れる。
ここでは、基本的に命令や強制がない。唯一、『本日のジャパンフレネ』=本ジャパを書くことだけが、契約。しかし、これが、なかなかできない。書けない。小1ちいぼうもそうだった。

お料理の授業の後、ミーティング,
その後公園に行き、みんなで一緒に遊ぶのが定番。
本ジャパを書き、みんな公園に・・・。
残っていたのは、ちいぼうだけ。

「ちいぼう、本ジャパ書いてみる?」
初めて誘ってみた。
ちいぼう、黙って、引き出しから本ジャパの用紙を持ち出す。

こう書け、ああ書けとは、一切言わない。
わからない字だけ、教える。

そして、出来上がりました!初本ジャパ!!!

PB220104_R.JPG
PB220103_R.JPG
これで充分です。

「木幡さん、ばいばい!また、明日ね♪」
風のように公園に飛んでいったちいぼうです♪

楽しいだけでいいんです。




● ミーティング→お料理の授業は、ペペロンチーノ&オニオンスープ→群読→ミーティング

たこ焼きの予定も、たこ焼きだけじゃお腹いっぱいになりません。
それに油がねえ・・・。
というわけで、ペペロンチーノ!

調理は、簡単!

PB220089_R.JPG
PB220092_R.JPG
PB220091_R.JPG










              タマネギ・ニンニク・シイタケ・鷹の爪を刻むだけ。

一通り準備ができたところで、群読の練習。
まど・みちおの『ゆきがふる』。

PB220093_R.JPG
PB220094_R.JPG
PB220095_R.JPG










一通り声が出るようになった。
「これ、どんな感じで声を出したらいいの?」

「雪を見上げるように声を出そうよ」
「静かな感じかな・・・」
「音が吸い込まれるような感じに」

「『そらへ そらへと のぼってく』って?」

「止まっている電車に乗っていて、隣の電車が動いた時、乗ってる電車が動いたみたいに・・・」
「見上げていて、雪が落ちてくる。上っていく感じ、わかるよね」

納得いくまで練習し、スッキリしたところで、パスタをゆでます。

PB220096_R.JPG
ゆで方は中学生。

PB220098_R.JPG
何で、ゆで汁を取っておくの?
一つ一つ教えてあげます。

PB220097_R.JPG










PB220099_R.JPG
PB220101_R.JPG
PB220100_R.JPG










                 とても美味しくできました♪ 完食!


【ミーティングの議題】


PB220102_R.JPG


・ミニ飛ぶ教室 in 野沢温泉の件
・金曜日のお散歩 『ゴッホ展』
・注意の仕方を学ぼう
・動くことができる身体を作ろう

「起立!礼!着席!・・・、こういう経験のある人?」
みんな似たような体験をしていることがわかった。

「学校って、どうしてこういうことをするの?」

「気持ちを引き締めて、勉強するってことかな?」
「けじめをつけるためじゃない」

学校は、日常を非日常化する中で何らかの幻視を与える場所・・・。
そうじゃなきゃ学べないと、固定的にとらえているんだね。

24日(金)のお散歩の授業は、『ゴッホ展』(東京都美術館)(^^♪


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ