ちくわと人間は、同じ仲間・・・?そして、発展!

● 粘土でちくわとコーヒーカップを

P7032242_R.JPG
夏太郎が中心になって作ってくれたちくわとコーヒーカップを使って、授業しました。

P7032244_R.JPG
P7032245_R.JPG










これで、どんな授業が始まるのだろう?

● ちくわの仲間は?

「じゃあね、ちくわの仲間を発表してね」
「かまぼこ!」
「おお!そう来たか。どういう仲間分け?」
「魚でできているじゃない。ナルトもそうかな?」
「素材だね」

P7032256_R.JPG
P7032262_R.JPG
P7032258_R.JPG










「シガールというクッキー。穴が開いているんです」
なるほど、穴が一つ開いているという仲間分け。

P7032253_R.JPG
P7032254_R.JPG
P7032255_R.JPG










みんなでスペース内にある穴あきグッズを探してみました。
この観点で調べてみると、見つけてきたコーヒーカップも同じ仲間!
面や辺の大きさ、角度の違いを無視した仲間わけ、
数学の言葉では、トポロジーといいます。
50円玉もドーナツも、パイプも同じ仲間!

● 人間も同じ仲間!?

金太郎を指さし、「金太郎もちくわと同じだよ。口から入って肛門から出るよ」
「じゃあ、りんちゃんも同じだね」
「そうか!人間も同じかな?」

P7032263_R.JPG
トポロジー的に考えると、人間もちくわと同じ仲間!
口→食道→胃→腸→肛門をたどって外に出ていく食べものは、
カラダの内部を通過するのではなく、
外部から外部へと移動していくのだ・・・。

P7032264_R.JPG
へ~・・・、そうなんだ・・・。
トリセツ・カラダの基本です。数学的に考えるとそうなります。



● さらに発展し、境界線の授業へ

朝のミーティングで、京ちゃんが長瀞でカヤックに乗ったということを話してくれた。
ちくわと人間、そして内側と外側の境界線を発展させ、カヤックとカヌーの境界線、つまり、どういう基準で仲間分けするかを考えてみた。

「カヤックって、両手でパドルを握って、両サイドを漕ぐの」
そうなんです!それに対し、カヌーは持ち方も違うし、両サイドを交互にこぐんです。

P7032269_R.JPG
沼と湖
ハイキングとピクニック
バルコニーとベランダ
タイツとストッキング
おじやと雑炊
卵と玉子
ジョギングとランニング
競歩とマラソン

これらの境界線、分類の基準は?

お父さんやお母さんにお願い。
皆さんの出身地で「バカやアホ」に
匹敵する言葉を教えてください。

馬鹿とアホの境界線を考えます。

「えっ!じゃあ、パパとママ、ケンカしなきゃいけないの?」(笑)

P7032270_R.JPG
P7032266_R.JPGP7032267_R.JPG










P7032268_R.JPG
今日の授業の流れは、上掲の本の流れですね(^^♪


● ジャパンフレネあれこれ

P7022238_R.JPG
P7032241_R.JPG
P7032243_R.JPG










朝のルーティンワーク

P7032250_R.JPG
P7032248_R.JPG
P7032247_R.JPG










『デザイン・あ』の発表とお昼ご飯(^^♪ 玉子雑炊と野菜サラダの完全食!

P7032271_R.JPG
P7032272_R.JPGP7032273_R.JPG










掃除をしてから、仲良くカードゲーム(^^♪


HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ