2018年11月アーカイブ

● オブジェを作るために落ち葉ひろい

新宿3丁目駅から徒歩5分の新宿御苑、今年は暖かく、いつもより紅葉が遅い気がします。

「フレネにカメラを忘れて遅くなっちゃったあ。ごめんね」

デイバッグを開けると・・・。
「あっ!カメラがバナナになっちゃったあ!」
「え~!」(大爆笑)

PB301472_R.JPG
新宿通りから甲州街道方面に大都会のど真ん中を歩きます。

PB301473_R.JPG










● まずは、木幡探し

苑内に入る。
落ち葉の大中小、色も赤や黄、そしてドングリも拾うことを確認し、木幡、5分前にスタート!
子ども達は4人ずつ三グループに分かれ、木幡を探す。
携帯電話で3回だけ、質問してもいい。

PB301474_R.JPG
PB301477_R.JPG
PB301475_R.JPG










紅葉真っ盛り!都心の紅葉は、NTTのビルがどか~んと見えたりします。

「木幡さん、地図の左半分にいますか?」「いるよ」
何やらもぞもぞ相談し、「左の下の方にいますか?」「はい」
「すぐそこ、南方面に池がありますか?」「あるよ」
「わかった!あっちだ!」

地図は上が北でそのマークも教えておいたので、ちゃんと座標系で位置を確認してくる。
地図の読み方も、実際にやるといいんだね♪

PB301479_R.JPG
PB301478_R.JPG
PB301480_R.JPG










「いた!いた!」
「木幡さん、いたぞ!」
あっという間にウルサ人たちに見つかりました。
見つけたグループには景品が出ます。
他のグループも出るからね♪

● なぜかシズカ人!なぜかウルサ人

各自自由に落ち葉ひろいをしているんだけれど、ウルサ人はウルサ人で固まる(笑)
シズカ人は、ぼくの方に集まる(笑)。

PB301481_R.JPG
PB301482_R.JPG
PB301484_R.JPG










やさしい光があるような♪

PB301483_R.JPG
というわけで、ここにいるのはシズカ人(笑)

来週、オブジェを作ろうね(^^♪
いい日でした!











お料理の授業の後片付け、当番制に!

● とりあえず納得

昨日、始業前にミーティングを行う事を伝えていたので、会員19名中13名が遅刻しないで登室。
早速、お料理の後片付けについてのミーティング。

PB291443_R.JPG
PB291444_R.JPG
「てめえ、ちゃんと座れよ!お前のことで、ミーティングしているんだぞ」
ユウヤ、イライラ・・・。
「俺は当番制の方がいいな。そうじゃなきゃ、やらねえもの」
「洗い物、たくさん人がいても仕方ないんだけれど、洗っている時『早くして!』とか言うのはやめて」



公教育現場にいた時も、フレネを作ってからも、掃除当番を決めた事が無い。
きれいにしようと思った人がやればいいだけの話。もちろん、ぼくもやる。
掃除しなくて得したと思うなら、その程度の人間ってこと?
ただ、ジャマは困る。

「班を作って回していけば」と、太一。
お料理終了後の仕事を分類。

PB291445_R.JPG
・食器洗い
・テーブルの上の片づけ
・床の掃除

「3グループ作り、各グループで三つの仕事を回していけば」
「休んだ人がいる場合は?」
「もうひとグループ作って、そこは補助に回ればいいんじゃない」

圧倒的多数(木幡以外)がローテーション式当番制を支持。

「今度は食器洗いの番になるから休もうってのは、やめてくれよな」と、りんちゃん。
「さぼろうかな~」
「てめえ!そういう時は、出禁だ!」ゆうや、吠える!

仕事を探せと指示してもわからない場合は、幾つかの仕事を考えてもらったり、具体的に互いに指示したり、依頼したり・・・。
「一つの仕事だけ指示した方がいいかもよ」

お料理の授業の後片付けは、4グループでローテーションの当番制が正式に可決されました。

● フレネ憲法の確認も

この際、ジャパンフレネの憲法についても確認。

【フレネ憲法】

・午前中は、ルーティンワーク。マンガを読まない。
・午前中は飲食禁止
・授業を妨害しない
・暴力的な言動禁止
・対戦型カードゲームは禁止
・調べ物以外でのスマホ禁止
・お散歩の授業、車輛内での飲食禁止

19年の間で、子ども達が最終的に憲法として定めたこと。
何でもありの自由は、不自由を生み出す。
自己の自由は、他者の不自由にもなり得る。

※ 状況に応じて、ペナルティーも・・・。

● 火山灰を調べよう

砂鉄→砂→岩塩と続いてきた科学実験教室。
今回は、火山灰!

PB291446_R.JPG
PB291448_R.JPG
PB291447_R.JPG










日本は火山国。火山灰は偏西風に乗って、東に流れる。
東京は箱根火山の火山灰で覆われてた大地の上に立っている。
川崎市の生田に行けば、それがよく見えるそうだ。

火山灰で思い出した。
中1の時、風邪ひいたとずる休みしたら、本当に気管支炎になり自宅療養。
その時十勝岳が噴火し、昼でも真っ暗になるくらいの火山灰が降ってきた。

PB291449_R.JPG
でっけえ!

ブラジル産の雲母です。
これも火山性の鉱物。

【わんがけ】

火山灰から粘土分を取り除き、砂粒だけを取り出す作業。
今日は、わんがけをやってみます。


PB291452_R.JPG
大さじ山盛り一杯分の火山灰をお椀の中に入れます。

PB291451_R.JPG










PB291453_R.JPG
PB291454_R.JPG
PB291456_R.JPG










水を入れ、親指の腹でお椀の壁をこするように火山灰をよく練る。
上の濁り水を捨てて、この作業を数回繰り返し、濁らなくなったら終了。

PB291455_R.JPG
小さな火山岩!
これを乾燥させ、ルーペで観察しよう!
来週のお楽しみ♪

ヒロカズ、これを察し、家からパッキン付きのビニール袋を持ってきていた!

 流行っています!パタパタ!他、あれこれ・・・

何という名前かわからないけれど、正方形の紙で作ったパタパタ。
エディー曰く、イギリスにもあるそうです。

PB291458_R.JPG
PB291457_R.JPG
PB291463_R.JPG










パタパタして選んだ数字の裏に、ロクなことは書かれていません。
さる太郎とか鼻くそほじりとか・・・。
たった一つある『おりこうちゃん』を何とか当てたくて・・・。
しかし、チンパンジーが出て、爆笑!

PB291469_R.JPG
PB291470_R.JPG
PB291467_R.JPG










教えあう(^^♪
エイドリアンイングリッシュ!

PB291465_R.JPG
毎回、から揚げ弁当を食べる人たちの群れ・・・。

PB291471_R.JPG
依頼を受け入れ、掃除してますよ♪♪♪

PB291468_R.JPG
乾燥しました!

ユウヤがキレかかった日―お料理の授業

毎週水曜日はお料理の授業・・・。
本日は、鶏つみれちゃんこ!

しかし、後片付けその他でリーダーユウヤがキレかかる・・・。
子どもが集まる所には、トラブルはつきもの。
さて、この後始末は・・・。

 ミーティングにて

「木幡さん、イエスノークイズやらせてください」
フレネ恒例のもの当てクイズ、京ちゃんが提案。
「俺もやらせて」とヒロカズ。

「それは、食べ物ですか?」「いいえ」
いくら質問しても全然わからないよ。
ギブアップ・・・。

PB281416_R.JPG
PB281415_R.JPG
PB281417_R.JPG










「ヒント、火に関係あるよ」
ますます、わからん・・・。

PB281418_R.JPG
キセルでした!

続いて、京ちゃん。

「みんなの家にあるものですか?」「はい!」

PB281419_R.JPG
この中に入っています。
「持ってみていいよ」
「軽い!」
「もふもふしていますか?」「はい」(笑)

PB281420_R.JPG
PB281421_R.JPG










                あやちゃんが公園に忘れて行った冬の上着でした♪

 激ウマ鶏つみれちゃんこなれど、しこりが残る

PB281422_R.JPG
PB281423_R.JPG
PB281424_R.JPG










PB281425_R.JPG
料理人、今日はカットするものが多い。

PB281426_R.JPG
PB281427_R.JPG
PB281428_R.JPG










鶏ひき肉に塩・酒・黒コショウ、それに刻みネギを入れて、こねこね・・・。見本を見せて一緒に(^^♪
この頃、「俺、買い物に行ったからやんない」と言う子は、邪魔だから公園に追放される。
いろんな伏線があります。

PB281430_R.JPG
準備万端、整いました!

下は、オーガニックなマグロ鍋。水に味醂と酒と醤油。湯煎したマグロと長ネギ、そして生姜の千切り。

「美味しい!」

PB281429_R.JPG
PB281431_R.JPG










PB281432_R.JPG
PB281433_R.JPG
PB281435_R.JPG










美味しくできました!
「鶏つみれ、美味しい!」

しかし、ここでさらに伏線・・・。
「俺、洗い物したくないから食べない」
「鶏つみれ以外食べない」
わがまま三昧・・・。
そして、「腹減った~」と言って、ソファーに寝転がっているだけの子・・・。

これは、キレるわな・・・。

PB281437_R.JPG
〆の雑炊!
「俺、雑炊だけ食べる」
「ご飯の量少なくない?」
言いたい放題・・・。

PB281438_R.JPG
ちゃんこもご飯も大量に余り、しかも後片付けしないものだから、
ユウヤ、かなりキレ気味・・・。

「お前、帰れ!」
「やだ、塾の暇つぶししてるんだから」
「ふざけんなよ!」
木幡、この時貧血になって、ダウン・・・。



いつもは、ちゃちゃっと午後2時までには後片付けが終わるのだけれど・・・。
今日は、何と3時!
「自分がやりたい後片付けもあるから、そういう時は代わってね」
京ちゃんの優しい言葉、通じているかな?

「ユウヤ、こりゃあ、後片付けの当番制も考えなきゃいけないかな?」
「かもね・・・」

というわけで、明日は9時50分から10分だけミーティング。

帰りは、木幡のパタパタをやって、一人ずつ解散。
選んだ数字だけパタパタし、出てきた番号選ぶ。その裏に何か一言・・・。

PB281439_R.JPG
PB281441_R.JPG
PB281442_R.JPG










まあ、ほとんどろくでもないことが書かれているんです(笑)
追放されかかった子が引いたのは、「さる太郎」(爆笑)
「当たっているじゃん!」
たった一つある「おりこうちゃん」を引いたのは龍之助!

グバイ!


ユウヤがキレかかった日―お料理の授業

毎週水曜日はお料理の授業・・・。
本日は、鶏つみれちゃんこ!

しかし、後片付けその他でリーダーユウヤがキレかかる・・・。
子どもが集まる所には、トラブルはつきもの。
さて、この後始末は・・・。

 ミーティングにて

「木幡さん、イエスノークイズやらせてください」
フレネ恒例のもの当てクイズ、京ちゃんが提案。
「俺もやらせて」とヒロカズ。

「それは、食べ物ですか?」「いいえ」
いくら質問しても全然わからないよ。
ギブアップ・・・。

PB281416_R.JPG
PB281415_R.JPG
PB281417_R.JPG










「ヒント、火に関係あるよ」
ますます、わからん・・・。

PB281418_R.JPG
キセルでした!

続いて、京ちゃん。

「みんなの家にあるものですか?」「はい!」

PB281419_R.JPG
この中に入っています。
「持ってみていいよ」
「軽い!」
「もふもふしていますか?」「はい」(笑)

PB281420_R.JPG
PB281421_R.JPG










                あやちゃんが公園に忘れて行った冬の上着でした♪

 激ウマ鶏つみれちゃんこなれど、しこりが残る

PB281422_R.JPG
PB281423_R.JPG
PB281424_R.JPG










PB281425_R.JPG
料理人、今日はカットするものが多い。

PB281426_R.JPG
PB281427_R.JPG
PB281428_R.JPG










鶏ひき肉に塩・酒・黒コショウ、それに刻みネギを入れて、こねこね・・・。見本を見せて一緒に(^^♪
この頃、「俺、買い物に行ったからやんない」と言う子は、邪魔だから公園に追放される。
いろんな伏線があります。

PB281430_R.JPG
準備万端、整いました!

下は、オーガニックなマグロ鍋。水に味醂と酒と醤油。湯煎したマグロと長ネギ、そして生姜の千切り。

「美味しい!」

PB281429_R.JPG
PB281431_R.JPG










PB281432_R.JPG
PB281433_R.JPG
PB281435_R.JPG










美味しくできました!
「鶏つみれ、美味しい!」

しかし、ここでさらに伏線・・・。
「俺、洗い物したくないから食べない」
「鶏つみれ以外食べない」
わがまま三昧・・・。
そして、「腹減った~」と言って、ソファーに寝転がっているだけの子・・・。

これは、キレるわな・・・。

PB281437_R.JPG
〆の雑炊!
「俺、雑炊だけ食べる」
「ご飯の量少なくない?」
言いたい放題・・・。

PB281438_R.JPG
ちゃんこもご飯も大量に余り、しかも後片付けしないものだから、
ユウヤ、かなりキレ気味・・・。

「お前、帰れ!」
「やだ、塾の暇つぶししてるんだから」
「ふざけんなよ!」
木幡、この時貧血になって、ダウン・・・。



いつもは、ちゃちゃっと午後2時までには後片付けが終わるのだけれど・・・。
今日は、何と3時!
「自分がやりたい後片付けもあるから、そういう時は代わってね」
京ちゃんの優しい言葉、通じているかな?

「ユウヤ、こりゃあ、後片付けの当番制も考えなきゃいけないかな?」
「かもね・・・」

というわけで、明日は9時50分から10分だけミーティング。

帰りは、木幡のパタパタをやって、一人ずつ解散。
選んだ数字だけパタパタし、出てきた番号選ぶ。その裏に何か一言・・・。

PB281439_R.JPG
PB281441_R.JPG
PB281442_R.JPG










まあ、ほとんどろくでもないことが書かれているんです(笑)
追放されかかった子が引いたのは、「さる太郎」(爆笑)
「当たっているじゃん!」
たった一つある「おりこうちゃん」を引いたのは龍之助!

グバイ!


● 素朴な疑問をつなげていこう!

先週の科学実験教室、阿部さんがボトルに入った塩水の上にそっと色水を注いだら・・・。
「あれ~!」
色水が混ざらないで塩水の上に乗っかっている!
「水の上に油が浮くのとおんなじ?」
「色水も油も塩水より軽いんだ・・・」

「来週、これに関連させて、数学の授業をやろうか?」
「実験?」
「やろ!やろ!」

というわけで・・・。

● その前に、先週の『かまぼこができるまで』の続き

魚肉をこねて!こねて!またこねて!
「この魚肉をかまぼこの板にくっつけるのは、機械がやるんだろうか?人間?」←疑問
「大量生産してるんだから、機械だよ」
「いや、人間じゃなきゃうまくつかないよ」
「安い高いの値段によって決まるんじゃね」
「安いのは、機械?」

PB271408_R.JPG
PB271409_R.JPG


「ほら!やっぱ、人間だよ!」
「すげえなあ!」

1回、板にくっつけた後、何回も重ねていく・・・。

このあと、どうすればかまぼこになるのだろう?←疑問


「煮るんじゃない?」
夏太郎、「それじゃ、ダシが出ちゃうじゃない」(笑)
「焼くのかな?」
「焼き跡は?」
「また重ねるんだから・・・」
「でも、切った時、焼け焦げはわかるよ」
「あ、そうか」

いろんな意見が出てきて面白い!

「乾かす!」
広和の意見に大爆笑!
「腐っちゃうだろ!」

「料理の方法に、煮る・焼くの他にどんなのがあるの?」
「蒸す?」
「シュウマイみたいに」
お赤飯も蒸すことを教えてあげる。

 仮説と実証

PB271410_R.JPG
その前に、閑話休題・・・。
これ、何してるんだ?

「チクワだ!」
竹輪=竹の輪
「焼けば、チクワになるのか!」




さて、ここで質問!
「かまぼことちくわ、歴史的に見てどっちが先かな?」

「調べてきたから知ってるよ」と言うりんちゃんに対し、
ユウヤ、「ちょっと待て待て!」

【ユウヤ説】太一フォロー

竹の方が手に入りやすいし、加工しやすい。
板にくっつけるより、竹に巻き付けて焼く方が簡単。
焼き魚みたいな考え。
だから、かまぼこよりちくわの方が古い!

PB271350_R.JPG
PB271347_R.JPG
PB271353_R.JPG










鉾(ほこ)=矛=やり
この先に魚肉を付けた様子が蒲(ガマ)に似ている→蒲鉾(かまぼこ)
因幡の白うさぎの話が有効だったね!
矛盾の意味も考えました♪

PB271352_R.JPG

自分の発想で仮説を立てる+歴史的事実を調べる=本物の知識♪

こういうことが自然にできるようになってきた。
その身体性→そしてそこから学ぶ小さい子
異年齢異質な集団の良さ!




「きりたんぽと同じだ!」
「五平餅も」
魚肉とお米の違いはあれ、作る発想は同じです。

PB271412_R.JPG
PB271413_R.JPG
PB271414_R.JPG










「周りが黄色いのは、卵の黄身ってわかったけれど、赤いのは何だろう?」←疑問
「何で氷水につけるんだろう?」←疑問
「うどんやそばと同じだよ」
「何で、しまるの?」←疑問
「何でかまぼこの板の方が上になって浮くの?」←疑問
「はんぺんって、なんでふわふわしているの?空気入れているの?」
「重曹じゃない?」

疑問は、果てしなく出てきて、次の授業へとつながっていく・・・。

 ジャガイモは水に浮くか?

さて、レベル小5から中2くらいの授業を岩塩とかまぼこに関連付けて・・・。

PB271358_R.JPG
PB271360_R.JPG
PB271357_R.JPG










鉛筆・ボールペン・プラ定規・ハサミ・一円玉・十円玉・五十円玉・ジャガイモ・・・。
これらをどんどん水槽にぶち込みます。
どれが浮くか?浮くものには〇、沈むものには✕をつけます。

「木幡さん、入れ方はどうするの?」
「そっと置くの?」
「ゲストとしてアメリカのお金も入れて!」
「はさみは広げて入れるのと、閉じて入れるのでは違うと思う」

いろんなことを言っているけれど、いざ!

PB271361_R.JPG
PB271362_R.JPG
PB271363_R.JPG










「ロケット!発射!」(笑)
「鉛筆は浮くよね」
「じゃあ、ボールペンは?」

PB271365_R.JPG
PB271367_R.JPG
PB271377_R.JPG
PB271370_R.JPG










佳境に入ってきました!
鉛筆とボールペン以外、全部沈む・・・。

PB271380_R.JPG
1円玉、浮くこともあるけれど、ちょっと押すと沈む。
「船の沈没と同じだ!」

PB271383_R.JPG
PB271384_R.JPG
いざ!ジャガイモ!

「沈んだ!」
何かこういう時は、大爆笑!

小さく切っても沈んじゃう・・・。
真剣な眼、眼・・・。



「何で沈むの?」
「重いから」
「何が何より重いの?」
「ジャガイモが水より重いから」

まだ、概念形成には至らないが、それはそれでいい。
小1から中2一緒に12名だからね。

「じゃあ、ジャガイモや沈んだものを浮かせられない?」

PB271385_R.JPG
こういう発想が出てきます♪

「お船にして」と、あやちゃん。

PB271387_R.JPG
PB271386_R.JPG










              浮いた!
              今度は、「逆さまにして、浮かせて!」
              鋼鉄船が浮いたり、沈没した時反転したまま浮いていたり・・・。

PB271388_R.JPG
「塩を入れれば浮くよ!」
「どうして?」
「塩の成分で浮くの」
「塩を入れると、その分だけ水が重くなるの」

PB271390_R.JPG
何となくわかっているみたい・・・。

「塩じゃなきゃいけないの?」
「砂糖は?」
「溶けるものだったらなんでもいいと思うよ」
「入れた分だけ重くなるから」

何となくわかっているみたい。


「一般的に、こういう実験、塩を使うんだけれど、なぜかわかる?」
「???」
「塩の方が断然安いから」(爆笑)

PB271392_R.JPG
PB271394_R.JPG
PB271395_R.JPG










「あ!浮いてきた!」
「もう、塩でも砂糖でも何でも入れてよ!」(大爆笑)

PB271398_R.JPG
PB271399_R.JPG
「やった~!」
「浮いた~!」

PB271400_R.JPG
「なめさせて!」
「いいよ~」

● とどめです!

PB271401_R.JPG
PB271406_R.JPG
PB271405_R.JPG










お米の上に鉄球を乗せる。
お米の中にピンポン玉を2個埋める。
「お米を水って考えているんですね!」
では、揺すってみよう!
さて、どうなる?
「鉄球は沈むよ」
「ピンポン玉1個だけ浮いてきたりして」(笑)

PB271403_R.JPG
PB271404_R.JPG
PB271407_R.JPG










真剣な表情!
「あ!やっぱり!」
「鉄球は沈んだ!」
「あれ?ピンポン玉、本当に1個しか浮いてこない!」(大爆笑)
「何か、仕掛けがあるんでしょ!」

これにて、一件、落着!→余韻が残り、名残惜しい授業♪

● ジャパンフレネあれこれ

PB261329_R.JPG
月曜日、スペース整理していたら終了せず。
みんなに手伝ってもらう。

出てきたあやとりの本で、一時的にあやとりが流行りました♪

PB261340_R.JPG
PB261330_R.JPG










PB261333_R.JPG
PB261331_R.JPG
大きな正方形の中に正方形が幾つあるか、色塗りして調べてみました!

PB261334_R.JPG










PB261335_R.JPG
PB261336_R.JPG
PB261337_R.JPG










PB261338_R.JPGPB261339_R.JPG



こんなふうに(^^♪






PB261342_R.JPG
PB261343_R.JPG
PB271344_R.JPG










整理箱の整理、ありがとう!   アラビア人もありがとう!   本日のアドベントカレンダー!

PB271354_R.JPG
PB271355_R.JPG

昼休み、ウルサ人は全員、公園に遊びに行きました。

静寂の中、読書・・・。







PB271356_R.JPG
今日は、マックス13名!
疲れました・・・。
でも、楽しかった(^^♪





 砂鉄→砂→そして、岩塩

「木幡さんが岩塩の授業をやったんだったら、ぼくも岩塩を扱ってみようかな」
麻布科学実験教室室長阿部昌浩がでっかい岩塩を持ってきて登場!

PB221291_R.JPG
PB221290_R.JPG
PB221292_R.JPG










でっけえ!
パキスタンの岩塩です。

「岩塩はどこでとれるのかな?」からスタートし・・・、海の塩はどこから?まで、子ども達の疑問は、果てしなく続く・・・。

PB221293_R.JPG
PB221294_R.JPG
PB221295_R.JPG










飽和食塩水をなめてみる。
「しょっぺ~!」
フレネにもいろいろな岩塩があります。

PB221296_R.JPG
「飽和食塩水を作ったことがあるんですけれど、溶ける塩の量が塩によって違うのは何故ですか?」
京ちゃんの質問、いいねえ!

「昔は専売公社が食塩を扱っていて・・・」
99%以上が塩化ナトリウム
しかし!
これがヒントですね。

 塩を燃やす

「塩も燃えるんだよ」
「え~!」

ガスバーナーでかなりの高熱を与えないといけないらしい。
そこで、塩にアルコールをかけて燃やし、その色を見てみよう!

PB221299_R.JPG
こんな色です。

PB221301_R.JPG
おおお~!

ホウ酸ナトリウムは緑色!

PB221302_R.JPG










                             リチウムは、塩より赤い!
夏太郎、「花火の色って、こういうこと?」
「そう!色によって、成分がわかるんだよ」

これを炎色反応というそうです。

 色水が食塩水の上に浮きました

飽和食塩水の上に色水をそっとそそぐと・・・。

PB221304_R.JPG
PB221303_R.JPG
PB221305_R.JPG










「何で浮くの?」
「軽いから」とシンプルなお答えの子ども達。
「油が水に浮くのと、同じ?」

「振っちゃだめだよ。混じっちゃうから」

これを来週の木幡の授業につなげることにしました。
振っても混じらないもの、つまり、液体と固体の実験!
題して、『ジャガイモは水に浮くか?』
いいね!いいね!

● 岩塩をわる

PB221306_R.JPG
岩塩の結晶は正六面体。
岩塩を割ってみよう!

割った岩塩に、伸ばす手がすばやい(笑)

PB221308_R.JPG
PB221310_R.JPG










PB221312_R.JPG
PB221311_R.JPG
PB221313_R.JPG










ほ~ら!結晶!

PB221316_R.JPG

● ジャパンフレネあれこれ

PB221317_R.JPG
PB221318_R.JPG
弁当対決!
お総菜屋のから揚げ弁当(ユウヤ)VS肉屋のメンチカツ&串カツ弁当(木幡)。
かたや550円、こなた616円(ただし、おかずの量多し。そして大盛り、特盛無料)

どうみても肉屋の勝ちだな・・・。




PB221320_R.JPG
PB221324_R.JPG
広和発!

「あのね、コンビニの隣の駐車場にプリンの箱が捨てられていたよ」

見に行ったら、何箱もの冷凍プリンが!しかも開けられて、何個か無くなっていた・・・。謎・・・。




PB221326_R.JPG
PB221327_R.JPG
PB221328_R.JPG










エイドリアンイングリッシュ!ペンソータイムが嫌で外に逃亡する者1名(笑)
おそらく、初めてではないでしょうか?
「サンドイッチ、作りましょう!」という京ちゃんの提案で、フレネ19年で初のサンドイッチ(^^♪

※ 拡大した写真のサイズが小さすぎたので修正しました。
今度は、見やすくなると思います。画像をクリックして、見て下さい。


● 買出し組は、新宿伊勢丹本店まで・・・

ユウヤ、珍しく10時前に現れる。
「どうしたの?!」(笑)
「俺が早く来て、悪いかよ?」(爆笑)

ユウヤと広和、つまり雑司ヶ谷から新宿三丁目の定期券を持っている二人に、伊勢丹でのお買い物を頼みました。
※ マスカルポーネ(クリームチーズ)や新鮮レタス・キュウリなど。伊勢丹の生鮮食品は、へたれません。

近くで買える、というか、伊勢丹には売っていないツナ缶などは、さらに二人がお買い物。

PB211266_R.JPG
PB211270_R.JPG
PB211268_R.JPG










残った皆さんで、コンソメスープ&オーガニック野菜スープの材料を刻みます。
全てみじん切り。
お上手!

PB211271_R.JPG
PB211277_R.JPG
PB211272_R.JPG










日進のベーコン 雑司が谷大久保肉店のロースハム
伊勢丹の野菜と鶏卵 マスカルポーネ
雑司が谷の名門赤丸ベーカリーの出来立て食パン

PB211269_R.JPG
PB211273_R.JPG
PB211267_R.JPG










「木幡さん、ぼくが作ったヘチマ、買ってよ。200円」
「お~!ノ~!高すぎる!でも、205円で買ってあげよう」(鼻に注目!)
「5円の半端ってなあに?」
「ご縁(5円)があるように」

● 美味しい!美味しい!激ウマ!

PB211279_R.JPG
PB211280_R.JPG
PB211281_R.JPG










マスカルポーネを塗る→シャキシャキレタス→ロースハム

PB211282_R.JPG
PB211283_R.JPG
PB211284_R.JPG










ツナマヨ→さらにレタスとキュウリ→トマト
スクランブルエッグを入れ忘れた・・・

PB211278_R.JPG
PB211287_R.JPG
PB211286_R.JPG










「美味しい!♪」
「ウマ!」
「パンがふわふわ(^^♪」
激ウマだったけれどコスパが高く、
このサンド、赤丸ベーカリーの3倍の値段を取らなきゃ、
採算取れないね。

PB211288_R.JPG

美味しいものを食べた後の満足感・・・。
だら~っとしていていいよ。

そして、小競り合い(笑)
● これって、な~んだ?

ブッククラブ代表有元秀文さんにご紹介いただいた本を使って授業(^^♪
何となく始めるのがいい。教え込まない。一緒に考える。
着眼点(ぼくが?と思ったところだけ)だけ押さえておく。
レッツゴー!

※ 『かまぼこができるまで』 構成・文 宮崎祥子 写真 白松清之(岩崎書店 )
『すがたをかえる たべものしゃしんえほん』の第3巻 他にとうふ・みそ・チーズ・パンがシリーズとしてあるが、生き物が劇的に姿を変える例としては、かまぼこが一番いいように思われる。

まずは、イエスノークイズで扱うものを当ててみよう!
質問に対し、イエスかノーでしか答えません。

PB201236_R.JPG
「この袋に入っているもの、な~んだ?」
「それは、食べ物ですか?「はい」
「その袋に関係ありますか?」「いいえ」
「そうか、伊勢丹には関係ないんだ。高級品じゃない」
こんな感じで、攻めて行きます。

「それは、植物系ですか?」「いいえ」
「動物系ですね?」「はい」


こんな感じで、みんながわかるまで質問を続けます。
質問力が問われるね!

PB201237_R.JPG
PB201238_R.JPG
魚系→白い→周りが赤いのもある→「わかった!」→「一番上は、か?」→「二番目は、ま!」

いっせ~のせ!

かまぼこ!

PB201264_R.JPG










 気づいたことを言ってごらん

PB201253_R.JPG
この写真を見て、気づいたことがあれば言ってごらん・・・。

PB201240_R.JPG
PB201242_R.JPG
PB201243_R.JPG










「板の上からそのままドームみたいに丸くなっているかと思ったら、膨れているみたいに丸くなってる」
図を描いて説明してくれる。
普段気に留めないようなことが意識にのぼる・・・。
「どうして、そうなっているの?」

「かまぼこって、音がどこで切れているのかな?」

か・まぼこ
かま・ぼこ
かまぼ・こ

「スマホで調べてごらん」

PB201239_R.JPG
こういう時、一人一台タブレットがあればいいなあと思う。
瞬間的にどこに行くのかわからない瞬発の授業の時、SNSはとても便利だ。

かまぼこを漢字で書くと、蒲鉾。蒲と鉾(矛)。

PB201252_R.JPG

蒲→『因幡の白うさぎ』
鉾→矛→矛盾

こんな風に授業は進む。
何となく、蒲鉾の語源がわかりそうだが、ここは教えないでおく。
いずれ発見するでしょう。



 かまぼこができるまで(1)

ここからは、読み聞かせしながら質問したり、疑問点をピックアップしたりしながら、一緒に考える。

PB201254_R.JPG
これがかまぼこの原料になるシログチ。

「これをどうするの?」
「細かくつぶす」
「つぶして煮るんだよ」
「すぐには煮ないよ」




「この機械、すごい!骨と皮を取り除くんだ!」
「人間入れたら、どうなるかな?」「おいおいおいおい」(笑)
「タコを入れてみたらどうなるかな?」(爆笑)
想像もできない・しないことを平気で言うんだなあ・・・。

「何で魚の大きさをそろえるんだろう?」

「味が変わる」
「味が混ざる」
「味がおちる」
「味にばらつきが出る」

いろんな表現があるね。

PB201256_R.JPG
PB201257_R.JPG
水さらし・・・。
魚肉に水をたっぷり入れ、棒でグルグル回して、何度も水を替える

「だんだん、白くなってる」
「なんで?」
「血が抜けていくんじゃない?」
「余分なものが出ていくんだ」


とっさに閃いて、質問。
「家で魚臭いって思う時って、どんな時?」
新鮮なお刺身はそばまで寄ってにおいをかいでも、そんなににおわない。

「魚を焼いている時かなあ?」
「アジの干物とか」
「油臭いよね」
「魚肉を水に入れたら浮かんでくるもの、な~んだ?」
「ああ、そうか!油が浮くんだ!」
「だから、水に浸けるのか!」

PB201258_R.JPG
PB201259_R.JPG
「ほら!やっぱり、何度も練っているよ」
「だから、練物って言うのか」

ここでストップしようと思ったら、魚好きの太一、「もっと見たいなあ・・・」





といわけで、次のページも・・・。

PB201260_R.JPG
「すごい!」
「素麺みたいだ!」

裏漉し器にかけるから、雑物が漉されてさらに白くなるんだね♪

※ カニカマってこの工程で作るのかと思ったら、違う・・・。

食品製造過程って面白い!


明日のお料理の授業、サンドイッチだけれど、かまぼこサンドもいいね(^^♪
  
                      ―続く―

● ジャパンフレネあれこれ

PB201233_R.JPG
PB201232_R.JPG
PB201234_R.JPG










広和の算数の先生は、金太郎!
間違いがないかチェックし、わからないところは金太郎が教えます。木幡は補助。

PB201265_R.JPG
PB201231_R.JPG

りんちゃんと広和で昨日授業化した閘門のモデルを作るそうです。
まず、牛乳パックで試作品を作り、木で閘門を作ります。
設計図を作っています。




PB201245_R.JPG
集中して聴いてくれました。
意見もたくさん!
楽しかったね♪瞬発の授業♪

 「小松島公園に行こうよ」から、授業

「ねえ、木幡さん♪家の近くにある小松川公園に行こうよ。フィールドアスレチックもあるよ」
広和の提案で小松川公園を検索してみる。

「あれ?小松川公園に閘門の跡があるんだ。見に行きたいなあ・・・・・・・」
「えっ!?肛門!運河ってなあに?俺、肛門見たくない」(大爆笑!)

というわけで、さっそく授業!

● 段差がある川を船が進むには

まずは、運河を簡単に説明。
「船が移動するために人工的に作った川だよ」
オランダやイギリスの例を紹介。

「段差がある川を船が移動するには、どうすればいいの?」

PB191215_R.JPG
紙で川岸を作り、川に段差を作る。
茶色い方が低い。

「船の代わりになるもの持ってきて」

PB191227_R.JPG


カエルとトカゲ!(笑)







PB191216_R.JPG
「あ!運河で有名な町ってあったよね」
「何だっけ?」
「思い出せない・・・」

「ヒント、イタリア&一番上にベのつく町」
「べべべべ・・・」
「ベネツィア!」
世界地図で探す。
「ここかあ!」

PB191217_R.JPG
「この段差を遡っていくには、どうすればいいの?」
「ぴょんと飛ぶ!」(大爆笑!)
「いや、船の代わりにカエルを置いているだけだから」

「砂を入れる」
「ダメだよ。川底が浅くなっちゃって、船がつかえちゃうよ」
「じゃあ、クレーンで船をぶら下げる」
「そんなでっかいクレーン、あるかよ」


PB191218_R.JPGPB191219_R.JPG
「ダムみたいのを作って水をせき止めて船を高いところまで上げればいいんじゃない」

広和とりんちゃん、運河をせき止め、上流の水を溜める→船があがる→上流のダムを取る→船、段差を超え、上流に!


すげえ!ピンポ~ン!これが閘門式!シンプルだけれど、いいねえ(^^♪

PB191221_R.JPG
スエズ運河やパナマ運河の話を簡単に話す。

「運河を作るといいことは?」

閘門式運河の映像を観る。


PB191222_R.JPG
こうもん式を検索すると・・・。
肛門式が真っ先に出てきて、大大大爆笑!

PB191223_R.JPG










日本の閘門式運河の映像も観る。

PB191224_R.JPG
江戸時代、今の埼玉県浦和あたりにあった見沼代用水の映像にビックリ!板で水をせき止めているんだけれど、その板は幅が狭いものを何枚も敷き詰め、トビで引っかけて1枚1枚外している。

「すげ~!」
「江戸時代にこんなのがあったんだ!」

PB191225_R.JPG
「おれ、まだ、よくわからないよ」
質問するはるかに、広和とりんちゃんが丁寧に教えていました。

PB191226_R.JPG










「でも、何で公園の中に運河の跡があるんだろう?」
「だって、小松 川 でしょ?」
「あっ!小松川公園って、昔、川だったんだ!」

本日のお授業、これにて終了!あっという間の45分でした。チャンチャン(^^♪

● お散歩の授業は、白岩の滝→つるつる温泉

絶好のハイキング日和!

PB161186_R.JPG
バスに弱い子は途中下車して歩いてきます。
さあ!行くぞ!白岩の滝へ!

PB161187_R.JPG
PB161188_R.JPG










                             ここは、国立公園です。

PB161192_R.JPG
PB161193_R.JPG
PB161194_R.JPG










歩くこと20分で第一の滝

PB161201_R.JPG
さむいです~・・・。

PB161198_R.JPG
PB161195_R.JPG
PB161197_R.JPG










滝そばでお昼ご飯♪

PB161200_R.JPG
PB161199_R.JPG
PB161203_R.JPG










ぎょぎょっ!!!
丸まった落ち葉でした・・・。

PB161204_R.JPG

PB161205_R.JPG
PB161208_R.JPG
PB161210_R.JPG










滝から降りると、でっけえヤギと柚子の無人販売(^^♪

PB161211_R.JPG
また行こう!つるつる温泉(^^♪

● 本日のアドベントカレンダーとミーティング

PB191212_R.JPG
PB191214_R.JPG
PB191213_R.JPG










風呂で飛び込んだり泳いだりしたの誰だ~?
バスの中でアイス食べたのは誰だ~?

● どんな授業になるのかな?

授業に予定調和はない。
それは子どもの疑問や発想をベースにぼくがコーディネートし、さらなる疑問や疑問を呼び起こすのだから・・・。行く先は未知。ルートはない。ある意味、行き当たりばったり。それでもダイアローグが成立するのだから、子どもはすごい!今日は、そんな授業だった。
あっという間の60分(^^♪

PB151154_R.JPG
PB151153_R.JPG
PB151155_R.JPG










「今日は、ムンクの絵を使って授業を10分間だけするからね」
「10分だけ?いいよ~!」(笑)

● スタートはムンク

東京都美術館で観てきたムンクの絵を使って授業しようと思っていた。
どんな授業にするか?練りに練ったわけではない。
ムンクの『叫び』を使って、出たとこ勝負!

PB151185_R.JPG
おなじみ、『叫び』
ゆっくりじっくり観ることができたので、
同じテーマの絵や版画があること、
その前後にどんな絵が展示されていたのか、
子ども達はしっかり覚えていました。

 まずは、『叫びのポーズ』

「じゃあねえ、ムンクの『叫び』のポーズをとってみてね」

PB151157_R.JPG
全体写真の後、一人一人個別に写真。
「やだよ」って子は無理強いしません。

PB151158_R.JPG
PB151159_R.JPG
PB151160_R.JPG










PB151161_R.JPG
PB151162_R.JPG
PB151163_R.JPG










PB151164_R.JPG
PB151165_R.JPG
PB151166_R.JPG










PB151167_R.JPG
おまぬけな事をしたがるのは、お子様の常(笑)。

● 一人一人の写真を見て考える

「みんなのポーズを見て、どう思った」
「笑った」
「いや、そういうことではなく」(笑)

それぞれの違いを考えてもらう。

「手の位置が違う」
「頬っぺたに手を当てている人と耳に当てている人がいる」
「叫んでいるんだから、頬っぺたに手を当てているんじゃない?」
「いや、ムンクの絵は耳に手を当てているよ」

PB151169_R.JPG
「手が異常に長く描かれているから、当てているのじゃなく、耳をふさいでいるんじゃない?そこを強調したかったんだと思う」
「何で、耳をふさいでいるの?」

PB151170_R.JPG
「あ!後ろに人が二人いるよね。その人に関係あるんじゃない?」
広和、さらに続ける。
「ムンク展でこの絵のすぐそばに男の人の絵があったよね」
画集でチェックする。

「後ろの人に何か嫌な事を言われたのかなあ?」

PB151168_R.JPG
「ちいぼう、嫌な事を言われたりしたら、耳をふさぐよ」
「前より、全然少なくなってきたけどね」
ここは、道徳的に持っていかない。子どもに任せる。
後ろの二人は、ムンクの友人で自殺した人という説もあることだけ話す。

PB151171_R.JPG
「なんか、背景がぐわんぐわんとしていて、気絶しそうな叫び」
太一の発言に子ども達、納得。
「おどろおどろしいよね」

「やっぱり、後ろの二人に関係していると思う」

なんかわからないけれど、この絵を描かなきゃいけない、叫ばなきゃいけない、あるいは耳をふさがなきゃいけない叫びを表現したかったのかなあ?叫んでいるのか?叫びを聞いているのか?
あるいは、その両方か?

 下手な絵とかダメな絵って?

PB151172_R.JPG
「ムンク展で思ったんだけれど、ムンクって、だんだん絵が下手になっていくよね。最初の方は普通に上手かったのに」
「だんだん、くずれていっている」
「ピカソだって、そうじゃないの?」
「ああ、そうか!」

ここで、ひらめいた!昨日、フェイスブックでつながっている長崎在住の絵本作家長谷川集平さんのコメント。


※ お友達、故高田渡(フォークの奇才)のライブで、集平さんとは何度かお会いした事がある。

「絵がうまいとかいいとかなんて、なかなか決められないよね。絵本作家の長谷川集平さんが雑誌『聖母の騎士』の表紙になるはずの絵が、突然、ボツになったんだって」
「えっ!何かあったの?」
「気に入られなかったんだ」
「聖母の騎士、知ってます。おばあちゃんがクリスチャンだから」

長崎市にあるカソリックの団体聖母の騎士が、月刊誌『聖母の騎士』の表紙になるはずだった集平さんの絵を関係者全員が拒絶し、侮辱されたそうだ。

※ 長崎プロジェクトで長崎に行き、『隠れキリシタン』プロジェクトもあるので、簡単にカソリックと『無原罪』を説明。

「どんな絵だったの?」

長谷川集平_R.jpg
「マリア様だ!」
「いいよね♪」
「この絵なら、誰でも許されるよ」

子ども達の素直な感想に驚いた!

※ 映像の転載については、長谷川集平さんの承諾を得ています。
「子どもの反応には励まされました」とコメントをいただいています。

● まだまだ続く―肥後守からヒトラーまで

「学校じゃこういう授業にならないよな」
「そうだよな。俺も小学生の時、つまんない授業の時は、ペリカンさん遊びをしていたよ」

PB151174_R.JPG
肥後守の刃先をペリカンの嘴に見立て、「ペリカンさんが飛んで行く」なんて、一人遊びしていたことを話す。

「えっ!学校にナイフを持って行っていいの!?」
「そうだよ。みんな、ナイフで鉛筆を削っていたんだよ」
「鉛筆削り器、なかったんだ・・・」
「それがある日突然、ナイフ禁止になったんだよ」
「えっ!何で?」
「何か事件が起きたんでしょう」
鋭い!

PB151173_R.JPG

小4の時だったかなあ、当時社会党委員長だった浅沼稲次郎が右翼少年に刺殺され、いきなりの刃物を持たせない運動・・・。当時の教室の様子も話す。

鉛筆削り器が2台教室にやってきて、担任の金谷先生が鉛筆削り器の使い方を説明し、ぼくらは並んで鉛筆を削ってもらった。
そして、刃物を扱うことができない子どもが続出していく。



「話はまだまだ続くんだよ」
10分と言っていた授業が50分も経っている。
誰も席を立たない。小1から中2までの10名・・・。

お母様団体が俗悪マンガと規定されたマンガ本を小学校の校庭に集めて、燃やしたという杉並事件の事も話す。

「その時、手塚治虫と一緒に抗議に行った人、みんながよく知っている人のお父さん」
「え!だれだれ?」
「二週間に一回は、会っているな」
「阿部さんだ!」
「阿部さんのお父さん、すげえなあ!」

隔週、授業をお願いしている麻布科学実験教室室長の阿部昌浩さんのお父さん故阿部進さん(カバゴン 教育評論家)が、手塚治虫と一緒に抗議に行っているのです。俗悪とか、子どもによくないと言われているものが実は子どもを育ててきたということもある。

授業は、ヒトラーの焚書に着地して終了した。

 これでいいと思う

「今日の本ジャパ、たくさん書いたよ!」と広和。

※ 本ジャパ=本日のジャパンフレネ
感想を書きます。強制ではありません。ただし、契約はしています。

いつもはほとんど書きたがらないのだが、彼の本ジャパにはこう書かれていた。

9:30 トイレ いっぱいでた
10:00 ムンク たのしかった
10:41 トイレ すこしでた

ぼくは、これでいいと思う・・・。

 ジャパンフレネあれこれ

PB151176_R.JPG
PB151177_R.JPG
京ちゃんが無農薬のミカンを持ってきてくれ、一人ずつ手渡ししました。

「あれ?柿も入っているよ」
「木幡さんが入れたんでしょ」(笑)






PB151180_R.JPG
PB151179_R.JPG
PB151181_R.JPG










エイドリアンイングリッシュも絶好調!

PB151183_R.JPG
PB151185_R.JPG
PB151184_R.JPG










アクロバットを習っているというあやちゃんに挑戦するも・・・。
あ~!
大大大爆笑!

長谷川集平_R.jpg
マリア様・・・

● ブラックボックスの大発展

昨日、夏太郎が作ったブラックボックスを使い、お料理の合間に、ミニ授業!

PB141146_R.JPG
時間と苦しみ→(仕事=労働)→お金

かなりシビアなブラックボックス・・・。

「苦しいことも我慢しなけりゃ給料をもらえないんだよ」
「みんなのお父さんやお母さんは頑張っているんだね」

※ この種の話題を道徳教材『お母さんの請求書』や『ブラッドレーの請求書』に持っていくセンスが考えられない。ここはさらりと流し、子どもの出方次第に任せる。

広和、「木幡さんの場合は、違うよね」
「え?どういうこと?」
「苦しいことやつらいこともあるかもしれないけれど、俺たちと楽しんでいるじゃない」
「おまぬけな事、言ったりして?」
「うん」(爆笑)

広和の考えで、こんなブラックボックスができる。

PB141147_R.JPG

時間と楽しみ→(仕事・労働=フレネ)→お金

「楽しく過ごしてお金がもらえるってのが、一番いいよね」
「この逆もあるんじゃないか?」
「お金を出して、楽しみがもらえるってこと?」
「お金を出すのは、君たちじゃないけどね」



「学校は、お金を出して知識が得られるよ」

PB141148_R.JPG
お金→(学校)→知識

「この知識ってなあに?」
「フレネとは全然違うよ」 広和、またまた鋭い!
「計算とか漢字書けるとか」

「じゃあ、フレネではどんな力が?」
「創造力かな?」


PB141149_R.JPG
いやはや、驚きました!
左のブラックボックスのようなこと、ひと言もいったことありません。
「楽しいだけでいいんだよ」とは言いますが、それに連なるものが一体何であるのか?

時間と楽しい→(フレネ)→想像力・興味・関心

こんな対話の時って、すごくしっとりします。



このあと、モーツアルトの音楽が聴こえるくらいの声でしゃべろうとか、仕事の時は遊ばないなどの確認事項を伝える時もしっとり・・・。その後の京ちゃんの問題提起にもつながりました。

● 京ちゃんの問題提起

ミーティングの後、「木幡さん、感じたことを書いてみました」と京ちゃん。

以下、全文・・・。京ちゃんが読み上げてくれました。

PB141144_R.JPG


『フレネ騒音問題』

フレネの人のタイプは、大きく二つに分けることができます。

一つ目のタイプはウルサ人で、もう一つのタイプはシズカ人です。
ウルサ人もシズカ人も名前の通り、うるさい人、しずかな人です。

今は、シズカ人がウルサ人に押されているような状態です。
しずかな場所をうるさくするのは簡単ですが、うるさい場所をしずかにするのは難しいかからかもしれません。

しかし、団結力では、シズカ人のほうが上かもしれません。
うるさいのがイヤという共通点があるからです。
一方、ウルサ人は自分の好きなようにうるさくしているので、団結力はあまり高くない気がします。
ですが、今はウルサ人の勢力が大きく、シズカ人は少し困っています。

今こそ、シズカ人が立ち上がるときです。
ウルサ人とシズカ人が共生するためには、お互いを認め合わなければなりません。

※ 2018年11月14日水曜日現在では、騒音問題は一時的に解決されています。
この良好な状態を持続していきましょう(^^♪
                      Kyoko

いやあ、またまた驚きました!
ミーティングの合間にちゃちゃっと、考えを・・・。

「ウルサ人だと思う人?」

PB141145_R.JPG
「は~い♪」
大爆笑!

「おれもウルサ人かなあ?」とゆうや。
「いや、ウルサ人とシズカ人の番人だろ」
「そうかあ・・・」
みんな、しみじみ・・・。

● お料理の授業は、マジウマうどん!

いろいろな上質の乾麺を購入し、それらを混ぜ合わせて食し、食感の違いを楽しみました。

PB141131_R.JPG
PB141132_R.JPG


200g700円位なので、結構いいお値段。讃岐うどんと五島うどんをブレンドしました。





長ネギ・ニンジン・大根・油揚げ・しゃぶしゃぶ用豚バラ・溶き卵を煮込みます。

PB141113_R.JPG
PB141115_R.JPG
PB141114_R.JPG










左端の人は、お買い物に行ったふりの人(笑)

PB141117_R.JPG
新品のカセットコンロ。
ディスプレーしてあったものしか在庫無しで、20%オフ!
偉いぞ!無印良品!

PB141116_R.JPG
PB141127_R.JPG
PB141128_R.JPG











PB141133_R.JPG
PB141134_R.JPG
PB141119_R.JPG










準備万端、整いました!

PB141135_R.JPG
PB141136_R.JPG
PB141137_R.JPG










陽だまりの中、マジウマ!激ウマ!

PB141139_R.JPG
PB141138_R.JPG

海老天争奪戦!
勝者は、七海!

しかし、自前の海老天2本を買ってきたユウヤ&夏太郎には、ワロタ(^^♪





PB141142_R.JPG
PB141143_R.JPG


みんなでお掃除、ゴミ拾い








PB141150_R.JPG
PB141151_R.JPG
PB141152_R.JPG










しっとりとしたミーティングの後だけに、キッチンの片付けも完璧でした。

● あれこれ

PB141122_R.JPG
PB141126_R.JPG
PB141125_R.JPG










本日のアドベントカレンダーは、ちいぼう&あやちゃん!

PB141120_R.JPG
ミーティングの後、深く人生を見つめる少年・・・。

ブラックボックスで遊ぼう!

● まずは、紙芝居!

京ちゃん、遠山啓著の『算数のたんけん』三冊目にチャレンジ!
内容は比例ということで、その導入をみんなで楽しむ♪
小1~中2まで11名のベスト人数。

※ レベルとしては、中1の正比例関数の導入かな?

まずは、紙芝居!
不思議な黒い箱がある。仕組みはわからないが、一定の働きをする。
紙芝居を見ながら、その働き=法則を考えてみよう!
「紙芝居、久しぶりだな♪」

PB131091_R.JPG
入口に物を入れると、決まった働きで物は変身して出口から出てきます。さあ、どんな働きだろう?

PB131088_R.JPG
みんな、興味しんしんですね。

PB131087_R.JPG










                             では、入れてみましょう!

PB131092_R.JPG
まず、これを入れます。
声を出してはいけません。

ぶ・た・・・。

PB131093_R.JPG
出口から、これに変身して出てきました・・・。

「これ、なあに?」

し~っ・・・。声を出してはいけない。





ドンドン入れていくよ!

PB131094_R.JPG
ピッカピカ!

→ 
PB131095_R.JPG

車関係です。








PB131096_R.JPG
竹でできています。

→ 
PB131097_R.JPG

この辺で、「あ!わかった!」の声。りんちゃん、ちいぼう、きょうちゃん、夏太郎はわかったみたい。






PB131089_R.JPG


ちいぼう、内緒話で教えてね。
「あのね、点々を取る」







「じゃあ、これを入れてみるよ。何に変身して出てくるかな?」

PB131098_R.JPG
窓に関係あるね。
「何に変身して出てくるの?」
いっせ~のせ!
言ってごらん(^^♪

「カラス!」

PB131099_R.JPG










 大正解!濁点を取るという働き(^^♪


● ブラックボックスを考えてみよう!

PB131100_R.JPG
いろいろなブラックボックスを考えてみよう!

草を入れると牛乳が・・・。これは、牝牛というブラックボックス。

お金→ジュース 自販機だね。

誰がやっても同じ働きを考えるんだよ。
かなり、鋭いブラックボックスがたくさん出てきた。
一人ずつ発表してもらう。

PB131104_R.JPG
PB131105_R.JPG
PB131103_R.JPG










悪事→(母)→怒られる ワロタ! 時間・苦しみ→(仕事)→お金 これはすごい!泣けた・・・。

小学生レベルでこんな感じでイメージできるのは、すごすぎる!


● 数学的ブラックボックス登場!

PB131112_R.JPG
出ました!
電動式ブラックボックス!
日本に数台しかありません。
45年前の特注品です。
右側面の隙間に数字を書いたカードを入れると、数が変身して出てきます!

「中、どうなってるの?」
「見せてよ!」

PB131107_R.JPG
PB131108_R.JPG
カードを入れると、ブ~!
すごい音!
1→2
2→4
3→6
「わかった!」
「入れた数が2倍になる!」



こんな感じで遊びました(^^♪

PB131111_R.JPG
最高級難度!
「これ、父さんと考えてきていい?」
授業後も盛り上がっていたね(^^♪


PB131106_R.JPG
マル秘情報・・・。
左の写真の左側、じ~っと、出てくるカードをのぞいていた小1あやちゃん、授業後、ぼくのところに来て・・・。

「あのね、あやちゃん、カードがキャタピラに乗って運ばれてくると思った」

!!!!!!! し~っ・・・(笑)。



● ジャパンフレネあれこれ

PB131076_R.JPG
PB131077_R.JPG

12月14日で第2期終業になるので、クリスマスアドベントカレンダーを早々と開けることにしました。
誕生日の差で、トップバッターは龍之助。ちいぼう、悔しそう・・・。





PB131079_R.JPG
PB131083_R.JPG
PB131084_R.JPG










午前中のルーティンワーク。
学び合い、教えあいは当たり前・・・。

PB131082_R.JPG
PB131081_R.JPG
PB131078_R.JPG










字のない絵本『アンジュール』の描写。
笑える人もいます(笑)。

● 1週間ぶりにユウヤが戻ってきた

窓から顔を出して、ヒロカズ、「ユウヤ、早く来ないかな?」
龍之助、階段からスペースに飛び込んできて、「ユウヤ、来た!」
ユウヤ、人気者(^^♪

1週間ぶりにユウヤがハワイから戻ってきました。

「ハワイ、どうだった?」
「英語、しゃべれるようになった」(爆笑)
「ほとんど観光だったかな」
「瞑想の旅だったんじゃないの?」
「まあ、それもあったけれど」
「ユウヤがいなかった時、大変だったんだよ」
いろんな話題を報告する子ども達・・・。

PB121061_R.JPG
お土産当てクイズ!

「それは、食べ物ですか?」「はい」
「それは、一番上にマがつきますか?」「いいえ」
「えっ!」
「私もそう思いました」と、京ちゃん。
二人ともマカダミアナッツと思っていました。

「それの一番上は、チがつきますか?」とヒロカズ。
「わかった!次はョがつきますか?」「はい」

PB121062_R.JPG
PB121063_R.JPG

「これに鼻スプレーをかけて・・・」
「木幡さん!だめだめ!」(爆笑)

激ウマチョコレートで、一人三個も食べた人多数。
後、三つしか残っていませんよ。



PB121059_R.JPG
夏太郎、1000円渡して10ドル札に替えてもらったんだって。
「それじゃ、安すぎるんじゃないの?」
「うん、だから今、500円あげた」
「今度は、損」
「えっ、そうなの?」(爆笑)

PB121064_R.JPG
「木幡さんには、これ」
「お~(^^♪」
スペシャル爪切り!
「いいなあ」
「ハワイに行く前に餞別渡さなきゃだめなんだよ」
「餞別って?」
だめだ、こりゃ・・・。



 松浦武四郎クイズ

「俺も旅行したんだよ」
「えっ!木幡さんもハワイに行ったの?」
「そんなことあるわけねえだろ」(大爆笑)

またまた、イエスノークイズで・・・。

「それは、東日本ですか?」 「いいえ」
「それは、北海道地方ですか?」「あのねえ・・・」(爆笑)

「ヒント!その県名には、数字がつきます」
「わかった」
「龍之助のお母さんの故郷だよね」「三重県!」

PB121074_R.JPG
三重県総合博物館で行われていた『松浦武四郎展』
「ぶしろうっていうの?」
「どういう人」
「蝦夷地を北海道って名づけた人。江戸幕府にも明治政府にも仕えて、北海道探検した人だよ。でも、途中で辞めちゃったんだ」

さて、どうして辞めちゃったんだろう?



これまた、イエスノークイズで考えましたが、子ども達、鋭い!

「悲しいことがあったの?」「はい」
「嫌なこと?」「そう、彼にとってはね・・・」
「もしかして、アイヌに関係していますか?」

そうなんです・・・。差別されるアイヌの問題を訴えたのですが、相手にされず、松前藩から恨まれたという記述がありました。1854年と1855年の事です。明治維新後、リタイヤ・・・。

PB121065_R.JPG
松浦武四郎ぬり絵(^^♪
プリントしてお土産に。

PB121071_R.JPG
PB121072_R.JPG










        博物館で売っていた観察ノートは、みんな、欲しがっていたので取り寄せます。

● ジャパンフレネあれこれ

PB121048_R.JPG
早く来た子の特権!
「伊勢丹のミカン、食べる人」
「は~い!」

「うまっ!」
「美味しい!」

PB121049_R.JPG


ミーティング前のラジコン遊び♪







PB121050_R.JPG
PB121056_R.JPG
PB121057_R.JPG










OBドラゴンにベーゴマを教わる

PB121055_R.JPG
PB121070_R.JPG
PB121073_R.JPG










京ちゃん、先日の六角形の発展編。模様完成!
スリッパをそろえて帰る気づかいが嬉しい・・・。

PB091027_R.JPG
PB091026_R.JPG
PB091032_R.JPG










お散歩の授業『切手とお札の博物館』(王子)
係の方の説明が秀逸!
1億円は、重かった・・・。


● 日本の砂、外国の砂

先々週の砂鉄に引き続き、今回の科学実験教室は、砂の観察(^^♪

「新聞紙を敷いた方がいいですかねえ?」と麻布科学実験教室室長阿部さんに訊き、広和と二人で、新聞敷き。
「いいよ~」と快く手伝ってくれました。

PB081005_R.JPG
PB081008_R.JPG
PB081007_R.JPG










準備万端、整いました。

PB081009_R.JPG
PB081010_R.JPG
PB081011_R.JPG










シンガポールやグァム、エジプトの砂まで!
今回は日本の砂を採取地の台紙に貼り付けてから、ルーペで観察。

PB081014_R.JPG
PB081013_R.JPG
PB081015_R.JPG










【手順】

台紙の採取地名の下の四角に両面テープを貼る→そこに砂をまく→上からセロテープを貼る

この手順を繰り返し、全国各地の砂の台紙を作成します。

PB081016_R.JPG
できました!

● 観察しよう!そうしよう!

PB081017_R.JPG
PB081018_R.JPG
PB081019_R.JPG










地域によって砂も違う!
沖縄の砂は、正確にはサンゴの死がい・・・。

PB081020_R.JPG
ルーペマン!

PB081021_R.JPG
ここで問題!
上記、石川県羽咋市の千里浜(ちりはま)は、日本で唯一、波打ち際を車が走行できる国道です。
何故、全長8キロにもわたって走行できるのでしょうか?
砂の粒をルーペで観察すると、よくわかります。

次回は、先日、木幡が行った『岩塩の授業』にリンクしていただけるそうです(^^♪
授業がどんどん、広がります!

 エイドリアンイングリッシュ

絶好調です!エイドリアンイングリッシュ(^^♪

PB081024_R.JPG
PB081022_R.JPG
PB081025_R.JPG










「今日のペンソータイムの問題は、全然、ディフィカルトじゃない!すぐできちゃった(^^♪」
夏太郎、絶好調のイングリッシュ!

激ウマ!フレネスペシャルカレー!

 毎週水曜日は、お料理の授業です

「おはよう!」
「何で、こんなに早いの?」
「へへへ~、家にいてもやることないから」

というわけで、広和は太一と一緒にお買い物に・・・。

PB070987_R.JPG
野菜やお肉を買いに行きました。

調理は人気があります。じゃんけんで決めました。
洗い物をしたくないという、不純な動機もあります(笑)

PB070983_R.JPG
PB070984_R.JPG










PB070986_R.JPG
小1あやちゃんも♪

PB070989_R.JPG
PB070990_R.JPG
PB070991_R.JPG










タマネギ&ニンニクを炒める   使ったものはちゃちゃっと洗う    アク取り少年

PB070992_R.JPG
PB070993_R.JPG
こちらは、オーガニックカレー!
お肉の代わりにツナ缶を♪

「騒いでる人は、公園で遊んでいいよ」
「わ~い♪」

しかし、じき、「腹へった・・・」

PB070995_R.JPG










PB070994_R.JPG
美味しいカレーができました!
味見した太一と弘和、「うま~!」

「どうして、こんなに美味しいのかな?」
「うるさい子が公園に遊びに行ったからじゃないの?」(爆笑)

PB070996_R.JPG
PB070999_R.JPG










                本当に美味しかった!お米6合10名で完食!

PB070997_R.JPG
PB070998_R.JPG
PB071000_R.JPG










美味しい顔ってこんな顔(^^♪
りんちゃん小鍋一杯のオーガニックを食べて、お腹がこんな感じ ↑

一足先に公園に行った子から伝令!伝令役は、ちいぼう(^^♪
「缶けりするから、来てね!人数多い方がいいから!」
雑司ヶ谷の陽だまり・・・。
● なんで、陸に塩があるの?―ゆで卵からの発展

ゆで卵を食べていた時、ふりかけた岩塩から、「なんで、陸に塩があるの?」という疑問。
みんなで一緒に考えました。

PB060954_R.JPG
「この下にあるものを使って授業するよ。何だろう?」
おなじみイエスノークイズで・・・。
「あ!昨日のことに関係ある?」
「はい」
「わかった!わかった!」
「木幡さん、明日授業するって言ってたやつでしょ!」

PB060981_R.JPG
中には、4種類の塩。
「この中に岩塩が2種類あるけれど、どれかわかる?」
沖縄のサンゴ塩、フランスのゲランド、アメリカのリアルソルト、そしてペルーのローズソルト。
後者二つが岩塩!

「色がピンクだね」
「成分が違うのかなあ?」

ペルーのアンデス山脈とヒマラヤ山脈の岩塩採集地の映像を見る。

「こんなに広いんだ!」
「どうして、こんなところに塩があるの?」
「塩水がしみこんだのかなあ?」


PB060926_R.JPG
「おれ、知ってる!」と、夏太郎。
しかし、「知っている人は黙ってて!」と、制される。

「じゃあ、ヒントを出そうか?」

PB060927_R.JPG
「これ、な~んだ?」
「三葉虫の化石!」
「三葉虫って?」
「大昔、海の底にいたの」
「どこで採れたか知ってる?」
???????
「ボリビアのアンデス山脈」
「何で、海にいたのに、山で?」


「プレートが動いたんだよ」なんて、身の丈じゃない知識で答える子もいるが・・・。
もう一つ、ヒント!

PB060928_R.JPG
「これ、な~んだ?」
「石?」
「石だけれど、燃えるよ」
「石炭かあ」
今の子、石炭を見たことは、ありません。

燃えるってことで、もともとは木。
それが何らかの理由で倒れ集積し、長年かかって、石化した。


PB060925_R.JPG
「じゃあ、塩水が固まったの?」
「山に塩水あるかよ」
「言いたい!言いたい!」
正解を言いたがっていた夏太郎、プレートテクトニクスなんかをしゃべるのかと思ったら・・・。
「岩塩が採れるのは、昔、そこが海だったからだよ」
「えっそうなの?」
広和、疑問を掘り下げる。
ちいぼう、「プレートが動いてぶつかったんだよ」なんて言っているけれど、説明できないんだなあ・・・。

PB060929_R.JPG
「こういうこと?」
広和がバットを指さしながら説明する。

もと海だったところが、何らかの理由で陸になり、海水が取り残され、水が蒸発し塩が残る。それが圧縮されて石炭みたいに岩になる。それが岩塩。

おおおおおおお~!



でも、どうして、海だったところが陸になったのだろうか?
「プレートが動くんだよ」
「大陸は、元は一つで別れて行ったんだよ」

知識としてはあるけれど、????って感じ。

「地図で調べて、ジグゾーパズルみたいに合わさるところを探してみれば?」
「そういうことをやったことある人がいるって、聞いたことことある」
「昔、国語の教科書に載っていたんだ。アルフレッド・ウェゲナー」
「もし、合わさったら、どうして元は同じ場所ってわかるの?」
「そこにいる動物や植物が似ているとか、化石とか調べればいいんじゃない」

とりあえず、世界地図でジグゾーになる場所があるかどうか、調べてみよう!

PB060930_R.JPG
PB060941_R.JPG
PB060942_R.JPG










世界地図を出して円筒形にしてみる。
地球は丸いから、極地方に面積のひずみができ実際より大きく見えることは説明。
くっつきそうな所を探してみる。

PB060943_R.JPG
PB060944_R.JPG
PB060946_R.JPG










「ここが一番くっつきそうだよ」
アフリカの西岸と南米の東岸!
はさみで地図をカットし、合わせてみると・・・。

PB060950_R.JPG
PB060952_R.JPGPB060951_R.JPG










ずん!ずん!ずん!
合体!
おおおおおお~!
本日は、ここまで(^^♪

● みんなで、マジック工作

PB060965_R.JPG
PB060966_R.JPG
ワンタッチで魚が骨だけに!
???????

「作りたい!」コール大、というわけでみんなで一緒に作ってみました。
※ 作り方は、書きません。左の映像がヒントです。




PB060961_R.JPG
PB060963_R.JPG
PB060962_R.JPG










お互い協力し合いながら、完成!

PB060975_R.JPG
PB060976_R.JPG
どうでえ!

PB060973_R.JPG
PB060974_R.JPG
バック、色変えバージョン!
でも、作品を忘れて帰っちゃった・・・。

PB060967_R.JPG
PB060968_R.JPG
ヒールが折れちゃった!

PB060969_R.JPG
PB060970_R.JPG
カタツムリ♪

PB060971_R.JPGPB060972_R.JPG
ヒロカズ→さる(笑)

PB060979_R.JPGPB060980_R.JPG
酒飲み木幡が若返る(笑)
明日までに彩色してくるそうです♪

PB060977_R.JPG
PB060978_R.JPG
おうちのネコにゃん♪

未完成の子は、お家で仕上げてね!

● あれこれ

この中に入っているもの、な~んだ?
「おっぱい?」(爆笑)

PB060921_R.JPG
PB060922_R.JPG
柿でした♪

「1個、500円だよ」
「ま~じ~!」
「でっけ~!」

そして、分けて食べました(^^♪

PB060956_R.JPG













おじいちゃんといっしょ(^^♪



 おじいちゃんといっしょ―フレネの風景あれこれ(^^♪

最近、あちこちの教研に行くと、「ほら、おじいちゃん、飲みすぎちゃだめでしょ(笑)」なんて言われるけれど、実際、孫が二人もいるんだから、本当におじいちゃんなんです♪

そして、フレネもまさに『おじいちゃんと孫的』な雰囲気が漂っていて、いい感じ。
パパやママの言うことは聞かなくても、おじいちゃんの言うことは、ちゃんと聞くからね♪

そんなジャパンフレネの風景は、こうなんです。

PB050885_R.JPG

「木幡さん、コンパス持ってきたよ。二つ!」
「えっ、二つも持ってきたの?」
「うん、どっちのコンパスかわからなかったから♪」

昨夜、ラインで連絡したんだけれど、算数で使うコンパスと方位磁石の両方持ってきたんだね。使うのは、算数の方だよ。



PB050888_R.JPG
お昼どき、ゆで卵を食べながら・・・。
「この塩、岩塩って言ってね、海じゃなく陸で取れる塩なんだよ」


PB050890_R.JPG「どうして、海じゃないところから塩が取れるの?」
ちいぼうの疑問に、広和、「それはね、海の水が蒸発してね、雲になって雨が降るからじゃない」
「じゃあ、東京中、塩だらけになるな」
「あ、そうか!」
何でも授業化できるんです!
これで授業!大陸移動説!



クリスマスまで、毎日一つずつ窓を開けていくアドベントカレンダーをいただきました。
高級そうなチョコレートもいただきました。

PB050892_R.JPG
PB050893_R.JPG
PB050894_R.JPG










「じゃんけんして、好きなのを取ろう。この中に一つだけ、梅干し入りがあるんだ」
「え~!」
「マジ!?」

PB050895_R.JPG
PB050896_R.JPG


「みんな食べたチョコに梅干しは言っていなかったね。俺のにも入っていなかった。一個残ったのが梅干し入りだね。俺が食べてあげるからね」
「え~!」
「あ~・・・。酸っぱい・・・」



PB050897_R.JPG
PB050898_R.JPG
「ほら、みてごらん」
ワンツースリーでカードの上をたたくと、魚が骨だけになっちゃった
??????????
「もう一回、やってみて!」
「いいよ」
ワンツースリー!
??????????
「作りたい?」
「うん!作りたい!」

フェイスブックでお友達が円から六角形を作る映像(1分30秒)をアップしていました。
そういえば、昔、こういうのをやったなあと思い、子ども達に見せたところ・・・。

PB050899_R.JPG
PB050901_R.JPG
PB050905_R.JPG










一回見た瞬間、
「あ、俺、わかった!作れるよ!」
広和、さっそくコンパスで円を描き・・・。
「私もできそう!」と、京ちゃん。

PB050903_R.JPG
PB050904_R.JPG
PB050906_R.JPG










小さい子には、折り方を教えてあげて、あっという間に完成!

「折り方が逆のところもあるけれどおんなじだね♪」

PB050907_R.JPG
できた正六角形で輪ゴムでっぽうの的を!

PB050908_R.JPG
カットの仕方を間違えたら、面白い形!
タコ形六角形♪

PB050914_R.JPG
いろいろできたよ!
正六角形や正八角形も!

PB050911_R.JPG
PB050912_R.JPG
PB050913_R.JPG










「こういうのも作りました」
京ちゃんの作品を見て、「すげえなあ」表情の広和。
こうして、学んでいくんだね(^^♪

PB050909_R.JPG
PB050910_R.JPG
1枚の折り紙をカットしないで正三角形!
お見事です♪

おじいちゃんといっしょのジャパンフレネ。
毎日がこんな感じ♪
遊びながら、食べながら学んでいます(^^♪
学んでいるという意識が無いから、いいんだな♪

● 週末のあれこれ

週末は、ムンク展、主宰する研究会、伝説のシンガーのライブ!連日、大忙し・・・。
久し振りに四軒もはしごして、へろへろ・・・。

PB020878_R.JPG
PB020879_R.JPG
ムンク展は、撮影禁止なので、写真は、これしかありません。

開館20分前に到着!予想より自、はるかに少ない行列。じっくり観ることができました♪

列をはみ出す少年。
「ずる込みするなよ」と女の子が言っています(笑)


土曜日は、主宰する教育考古学会の例会。
『ゆとり教育がどうして道徳教育にシフトしたのか?』
元文部官僚の寺脇研さんを囲んで、じっくりダイアローグ。
ちいぼうパパ小塩篤史さん(事業構想大学院大学教授)がゲスト。

PB030880_R.JPG
PB030881_R.JPG
PB030883_R.JPG










とてもいいスペースでした。
一方的に話を聴くのではなく、
ダイアローグし、指針をしっかり定めるのが目的です。
ネタやコツは論外・・・。

● ミーティング・・・

朝と帰り、そして臨機応変にミーティング。

「何か、面白いことあった?」
「前にね、カッコつけて頭をびしっとキメていた若い人が自転車に乗っていたんだよ」
「それで?」
「その人の頭にカラスが乗っかって、セットしていた頭をぐちゃぐちゃにして飛び去った」(大爆笑)

PB010815_R.JPG
PB010813_R.JPG
PB010812_R.JPG










シビアな話も・・・。

「テーブル拭いてくれって言ったら、『何で俺が拭かなきゃいけないの?』。これ、どう思う?」
「りんちゃんも同じテーブルでご飯を食べたのに何で俺が?」
「それは、たまたま君がその時そこに座っていたからだよ。りんたろうがそこに座っていたら、りんたろうに同じことを言っていたよ」
「それで、君が拭いてくれないから『ぼくが拭く』って、ちいぼうが拭いてくれたんだよね」

「マンガ読んでばっかりいて、仕事やらない。マンガ、禁止だよ」
「マンガ読むと他の事が目に入らなくなるんだよ」
「だったら、読むなよ」
「読む前に、片づけとかやるべきことをやればいいだけじゃないの」

子ども達は、シビアです。暫定的に1週間のマンガ禁止が決定されました。
ルールやマナーよりはるかな重みがあるフレネ憲法(Law)です。


● ムンク展のために―ワークショップ(1)

明日金曜日のお散歩の授業は、東京都博物館で開催されている『ムンク展-共鳴する魂の叫び』を観に行きます。
そのために美術関係の簡単なワークショップを・・・。

PB010817_R.JPGPB010818_R.JPGPB010819_R.JPG









裏返した30枚の世界の名画カードを引き、その絵を引いた人が絵の表現を。こんな感じかな?

PB010821_R.JPGPB010823_R.JPGPB010824_R.JPG









ポイントは、あれこれ考えず、直感的に表現すること。
中にムンクの『叫び』がありますが、それを引き当てた人には、すてきな商品が出ます。

PB010825_R.JPGPB010830_R.JPGPB010828_R.JPG









みんな、いい表現!

PB010831_R.JPG
私、ムンク引きましたわ♪

PB010832_R.JPG
PB010835_R.JPGPB010841_R.JPG









 抽象画は、表現が難しい      シェー!      クリムトの『The kiss』を引き、悩む

PB010838_R.JPG
みんなで一つの絵を表現!

● ムンク展のために―ワークショップ(2)

今度は、絵のカードを表に並べる。ヒントを一つずつ出していく。それを聴いて、早く取ったものの勝ち。取った枚数を競う。

・ 色関係(暖色系、寒色系、濃淡・・・)
・ 形関係(とんがっている、柔らかなど)
・ その他の情報(人数、男・女、どこにある、印象派など何でも・・・)

PB010861_R.JPG
PB010864_R.JPG
みんな真剣!

「女の人」
女の人が描かれている絵はたくさんあるぞ・・・。
「微笑み」
「これだ!」
ダヴィンチのモナ・リザでした。




PB010868_R.JPGPB010848_R.JPGPB010845_R.JPG










いろんな絵画にいろんな表現(^^♪
明日のムンク展が楽しみです。
激混み、必至!

HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ