授業の連関 岩塩→かまぼこ(蒲鉾)→ジャガイモは水に浮くか?

● 素朴な疑問をつなげていこう!

先週の科学実験教室、阿部さんがボトルに入った塩水の上にそっと色水を注いだら・・・。
「あれ~!」
色水が混ざらないで塩水の上に乗っかっている!
「水の上に油が浮くのとおんなじ?」
「色水も油も塩水より軽いんだ・・・」

「来週、これに関連させて、数学の授業をやろうか?」
「実験?」
「やろ!やろ!」

というわけで・・・。

● その前に、先週の『かまぼこができるまで』の続き

魚肉をこねて!こねて!またこねて!
「この魚肉をかまぼこの板にくっつけるのは、機械がやるんだろうか?人間?」←疑問
「大量生産してるんだから、機械だよ」
「いや、人間じゃなきゃうまくつかないよ」
「安い高いの値段によって決まるんじゃね」
「安いのは、機械?」

PB271408_R.JPG
PB271409_R.JPG


「ほら!やっぱ、人間だよ!」
「すげえなあ!」

1回、板にくっつけた後、何回も重ねていく・・・。

このあと、どうすればかまぼこになるのだろう?←疑問


「煮るんじゃない?」
夏太郎、「それじゃ、ダシが出ちゃうじゃない」(笑)
「焼くのかな?」
「焼き跡は?」
「また重ねるんだから・・・」
「でも、切った時、焼け焦げはわかるよ」
「あ、そうか」

いろんな意見が出てきて面白い!

「乾かす!」
広和の意見に大爆笑!
「腐っちゃうだろ!」

「料理の方法に、煮る・焼くの他にどんなのがあるの?」
「蒸す?」
「シュウマイみたいに」
お赤飯も蒸すことを教えてあげる。

 仮説と実証

PB271410_R.JPG
その前に、閑話休題・・・。
これ、何してるんだ?

「チクワだ!」
竹輪=竹の輪
「焼けば、チクワになるのか!」




さて、ここで質問!
「かまぼことちくわ、歴史的に見てどっちが先かな?」

「調べてきたから知ってるよ」と言うりんちゃんに対し、
ユウヤ、「ちょっと待て待て!」

【ユウヤ説】太一フォロー

竹の方が手に入りやすいし、加工しやすい。
板にくっつけるより、竹に巻き付けて焼く方が簡単。
焼き魚みたいな考え。
だから、かまぼこよりちくわの方が古い!

PB271350_R.JPG
PB271347_R.JPG
PB271353_R.JPG










鉾(ほこ)=矛=やり
この先に魚肉を付けた様子が蒲(ガマ)に似ている→蒲鉾(かまぼこ)
因幡の白うさぎの話が有効だったね!
矛盾の意味も考えました♪

PB271352_R.JPG

自分の発想で仮説を立てる+歴史的事実を調べる=本物の知識♪

こういうことが自然にできるようになってきた。
その身体性→そしてそこから学ぶ小さい子
異年齢異質な集団の良さ!




「きりたんぽと同じだ!」
「五平餅も」
魚肉とお米の違いはあれ、作る発想は同じです。

PB271412_R.JPG
PB271413_R.JPG
PB271414_R.JPG










「周りが黄色いのは、卵の黄身ってわかったけれど、赤いのは何だろう?」←疑問
「何で氷水につけるんだろう?」←疑問
「うどんやそばと同じだよ」
「何で、しまるの?」←疑問
「何でかまぼこの板の方が上になって浮くの?」←疑問
「はんぺんって、なんでふわふわしているの?空気入れているの?」
「重曹じゃない?」

疑問は、果てしなく出てきて、次の授業へとつながっていく・・・。

 ジャガイモは水に浮くか?

さて、レベル小5から中2くらいの授業を岩塩とかまぼこに関連付けて・・・。

PB271358_R.JPG
PB271360_R.JPG
PB271357_R.JPG










鉛筆・ボールペン・プラ定規・ハサミ・一円玉・十円玉・五十円玉・ジャガイモ・・・。
これらをどんどん水槽にぶち込みます。
どれが浮くか?浮くものには〇、沈むものには✕をつけます。

「木幡さん、入れ方はどうするの?」
「そっと置くの?」
「ゲストとしてアメリカのお金も入れて!」
「はさみは広げて入れるのと、閉じて入れるのでは違うと思う」

いろんなことを言っているけれど、いざ!

PB271361_R.JPG
PB271362_R.JPG
PB271363_R.JPG










「ロケット!発射!」(笑)
「鉛筆は浮くよね」
「じゃあ、ボールペンは?」

PB271365_R.JPG
PB271367_R.JPG
PB271377_R.JPG
PB271370_R.JPG










佳境に入ってきました!
鉛筆とボールペン以外、全部沈む・・・。

PB271380_R.JPG
1円玉、浮くこともあるけれど、ちょっと押すと沈む。
「船の沈没と同じだ!」

PB271383_R.JPG
PB271384_R.JPG
いざ!ジャガイモ!

「沈んだ!」
何かこういう時は、大爆笑!

小さく切っても沈んじゃう・・・。
真剣な眼、眼・・・。



「何で沈むの?」
「重いから」
「何が何より重いの?」
「ジャガイモが水より重いから」

まだ、概念形成には至らないが、それはそれでいい。
小1から中2一緒に12名だからね。

「じゃあ、ジャガイモや沈んだものを浮かせられない?」

PB271385_R.JPG
こういう発想が出てきます♪

「お船にして」と、あやちゃん。

PB271387_R.JPG
PB271386_R.JPG










              浮いた!
              今度は、「逆さまにして、浮かせて!」
              鋼鉄船が浮いたり、沈没した時反転したまま浮いていたり・・・。

PB271388_R.JPG
「塩を入れれば浮くよ!」
「どうして?」
「塩の成分で浮くの」
「塩を入れると、その分だけ水が重くなるの」

PB271390_R.JPG
何となくわかっているみたい・・・。

「塩じゃなきゃいけないの?」
「砂糖は?」
「溶けるものだったらなんでもいいと思うよ」
「入れた分だけ重くなるから」

何となくわかっているみたい。


「一般的に、こういう実験、塩を使うんだけれど、なぜかわかる?」
「???」
「塩の方が断然安いから」(爆笑)

PB271392_R.JPG
PB271394_R.JPG
PB271395_R.JPG










「あ!浮いてきた!」
「もう、塩でも砂糖でも何でも入れてよ!」(大爆笑)

PB271398_R.JPG
PB271399_R.JPG
「やった~!」
「浮いた~!」

PB271400_R.JPG
「なめさせて!」
「いいよ~」

● とどめです!

PB271401_R.JPG
PB271406_R.JPG
PB271405_R.JPG










お米の上に鉄球を乗せる。
お米の中にピンポン玉を2個埋める。
「お米を水って考えているんですね!」
では、揺すってみよう!
さて、どうなる?
「鉄球は沈むよ」
「ピンポン玉1個だけ浮いてきたりして」(笑)

PB271403_R.JPG
PB271404_R.JPG
PB271407_R.JPG










真剣な表情!
「あ!やっぱり!」
「鉄球は沈んだ!」
「あれ?ピンポン玉、本当に1個しか浮いてこない!」(大爆笑)
「何か、仕掛けがあるんでしょ!」

これにて、一件、落着!→余韻が残り、名残惜しい授業♪

● ジャパンフレネあれこれ

PB261329_R.JPG
月曜日、スペース整理していたら終了せず。
みんなに手伝ってもらう。

出てきたあやとりの本で、一時的にあやとりが流行りました♪

PB261340_R.JPG
PB261330_R.JPG










PB261333_R.JPG
PB261331_R.JPG
大きな正方形の中に正方形が幾つあるか、色塗りして調べてみました!

PB261334_R.JPG










PB261335_R.JPG
PB261336_R.JPG
PB261337_R.JPG










PB261338_R.JPGPB261339_R.JPG



こんなふうに(^^♪






PB261342_R.JPG
PB261343_R.JPG
PB271344_R.JPG










整理箱の整理、ありがとう!   アラビア人もありがとう!   本日のアドベントカレンダー!

PB271354_R.JPG
PB271355_R.JPG

昼休み、ウルサ人は全員、公園に遊びに行きました。

静寂の中、読書・・・。







PB271356_R.JPG
今日は、マックス13名!
疲れました・・・。
でも、楽しかった(^^♪






HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ