長谷川集平さんに会って、訊こう!―読み聞かせ第3弾(^^♪

 『むねがちくちく』の表紙を読む

長谷川集平の絵本読み聞かせ第3弾は、『むねがちくちく』♪

P1211975_R.JPG
まず、このタイトルと絵から、どんなストーリーかを想像してみる。

「お洋服の中に何か入っていて、それでちくちくするのかなあ?」
小1あやちゃんの発言に、中2ユウヤ、「いや、それはないだろう」

こんな風に小さい子も大きい子も一緒に授業に参加する。
いいねえ♪



「自分が傷ついているのかなあ?」
「何か、罪悪感があるんじゃないですか?」

「実は、裏表紙はこうなっているんだよ」

P1211974_R.JPG

「あ!男の子?」
「この子との関係でちくちくしてるんだ」
「この子が男の子で、この子のことを好きだったら・・・」
「そうだとすると、ちくちくじゃなくてどきどきだよね」

読み聞かせは、表紙も裏表紙も読まなきゃいけません。



● いよいよ本文!

文章は、ストレートに読みません。
絵とタイアップさせ、これから始まる物語の伏線をたどり、展開を予想していきます。
例えば・・・、文章の後半を隠して読まない。

P1211957_R.JPG
この絵には、

きんようのかえり、
「じゃ、にちようにね」と、リリちゃんがいいました。

次の文章は、読みません。
「日曜にどうするの?」
「何か約束しているんだよ」「どっかに行くのかなあ?」
金曜日なので、そういう予想がつき、物語がどうなっていくのかわくわくしてくるじゃないですか!この子は、女の子だね♪

「うん、おもいっきり、あそぼうね」
わたしはこたえました。

ね!

● そして、急転・・

P1211958_R.JPG
「おべんとうを二つ作って来るって・・・。そうか!お弁当を作れない事情があるのかなあ」

次も字は伏せて、読みません。

P1211959_R.JPG
「友だち、来ないんだ!」
「どうして?」
「だって、時計を気にしているもん」

こないなあ。






互いに行き違いがあり、この子は動物園に・・・。
リリちゃんは、水族館に・・・。

P1211961_R.JPG
P1211962_R.JPG

ウミウシを見に行くと言ったりりちゃん・・・。しかし、ウシというから動物園だと思っていた私・・・。

そして、激怒され電話も切られてしまう・・・。






P1211963_R.JPG
涙が止まらない。
一人で泣きながらお弁当を食べる切なさよ・・・。

 ポップなおじさん

お父さん、お母さん、たかおじさんが帰ってきた。

P1211964_R.JPG
「わ~!すごくポップなおじさんだ!」

P1211965_R.JPG
ますます、ポップ!
「たかおじさん、何て言ったのかなあ?」
「謝りなって言ったと思う」
「眼が優しいもの・・・」
「それはしっぱいだったね。
あした、そのこにあやまればいいよ。
でんわやめーるじゃなくて、あって、めをみて、
はなすべきだね」と、おじさんはいいました。

「言葉足らずでも、直接会った方がいいと思う」
眼を見て話すことの意味も考えました。教訓的になっては、いけません。

● ここが泣ける

晩御飯の後、みんなで駅までたかおじさんを送っていく。
動物園の前を通ると、「モーウ」という声が聞こえる・・・。

P1211967_R.JPG
P1211968_R.JPG
たかおじさん、おとうさん、そしておかあさんの言葉が何気に体言止め・・・。さりげなく、それぞれの優しさ・・・。

「ほら、つきがきれいよ」
余韻が残るなあ・・・。






「それぞれの立場で、この子を力づけているね」
ウシがいたという事実・・・。
しっかり確認することを直言・・・。
もう過去は忘れて気持ちを切り替えよう・・・。

● そして・・・

P1211969_R.JPGP1211970_R.JPG
「決着、つけたんだ!」
「決着じゃないだろ」(笑)
「じゃあ、何て言うの?」
「折り合いかな?」
「折り合いつけて、仲直りだね」
「やっぱり、リリちゃんのお母さん、何か事情があってお弁当を作れないんだ」
「働いているのかなあ」




P1211973_R.JPG
これが最後の場面です。
文章はありません。
なくてもわかります。
子ども達は、感じ取りました。
「この絵本のテーマは何だろうね?」
それは、この絵本のタイトルを読めば、
わかります・・・。

【広和の感想】

『はせがわくんきらいや』は、本当の話なんでしょう?
ねえ、この絵本、長谷川さんの実際の体験なのかなあ?
昔あったことを女の子に置き換えて書いたのかなあ?
それとも、想像の世界なのかなあ?

それを長谷川さんに訊きたいなあ・・・。
あと、絵を描く場所・・・、アトリエって言うの?
そこもみてみたいなあ・・・。

広和の言葉を聞いて、感じたこと・・・。
読み聞かせは、ただ読むだけじゃダメってこと・・・。
いっしょに考え、子どもを信じるってこと・・・。

こんなに集中するとは、まさかの展開でした。
長谷川さんに感謝!

P1211932_R.JPG
2月21日から3泊3日で長崎プロジェクト(^^♪
長谷川さんにもお会いします。
長谷川さんに訊きたいことをどんどん見つけようね!



HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ