親子丼・衣笠丼・カツ丼―お料理の授業です!

 丼物!簡単!早い!美味しい!

毎週水曜日は、お料理の授業です。
数年前の記事を見てみると、大体同じ時期に同じ料理。
2年前の今日も、親子丼を作っていました。

P10100p04_R.JPG
P101p0003_R.JPG
P101000p2_R.JPG


親子丼とカツ丼は、わかるけれど、衣笠丼とは?

衣笠丼は、京都あたりの大衆食堂でお目にかかることができます。
細かく刻んだ油揚げに長ネギを加えダシ醤油で煮てから、卵とじ。
オーガニックのりんちゃんと、大幅遅刻で食材の鶏肉とカツが間に合わなかったちいぼうが、チャレンジ!

タマネギやお味噌汁の具のナスや油揚げを刻むだけ!

P1p010006_R.JPG
P10p10010_R.JPG
P10p10007_R.JPG


カツ丼が一番人気!6名!
親子丼4名
衣笠丼2名
納豆玉子かけご飯1名(笑)

激ウマ!

P10100p09_R.JPG
P1010p008_R.JPG



炊飯器2台使っているけれど、誰かがコードを抜いちゃって、1台のご飯が固い・・・。





196p111_R.JPG
デザート♪

P101p0013_R.JPG
本ジャパ(本日のジャパンフレネ)を書く少女たち(^^♪

 子どもが集まる所にはトラブルがつきもの・・・

【昨日の事件】

公園で石投げをしていてちいぼうの唇に当たった!

誰かが「石投げをしよう!」と言って、石集めする子と投げる子・・・。
当てるつもりはなかったが、たまたま当たっちゃった!

「俺は3発しか投げなかった」
「俺は石を集めただけ」
「当てなけりゃ、石投げしてもいい」

こういう理屈は通りません。

木幡の例を三つ出して考えました

① 小学校の時、「や~い!ひろし、石ぶつけてみれ!」
石投げたら、本当に頭に当たって血がでた→のちにそこが三日月ハゲになっちゃった(爆笑)

② フレネで石垣港に行った時、海に向かって石を投げ、釣り人に注意された。
海に投げなけりゃいいだろうと、Rが反対側に投げた石、木幡の娘の頭に当たって救急病院へ。

③ 教え子と長瀞に行った木幡。教え子と石の投げ合い。土手の近くにいた教え子に当たらぬよう、土手の上に投げた石が釣り人に当たり・・・。
「どうしたの?」
「逃げた」(爆笑)

当たらないように投げても、石投げはだめ!
子ども達、妙に納得。

P1010p011_R.JPG
OB亮輔が作ったシンコハタとユウヤが作ったコハタマンフレーム!

【今日の事件】

登室時、メガネを拾った4人組。
ガシガシッとレンズを外し、フレームも捨てた。
お料理のお買い物時にフレームだけ拾い、フレームをかけて戻ってきた。

「かっこいいじゃん!」
「それどうしたの?」

それで事件発覚・・・。

1個だけ持ってきたレンズを見ると、それは老眼鏡。

「じいさん、探しているぞ。普通だったら、どうするよ?」
もう、わかりましたね。

4人組、わかったようです。

P1p010012_R.JPG
いろいろお料理のお手伝いをしてくれたけれど、
どんぶり物が嫌いなヒロカズ、
「腹減った~」

納豆玉子かけご飯を食しました。




HOMEへ戻る 2007年以前「おーい仲間たち」 メールアドレス

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ